カテゴリー「新型肺炎感染拡大」の72件の記事

2020年7月 3日 (金)

選挙ファースト自粛全面解除が感染急増元凶

6月15日付メルマガ第2657号記事
「小池ファースト都政に東京アラート」
https://foomii.com/00050

に以下のように記述した。

「「東京アラート」が6月11日で解除され、6月19日からは営業自粛要請もほぼ解除される。

緊急事態宣言の解除に伴い、人々の行動抑制が緩和されている。

最近になって観測されている新規感染者数の増加は、その結果であると考えられる。

それにもかかわらず、東京都は「東京アラート」解除、営業自粛要請解除を推進している。

小池百合子氏のパフォーマンスに市民が振り回されている。

感染は人と人との接触によって生じる。

接触を削減すれば感染も減少することが想定される。

ゴールデンウイークにかけて人々の行動抑制が一気に強化された。

その結果として新規感染者数が大幅に減少したと考えられる。

しかし、ゴールデンウイークが明けると、人々の通勤も復活した。

このタイミングで段階的に緊急事態宣言が解除されていった。

当然のことながら、感染が再拡大するリスクが上昇する。

そしていま、新規感染者数の増加傾向がはっきりと表れ始めている。

このなかで「東京アラーム」を解除して営業自粛要請を全面的に解除するというのは支離滅裂だ。」

人気ブログランキングへ

7月3日の東京都の感染者数が124人になった。

2日連続での100人超えた。

小池都知事は「夜の街」、「夜の街」と連呼するが、ウイルスは「夜の街」にだけ生息しているのではない。

街は夜になれば夜の街になり、昼になれば昼の街になる。

特定の業種だけが諸悪の根源であるとする表現は明らかな「差別」だ。

飛沫感染を警戒しなければならないなら、居酒屋もカラオケも要警戒になる。

「接客を伴う飲食業」だけを「夜の街」と称して、これが諸悪の根源だと決めつける姿勢は、単なる自分の責任回避のためだけのもの。

本ブログで何度も掲載しているが、アップル社が公表している「ヒトの移動指数」と確認感染者数との間には強い連動関係が観察される。

070320
人の移動指数を3週間ずらすと新規感染者数のグラフ推移と重なる。

安倍内閣は3月20日に向けて誤ったメッセージを発した。

「瀬戸際の2週間」から事態が改善に向かっているとの間違ったメッセージを発した。

学校再開も宣言した。

その結果、3月20日の3連休に人出が急増した。

これが4月の感染者数急増をもたらした。

しかし、安倍首相と小池都知事の思惑は外れ、3月24日に東京五輪延期が正式決定された。

人気ブログランキングへ

これと同時に国民の行動抑制が始動した。

ゴールデンウイークが終わるまで、徹底した行動抑制が取られた。

この結果、新規感染者数が減少した。

アップル社データで移動指数が最低値を記録したのが5月5日。

しかし、ここから、安倍内閣は行動抑制緩和に急激にシフトした。

5月14日から25日にかけて緊急事態宣言を順次解除した。

東京都の小池都知事は緊急事態宣言が解除された5月25日以降、安倍内閣の方針に異を唱えて6月2日には「東京アラート」を発したが、6月11日に廃棄した。

制度そのものを廃棄した。

6月19日にはすべての営業自粛要請を解除した。

行動抑制が新規感染者数減少をもたらした。

行動抑制を全面的に解除することを奨励するなら感染者数は再増加に転じる。

当たり前のことだ。

行動抑制緩和について慎重に対処するべきことを、広く市民にアピールするべきだったことは言うまでもない。

ただひたすら、自分の選挙に得か損か。

小池都知事も安倍首相も、これだけを基準に行動している。

東京都の感染再拡大の責任は小池都知事と安倍首相にある。

都民の命と健康をまるで考えず、ひたすら自分の利益だけを追求する者は都知事にふさわしくない。

東京都の主権者は小池百合子氏に投票するべきでない。

東京都の主権者の見識が問われている。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2672号「いまだけ安倍だけ小池だけの自己中政治」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月29日 (月)

東京アラート廃棄直後に感染者数急増大失態

東京都知事選で連合東京が小池百合子氏を支援していることの意味をじっくり考える必要がある。

国民民主党は宇都宮健児氏を支援していない。

小池百合子氏の支持母体は自公である。

小池氏は自民党の二階俊博幹事長詣でを欠かさず、自民党の実質支援を獲得した。

小池氏は安倍自公政治の候補者なのだ。

コロナ問題で日本は失策を続けた。

日本の人口当たりコロナ死者数は欧米と比較して少ないが、これは日本の対応が優れていたからではない。

人口当たり死者数が少ないのは東アジアの特性である。

その東アジアで日本はワースト3の位置を占める。

東アジアで最悪の結果を上げているのが日本なのだ。

小池百合子都知事は3月1日の東京マラソンを強行した。

小池氏が決断すれば東京マラソを中止できた。

安倍内閣のコロナ対応が決定的に遅れたことが日本の最悪パフォーマンスを生む原因になったが、それでも安倍内閣は2月24日に

「瀬戸際の2週間」

だとした。

小池氏は「瀬戸際の2週間」のど真ん中で東京マラソンを実施した。

東京マラソンは7万人の濃厚接触者を生み出した。

人気ブログランキングへ

安倍内閣は2月27日に全国小中高の一斉休校を唐突に要請したが、3月20日には全国小中高の学校再開を宣言した。

行動抑制要請が緩和した。

これを背景に3月20~22日にかけて各地の人出が急増した。

この外出拡大が3週間を経て4月10日前後の感染者数急増を生み出した。

小池都知事も安倍首相も東京五輪の7月開催に向けて突き進んでいた。

日本でコロナウイルス感染者が初めて確認されたのは1月15日のことだ。

1月下旬、中国の武漢市では非常事態が広がっていた。

台湾政府関係者が武漢市での異変を察知したのは昨年の12月31日だった。

直ちに事実を確認してWHOに警告のメッセージを送っている。

1月4日には、12月31日以降の武漢からの直行便乗員乗客全員に検疫を行うことを決めている。

1月15日には新型コロナウイルスを法定感染症「カテゴリー5」に指定。

1月20日には台湾CDC(疾病予防管理センター)が中央感染症指揮センター対策本部を設置。

1月23日には中国・武漢からの直行便停止 武漢からの旅行者の入境禁止を決めた。

人気ブログランキングへ

コロナ対策でマスクが重要であることを即時に判断し、1月24日に医療用マスクの輸出を禁止した。

1月31日にはすべての医療用マスクを指揮センターが買い上げ、中央感染症指揮センターがマスクを管理下に置いた。

2月3日には、2月6日からすべての国民が健康保険カードでマスクを1人週2枚購入できる権利を付与した。

2月6日には中国人の入国を禁止し 香港・中国・マカオ滞在者に対して14日間の隔離を義務付けた。

中国武漢市にもっとも近接する位置に立地しながら、台湾のコロナ死者数は人口100万人当たり0.3人に抑制されている。

日本の人口100万人当たりコロナ死者数は7.7人。

台湾の20倍を超えている。

中国政府が武漢市を封鎖したのは1月23日。

安倍首相はこの翌日に当たる1月24日に在中国日本大使館公式HPの「安倍晋三内閣総理大臣春節(旧正月)祝辞」に動画出演し、

「春節に際して、そしてまた、オリンピック・パラリンピック等の機会を通じて、更に多くの中国の皆様が訪日されることを楽しみにしています」

と述べた。

中国人の訪日を強く要請したのだ。

台湾政府と日本政府の落差は無限大だ。

安倍首相と小池都知事の行動が急変したのは3月24日に東京五輪の延期が正式決定されてから。

小池都知事は突然「感染爆発 重大局面」を言い始めた。

その小池都知事が6月11日に「東京アラート」を廃棄した。

6月19日には営業自粛要請全面解除に突き進んだが、その足元で新規感染者数が急増し始めている。

このような人物に都政を委ねることは東京都民にとっての自死行為だ。

都知事選に関する情報操作に騙されてはならない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2669号「小池百合子氏選出は東京都民の自死行為」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月27日 (土)

日本のコロナ対応はなぜ失敗したのか

安倍内閣のコロナ対策が迷走を続けている。

コロナ被害の大きさを人口当たりの死者数で捉えると、日本の人口当たり死者数は欧米と比較すると格段に低い。

日本の人口100万人当たりの死者は7.6人。

ベルギー840人、英国640人、仏456人、米国386人と比較すると100分の1から50分の1の水準だ。

このことから、安倍首相は5月25日の会見で

「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ収束させることができました。

正に、日本モデルの力を示したと思います。」

と述べた。

おへそでお茶が沸いてしまう。

人口当たり死者数が少ないのは東アジア共通の現象であるが、その東アジアのなかで日本は最悪グループに属している。

東アジア各国・地域の新型コロナウイルス感染症による人口100万人当たり死者数は以下の通り。
(データ出所はhttps://bit.ly/3cynEwY

1.フィリピン   11
2.インドネシア  10
3.日本       8
4.韓国       6
5.シンガポール   4
6.マレーシア    4
7.中国       3
8.香港       0.9
9.タイ       0.8
10.台湾       0.3
  ベトナム     0
  モンゴル     0
  カンボジア    0

人気ブログランキングへ

日本のコロナ被害は東アジアでワースト3である。

東アジアと欧米ではコロナ被害に格段の格差がある。

人口当たり死者数で100倍の開きがある。

何らかの原因があると考えられる。

ひとつの仮説は、東アジアで流行したコロナウイルスが弱毒性であったのに対し、欧米で流行したウイルスが強毒性であるとするもの。

この仮説が正しければ、東アジアも安心していられない。

強毒性のウイルスの感染拡大が東アジアで発生すれば欧米と同等の被害が広がることになる。

もうひとつの仮説は、東アジアの人々が何らかの免疫機能を有しているというもの。

インフルエンザ等の感染が例年発生するこの地域の人々が何らかの免疫機能を有し、そのために重篤化が抑止されている。

この仮説が正しければ、東アジアでの被害拡大のリスクは限定されることになる。

現時点では後者の仮説が正しいという確証がなく、引き続き警戒を緩めるわけにはいかない。

日本は東アジアのなかで最悪のパフォーマンスを示すグループに属している。

最良のパフォーマンスを示しているのが台湾である。

人気ブログランキングへ

台湾政府の対応を見ると、日本政府の対応の誤りが鮮明に浮かび上がる。

台湾政府が武漢の異変を確認したのは昨年の12月31日。

この時点でWHOに警告のメッセージを送っている。

1月5日には専門家諮問会議を招集。

1月8日には中国の武漢を対象に水際対策を開始した。

1月20日には感染対策指揮センターを立ち上げた。

中国政府が武漢市を封鎖したのが1月23日だった。

日本の安倍首相は武漢封鎖翌日の1月24日に在中国日本大使館公式HPで「安倍晋三内閣総理大臣春節(旧正月)祝辞」と題するビデオメッセージを公表した。

Photo_20200627165601
安倍首相は

「春節に際して、そしてまた、オリンピック・パラリンピック等の機会を通じて更に多くの中国の皆様が訪日されることを楽しみにしています」

とビデオメッセージで述べた。

外務省がコロナ問題拡大を受けてこの動画をネット上から削除、隠蔽したため、現時点では閲覧不能になっている。

台湾が水際対策で武漢からの人の移動を遮断したのに対し、安倍内閣は中国人の訪日を要請した。

そして、日本政府はPCR検査を徹底的に抑制した。

五輪開催に向けてコロナ感染者数を少なく見せることが最優先されたのだと推察される。

3月20日には五輪聖火到着式まで挙行された。

コロナ対応が2ヵ月半も遅れた。

これが日本での被害が拡大した理由である。

不幸中の幸いで、東アジアの被害が軽微に抑制されたことで安倍内閣の失敗が陰に隠れただけだ。

小池都知事は「東京アラート」を廃止したが、制度が残されていれば、アラートが鳴り響く状況にある。

こんな政府、都政では国民、都民の命と健康は守られない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2667号「コロナ対応失敗安倍内閣の迷走続く」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月24日 (水)

小池東京経済活動全面再開が破綻する日

東京で新たに55人のコロナウイルス感染者が確認された。

小池百合子東京都知事は「東京アラート」だけでなく、営業自粛要請も全面的に解除した。

都知事選に合わせて経済活動全開の体制を整えたということだろうが、世の中は小池氏を中心に回っているわけではない。

この点を勘違いしていると大きなしっぺ返しに遭遇するだろう。

小池氏の行動においては、すべてに「自分の都合」が優先されているように見える。

『女帝 小池百合子』(文藝春秋)

https://amzn.to/3dkd25d

を読むと、エジプトに留学して女性と同居して以来、この行動様式は現在まで一貫しているように見える。

小池氏が所属した政党も目まぐるしく変化してきた。

日本新党-新進党-自由党-保守党-保守クラブー自由民主党-都民ファーストの会-希望の党を渡り歩いてきた。

政治における確固たる信念、思想を感じられない。

おそらく、そのようなものは存在しないのだろう。

ただひたすら、より高い地位に上り詰めることだけが追求されてきたのだと思われる。

4年前の都知事選で小池氏は

「築地は守る、豊洲は生かす」

と唱えた。

しかし、築地を守りはしなかった。

人気ブログランキングへ

「食のテーマパーク」はどこに消えてしまったのか。

都知事になるための、その場限りの票を得ることができれば、それでよいという考えなのだろう。

しかし、小池氏の言葉を信用した市民は浮かばれない。

いくつもの大きな風呂敷を広げたが、何も実現できていない。

2020年の最大の懸案はコロナである。

コロナが脅威として認識されたのは1月下旬。

コロナの被害を軽微に抑制した台湾は1月からコロナ対策を本格化させた。

水際対策を徹底した。

マスクの確保についても政府がシステマティックに対応した。

武漢で本格化したコロナウイルス感染拡大の影響をもっとも強く受ける可能性が高かったのが台湾だ。

その台湾がコロナを見事に封じ込めた。

台湾は東アジアの優等生である。

小池百合子都知事は3月1日の東京マラソン実施を強行した。

安倍内閣が「瀬戸際の2週間」と叫んだのが2月24日。

3月1日は、その「瀬戸際の2週間」の真っ只中だった。

東京マラソンは7万人の濃厚接触者を生み出した。

小池都知事は東京五輪7月開催にまっしぐらに突き進んでいた。

ところが7月24日に東京五輪の延期が正式決定されると行動が急変した。

「感染爆発重大局面」

と唱えた。

「感染爆発重大局面」は3月1日の東京マラソン開催時に示されるべき言葉だった。

東京の緊急事態宣言は5月25日に解除された。

ところが小池知事は6月2日に「東京アラート」を発令した。

「東京アラート」には発令・解除基準が設定された。

人気ブログランキングへ

具体的数値基準として

「新規陽性者数」=1週間平均で1日20人未満

「感染経路不明」=50%未満

「陽性者増加比」=直近1週間とその前の1週間の感染者数比が1

が示された。

基準に基づいて小池知事は6月2日に東京アラートを発令したが、6月10日にはこれを解除し、東京アラートという制度そのものを廃止してしまった。

これ以上の朝令暮改はない。

都知事選が告示されたのに、「東京アラート」では戦いにくいということなのだろう。

営業自粛の全面解除も東京都の新規感染者数を増大させる要因になるだろう。

0622202
小池コロナ対策の破綻が明らかになる日が近づいている。

東京都の主権者は小池百合子氏を落選させるべきである。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2665号「小池都政でなぜ都民が不幸になるのか」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月20日 (土)

小池東京アラート失策で感染再爆発重大局面

小池百合子都知事が自分の選挙に合わせて「東京アラート」を発令し、解除した上、取り止めた。

「東京アラート」発令が6月2日、解除が6月11日だ。

ほとんど意味不明な行動だった。

営業自粛要請は選挙に都合が悪いのだろう。

選挙に合わせて営業自粛要請が取り下げられた。

朝令暮改の強権発動で生存の危機に直面する市民が多数発生している。

市民が死のうが倒れようが関係ない。

ただ一つ、重要なのは自分の損得である。

「小池ファースト」が全開なのだ。

アップルが人の移動に関するデータを公表している。

世界各国のデータを公表している。

徒歩、自動車、交通機関に分けてデータを公表している。

日本の交通機関による移動データを3週間ずらすと、東京の新規感染者数の推移と重なることが分かる。

061820
3月20-22日の3連休に「緩み」が出たと報じられた。

安倍内閣は2月24日に「瀬戸際の2週間」を宣言し、行動抑制を呼びかけた。

2月末には全国の小中高について一斉休校の要請を行った。

「瀬戸際の2週間」を1ヵ月以上も叫び続けたが、3月19日の専門家会議をうけて、全国小中高の学校再開を宣言した。

人気ブログランキングへ

安倍内閣の学校再開宣言を受けて人の移動が急拡大した。

安倍首相、小池東京都知事は東京五輪7月開催強行に向けて突き進んでいた。

「瀬戸際の2週間」を叫んだが、これで問題を終息させて、五輪モードに切り替える構えを示していた。

ところが、3月24日に東京五輪延期が正式決定される。

2020年7月五輪開催強行のシナリオが破綻した。

安倍内閣の行動抑制緩和が一転して行動抑制強化に転じた。

小池都知事は突然「感染爆発重大局面」と言い始めた。

4月7日には安倍内閣が「緊急事態宣言」を発出した。

日本人の行動抑制は半端でない。

ゴールデンウイーク終了まで市民は徹底的な行動抑制を示した。

行動抑制は新規感染者数の減少をもたらす。

これを背景に、安倍内閣は再び行動抑制緩和に舵を切った。

緊急事態宣言は、5月14日、21日、25日と三段階で解除された。

東京都の緊急事態宣言解除は5月25日。

5月25日以降の行動抑制緩和の影響が感染者数に表示されるのは6月16日ころからということになる。

人気ブログランキングへ

東京都の新規感染者数は再び増加する傾向を示し始めている。

アップル社が提供する人の移動指数も明確に増加基調に転じている。

営業自粛要請解除によって人の移動はさらに拡大すると見込まれる。

6月2日に東京アラートが発令されたが、東京都の状況には強い懸念が残る。

新規感染者数も増加傾向を示している。

それにもかかわらず、小池都知事は6月12日に東京アラートを解除。

6月19日から営業自粛要請もすべて取り下げた。

都知事選が6月18日に告示されたことを受けての対応だ。

「瀬戸際の2週間」が提示されたのが2月24日。

小池都知事は、そのさなかの3月1日に東京マラソン実施を強行した。

「五輪ファースト」であったことの証左だ。

6月12日の「東京アラート」取り下げは「小池ファースト」の証左。

都知事選に際して、小池氏の人間性と生きざまを鮮明に描き出すベストセラー・ノンフィクション

『女帝 小池百合子』(文藝春秋)

https://amzn.to/3dkd25d

は、東京都の有権者にとっての必読書である。

著書を読む時間がない人は

「「学歴詐称疑惑」再燃の小池百合子…その「虚飾の物語」を検証する
『女帝 小池百合子』著者が真相を語った」
https://bit.ly/30gKir6

を精読することが必要だ。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2659号「宇都宮山本両名出馬を1+1=3に止揚する」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月 9日 (火)

委託事業費と予備費が示す安倍内閣利権体質

安倍内閣は4月7日にコロナ経済対策を決定した。

16.7兆円の一般会計補正予算編成の方針を事業規模108兆円の経済対策だとして誇大宣伝したものだ。

4月8日付本メルマガ記事第2597号
「最低最悪の安倍コロナ経済対策の正体」
https://foomii.com/00050

に次のように記述した。

「コロナ経済対策の基本を

迅速・簡素・直接

にするべきだ。

給付金の一律給付、消費税率ゼロ、生活保護給付基準の緩和

を軸に対応すべきだ。

しかし、自分たちの利益を優先する官僚機構と利権政治屋の塊である安倍内閣は、このような透明な財政支出を嫌う。

政治屋が介在して給付が行われる財政支出

官庁の天下り団体が介在する財政支出だけを選好する。」

「五つの区分のなかの

3.次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復

4.強靱な経済構造の構築

が利権の巣窟だ。

3.次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復

のメニューは以下のもの。

人気ブログランキングへ

1.観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメン ト事業等に対する支援

2.地域経済の活性化

の見出しが掲げられるが、1には、

「Go Toキャンペーン(仮称)として、官民一体型の消費喚起キャンペーンを実施する」

が含まれる。

具体的には、

「キャンペーン期間中の旅行商品を購入した消費者や飲食店を予約・来店した消費者、飲食店で使える食事券を購入した消費者、イベント・エンターテイン メントのチケットを購入した消費者に対し、割引・ポイント・クーポ ン券等を付与する。

その際、キャンペーン全体で統一的な事務局を設置の上、全国津々浦々から本事業に参加する事業者を募集する。

また、全国の商店街等において賑わいを回復するためのイベント開催等のキャンペーン実施を支援する。

この際、民間企業や自治体、商店街等と連携し、官民一体でわかりやすく周知するための広報を実施する。」

となっている。

こんな施策を必要とする国民はほとんどいない。

政治と癒着する観光業界、全体で統一的な事務局(=天下り機関)を設置する官僚機構、自公とつながる企業団体、キャンペーンを実施するイベント実施企業、収入源に直面する広告代理店にだけ、利益を供与する仕組みなのだ。

政治屋への献金というキックバック、選挙の際の票の取りまとめ、政治を支援させるメディア関連事業、芸能興業社への利権支出を確保することが狙いなのだ。」

人気ブログランキングへ

5月27日付メルマガ記事第2641号
「選挙買収資金と化す第2次補正予備費10兆円」

に次のように記述した。

「5月27日に閣議決定された第2次補正予算案の規模は31.9兆円。

第1次補正予算の規模25.7兆円を上回る。

この規模の対策を打ち出すなら、消費税率ゼロを示すべきだ。

予備費が10兆円も計上されるとのことだが、憲法が規定する財政の原則を逸脱するものだ。

日本国憲法は財政について次のように定めている。

〔国費支出及び債務負担の要件〕
第八十五条 国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。

予備費については次のように定める。

〔予備費〕
第八十七条 予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。

予見し難い予算の不足に充てるために予備費を設けることが許されているが、10兆円は規模が大きすぎる。

国費の支出は本来、国会の議決に基くことを必要とする。

10兆円もの金額が内閣の独断で支出されることを国会は容認するべきでない。」

持続化給付金の極めて不透明な委託事業。

補正予算の10兆円もの予備費計上。

安倍内閣は国民の血税の結晶である予算を食いものにしている。

このような内閣の存続を許すわけにはいかない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2612号「血税食いものにする安倍内閣を退場させる」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月 5日 (金)

日本人民度は低いと解釈される麻生太郎発言

東アジア各国・地域の新型コロナウイルス感染症による人口100万人当たり死者数とPCR検査数は以下の通り。
(データ出所はhttps://bit.ly/3cynEwY

1.フィリピン    9    3555
2.日本       7    2400
3.インドネシア   6    1345
4.韓国       5   19330
5.シンガポール   4   69864
6.マレーシア    4   17342
7.中国       3      NA
8.タイ       0.8  6026
9.香港       0.5 27084
10.台湾       0.3  3067
11.ミャンマー    0.1   583
12.モンゴル     0    4828
  カンボジア    0    1345
  ベトナム     0    2827
  ラオス      0    1077

欧米と比較して人口当たり死者数が圧倒的に少ない。

欧州各国の人口当たり死者数は

1.ベルギー   826
2.英国     588
3.スペイン   580
4.イタリア   557
5.スウェーデン 452
6.フランス   445
7.オランダ   350
8.アイルランド 337
9.スイス    222
10.スクセンブルク176

米州では

1.米国     333
2.カナダ    202
2.エクアドル  198
4.ブラジル   160
5.ペルー    153

となっている(6月5日時点)

人気ブログランキングへ

欧米と比較して日本の人口当たり死者数は少ないが、これは日本固有の現象ではなく、東アジア固有の現象である。

その東アジアの15の国・地域のなかで、日本はワースト2に位置している。

麻生太郎氏が死者数が少ない主因は「民度」と述べたが、この事実を踏まえると、日本の民度は東アジアのなかで最も低い国の一つということになる。

テレビメディアが日本のコロナ死者数の少なさを懸命にアピールするが、大本営に同調する戦時下の御用メディアと変わらない。

東アジアのなかで日本の人口当たり死者数が少ないなら、「日本モデルの成功」、「日本の民度の高さ」などと発言しても、体裁が保たれるだろう。

しかし、日本の人口当たり死者数は東アジア15ヵ国・地域のなかで下から2番目なのだ。

この事実を押さえずに「日本コロナ対策は成功した」と論評するのはあまりにもみっともない

現実を直視することもできず、事実を歪めて自画自賛している状況では未来は暗い。

東アジア諸国・地域における人口当たり死者数が非常に低い原因を突き止める必要がある。

生活習慣が影響している可能性もあるだろう。

あるいは、流行したウイルスの種類が欧米とは異なっていたのかも知れない。

ファクターXを明らかにすることは重要だ。

人気ブログランキングへ

重要なことは、東アジア諸国・地域のなかで日本のパフォーマンスがワースト2であるという事実。

人口100万人あたり死者数がゼロの国さえ存在する。

日本の実態は東アジア諸国・地域のなかで突出して劣悪だ。

新型コロナウイルスによる感染は感染者との接触によって生じる。

したがって、人々が行動を抑制すれば感染拡大は鈍化する。

日本ではロックダウンという措置は取られなかったが、限りなくロックダウンに近い状況が生み出された。

その結果として新規感染確認者数が減少した。

しかし、人々が行動抑制を緩和すれば感染者数が再び増加する。

ゴールデンウイークが終了するまで極端な行動抑制が取られたが、ゴールデンウイーク明け後に行動抑制が緩和された。

その結果として新規感染者数の再拡大が生じている。

再び行動抑制を強化するべきかが議論の対象になる。

感染抑止と経済活動維持を両立させる方策を示す必要がある。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2649号「東京五輪の是非を問う東京都知事選」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年6月 1日 (月)

余命10ヵ月が宣告された安倍内閣

安倍内閣の支持率が朝日、毎日の世論調査で30%を下回った。

コロナウイルスの感染が拡大したが東アジア地域では相対的に被害が抑制されている。

最重要の指標と言える人口当たり死者数では欧米の100分の1の水準にとどまっている。

しかしながら、日本の人口当たり死者数は東アジア諸国ではフィリピンに次ぐワースト2の実績を示す。

ほとんど死者を出していない国がいくつもあるなかで、日本の死者数は900人を超えている。

この事実は安倍内閣のコロナ対策が失敗であったことを示している。

五輪と中国習近平主席来日を優先してコロナ対応が遅れたことが主因である。

感染者数を少なく見せるためにPCR検査を徹底的に妨害したことも最悪の対応だった。

国民が強い行動抑制を採ったために感染拡大に歯止めがかかったが、政府の対応には重大な問題が存在したままである。

この混乱のさなかに、安倍内閣は不当な検察庁法改定を強行しようとした。

2月に定年を迎えた黒川弘務東京高検検事長について、安倍内閣は1月に違法な勤務延長を閣議決定した。

その違法性が指摘されると、後付けで勤務延長を合法化するための法律改定案を国会に提出した。

安倍内閣は勤務延長を法律の条文解釈を変更して行ったと主張しているが、条文の解釈変更は事後的につじつまを合わせるために捏造したものである疑いが濃厚だ。

首相であっても立件の対象とする検察の人事に内閣は介入しない原則が守られてきたが、安倍首相は自分の身の安全を図るために、検察を私物化するための違法な人事介入を強行したと理解されている。

人気ブログランキングへ

政策対応では、巨大な予算を国民の生活を支えるためではなく、国家予算に群がるシロアリやハイエナの利権を増殖するかたちで編成している実態が明らかになっている。

1世帯2枚の布製マスク配布も不透明極まりない。

持続化給付金支給事業を受託した一般社団法人サービスデザイン推進協議会に関する疑惑も浮上している。

巨大な予算が権力に癒着する勢力に不当に投下されている疑いが濃厚である。

巨大な国家予算に群がり、不労所得を得るシロアリ・ハイエナ勢力の活動が急拡大しているのだ。

2012年12月の第2次安倍内閣発足から7年半の時間が経過するが、政権にかかわる重大犯罪疑惑が多数存在する。

それらの重大犯罪がすべて闇に葬られてきた。

安倍内閣が黒川弘務氏を特別に厚遇してきたのは、これらの重大犯罪を闇に葬ることに黒川氏が尽力したことへの論功行賞であると見られている。

コロナの影響で人々の関心が興行、スポーツ、エンタメに振り向けられる度合いが低下した。

時間の余裕を獲得したタレントが政治問題に目を向け始めたことも大きな変化である。

これらの結果として安倍内閣の支持率急落が表面化していると言える。

人気ブログランキングへ

内閣支持率が3割を切った内閣は、直近では6代連続で10ヵ月以内に崩壊している。

いよいよ安倍内閣崩壊が秒読み段階に移行したと言える。

黒川弘務氏は常習賭博の事実が発覚して辞任に追い込まれた。

警察、検察は犯罪として立件する責務を負う。

内閣は黒川氏に対して法律や人事院指針に基づく厳正な処分を行う責務を負う。

安倍内閣は「賭けマージャンは犯罪である」との閣議決定をしている。

この閣議決定に従って、黒川氏らの犯罪を立件するよう、捜査当局の行動を監視する責務を負っているはずだ。

同時に賭博および常習賭博行為は国家公務員法が定める懲戒処分の対象であり、内閣は黒川氏に対して適正な処分を行わねばならない。

ところが、捜査当局は迅速な行動を示さず、内閣は黒川氏に対して懲戒処分を行っていない。

このような無法を放置してはならない。

重大犯罪放置国家になる。

通常国会会期は6月17日までとされているが、野党は直ちに予算委員会での集中審議を実施するよう、与党に要請するべきだ。

与党が集中審議開催に応じなければ、強硬な手段を発動するべきである。

安倍内閣は6月8日にも総額32兆円の第2次補正予算を国会に提出する見込みだが、予算審議の前に黒川問題を審議する集中審議を開催するべきだ。

野党の行動が鈍っていることに対して、主権者が声を上げる必要がある。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2645号「コロナ下で実施される最重要二大選挙」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年5月30日 (土)

リーマン不況超えの消費税コロナ大不況

安倍首相は5月25日の会見で

「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ収束させることができました。

正に、日本モデルの力を示したと思います。」

と述べた。

メディアも「コロナ対策に成功した日本」をアピールするが典型的な台本営=大本営発表である。

5月30日現在の人口100万人当たりコロナ死者数は、欧州では

1.ベルギー   814
2.スペイン   580
3.英国     562
4.イタリア   550
5.フランス   440
6.スウェーデン 431
7.オランダ   346
8.アイルランド 333
9.スイス    222
10.スクセンブルク176

米州では

1.米国     316
2.エクアドル  189
3.カナダ    185
4.ブラジル   132
5.ペルー    128

であるのに対し、東アジアでは

1.フィリピン    9
2.日本       7
3.インドネシア   6
4.韓国       5
5.シンガポール   4
6.マレーシア    4
7.中国       3
8.タイ       0.8
9.ミャンマー    0.1
10.モンゴル     0
  ラオス      0
  カンボジア    0

また、香港0.5 台湾0.3になっている。

https://www.worldometers.info/coronavirus/

人気ブログランキングへ

欧米と比べて東アジアでの人口当たり感染者数、死者数は圧倒的に少ない。

何らかの要因が存在する。

遺伝子にかかわる要因、生活習慣、気候、体質、ウイルスの種類など、何らかの要因で感染が抑制されている。

その東アジアの中で日本の人口当たり死者数は上位から2番目。

安倍内閣の対応失敗がこの結果をもたらしたと考えられる。

五輪と習近平来日を優先して対応が著しく遅れた上、PCR検査を徹底的に抑制したことが敗因であると考えらえる。

感染者数が減少したのは、日本の国民が行動を抑制したことが主因だ。

その結果として、日本の被害は欧米に比べれば相対的に軽微にとどまっている。

安倍内閣は4月7日に発出した緊急事態宣言を5月14日から25日にかけて解除した。

5月25日には安倍首相が

「今回の流行をほぼ収束させることができました」

と述べた。

全国で営業自粛要請が解除されて、各地の人出が急増し始めている。

安倍内閣が誤ったメッセージを発した可能性がある。

新規感染者数の減少は国民の行動抑制が背景だ。

とりわけゴールデンウィークの行動抑制は顕著だった。

しかし、ゴールデンウィーク明け後は会社への通勤が再開された。

5月15日以降の緊急事態宣言解除に伴い外出が増加し、人と人の接触が拡大していることも想定される。

このことが新規感染者数を再拡大させるリスクが残存する。

人気ブログランキングへ

この段階で「流行を収束させることができた」と発言すべきでない。

人々が行動抑制を緩和し、感染再拡大がもたらされるリスクが存在する。

せっかく明確な抑制傾向を示した感染が再拡大するなら、その責任は安倍内閣の安易な楽観論提示にあるということになる。

「急がば回れ」という言葉をかみしめることが必要だ。

コロナウイルス感染拡大による経済への影響がいよいよ深刻化している。

5月29日発表の4月鉱工業生産統計が日本経済の急変を鮮明に示した。

鉱工業生産指数は前月比で9.1%減少した。

052920
他方、鉱工業在庫率指数は前月比12.7%上昇した。

052920_20200530162001
生産が急減した。

それにもかかわらず在庫率が急激な上昇を示した。

生産が激減したのに在庫率が急上昇したのは出荷の落ち込みが生産抑制のペースをはるかに上回ったことを意味する。

売れ残りが大量発生したのだ。

在庫率上昇は次の生産抑制をもたらす。

コロナの影響は製造業よりも非製造業で顕著である。

製造業でこれだけの影響が表れている。

非製造業の現状はこれよりも深刻だ。

安倍内閣は国民生活を支えるために全力を注ぐべきだが、対応が驚くほど遅い。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2643号「#さよなら安倍総理で悲しみにさよなら」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

2020年5月27日 (水)

東アジアワースト2の安倍内閣コロナ対応

昨日記事にも記述したが、新型コロナウイルスの人口当たり死者数には大きな地域差がある。

5月27日現在の人口100万人当たりコロナ死者数は、欧州では

1.ベルギー   806
2.スペイン   580
3.英国     546
4.イタリア   545
5.フランス   437
6.スウェーデン 409
7.オランダ   342
8.アイルランド 327
9.スイス    221
10.スクセンブルク176

米州では

1.米国     304
2.エクアドル  182
3.カナダ    176
4.ブラジル   116
5.ペルー    115

これに対して、東アジアでは

1.フィリピン    8
2.日本       7
3.インドネシア   5
4.韓国       5
5.シンガポール   4
6.マレーシア    4
7.中国       3
8.タイ       0.8
9.ミャンマー    0.1
10.モンゴル     0
  ラオス     0
  カンボジア   0

また、香港0.5 台湾0.3になっている。

https://www.worldometers.info/coronavirus/

人気ブログランキングへ

安倍首相が「日本モデルの成功」と自画自賛したが意味不明だ。

東アジアのなかで日本の人口当たり死者数は第2位。

安倍コロナ「三ミス」政策とは、1.五輪ファースト、2.ドケチ財政、3.利権ファースト、だが、五輪優先でコロナ対応が2ヵ月遅れた。

1月下旬に警戒態勢を敷くべきだったが、安倍首相は1月下旬に中国国民に対して訪日の呼びかけを動画配信した。

中国で流行したコロナウイルスが日本で大規模感染を引き起こし、これが欧米型ウイルスによる被害を軽微にしたとの仮説も提示されているが真偽は定かでない。

明らかなことは安倍内閣のコロナ対応が2ヵ月程度遅れたこと。

3月24日に東京五輪の延期が正式決定された。

安倍首相も小池百合子都知事も、五輪延期決定を境に、突然、コロナシフトを示したのだ。

それまでは五輪ファーストで、PCR検査も徹底的に抑制された。

安倍首相は五輪7月開催に固執して3月20日には全国小中高の学校再開を宣言させた。

その結果、感染拡大が発生した。

五輪延期決定から公表感染者数が急増した。

そして、遅ればせながら、4月7日に緊急事態宣言が発出されたのだ。

人気ブログランキングへ

感染者数が減少に転じたのは、日本の国民が徹底した行動抑制を示したからだ。

死者数が限定されたのは医療関係者が尽力した成果である。

しかし、コロナ死とされていないコロナ死が多数存在すると見られる。

国立感染症研究所が公表する超過死者数が2月から3月末にかけて数百人規模で存在した。

コロナ死として取り扱われていないコロナ死が多数存在したと考えられる。

ところが、感染研が5月24日に発表数値を大幅改定した。

超過死者数を大幅に減少させたのだ。

コロナ感染死者数が過少公表されている疑いを日本経済新聞までが報じた。

https://s.nikkei.com/2zzdiiQ

超過死者数とは感染症が流行した一定の期間の死亡数が、過去の平均的な水準をどれだけ上回っているか示す指標で、超過分が感染症による死者である可能性と捉えるもの。

2月中旬から3月末にかけて超過死者数が大幅に拡大していた。

051920
ところが、5月24日発表数値が大幅改定されて超過死者数が大幅削減された。

2
しかし、算出根拠になるデータが公表されていない。

感染研が人為的に改ざんした疑いが強い。

東アジアではコロナウイルスの死者数が欧米に比べて著しく抑制されている。

その結果として日本でも死者数が抑制され、感染拡大に歯止めもかかり始めているが、日本政府の対応が優れていたわけではない。

日本のコロナ対応は全体として大失敗であったことを再確認しておく必要がある。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2641号「選挙買収資金と化す第2次補正予備費10兆円」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010年9月民主党代表選 2010年沖縄県知事選 2014東京都知事選 2014沖縄県知事選 2016年参院選 2016年総選挙 2016東京都知事選 2016米大統領選 2017-18衆院総選挙 2017年東京都議選 2017年総選挙 2018年沖縄県知事選 2019年統一地方選・参院選 2020年政治大決戦 2020年東京都知事選 2020年米大統領選 NHK問題 TPP TPPプラスを許さない 「ぐっちーさん」こと山口正洋氏 「弱肉強食」VS「弱食強肉」 「戦争と弱肉強食」VS「平和と共生」 「東の豊洲」「西の豊中」 「柳に風」になれない「週刊新潮」 「貞子ちゃん」こと藤井まり子氏 『日本の独立』 おすすめサイト かんぽの宿(1) かんぽの宿(2) かんぽの宿(3) れいわ新選組 アクセス解析 アベノミクス アベノミクス失政 アベノリスク アルファブロガー・アワード ウィキペディア「植草一秀」の虚偽情報 カルロス・ゴーン ガーベラ・レボリューション グローバリズム サブプライム危機・金融行政 スポーツ利権・五輪利権 スリーネーションズリサーチ株式会社 ダイレクト・デモクラシー トランプ政権 ハゲタカファースト パソコン・インターネット マイナンバー・監視社会 主権者国民連合 人物破壊工作 企業献金全面禁止提案 伊勢志摩サミット 偏向報道(1) 偏向報道(2) 偽装CHANGE勢力 働かせ方改悪 入管法改定=奴隷貿易制度確立 共謀罪・新治安維持法 内外経済金融情勢 冤罪・名誉棄損訴訟 利権の支出VS権利の支出 原発ゼロ 原発・戦争・格差 原発再稼働 原発放射能汚染マネー還流 反グローバリズム 反戦・哲学・思想 反知性主義 国家はいつも嘘をつく 国民の生活が第一 地球環境・温暖化 増税不況 外国為替資金特別会計 多様な教育機会を確保せよ 天下り・公務員制度改革 安倍政治を許さない! 安倍晋三新政権 安倍暴政 家庭教育への介入 対米自立 対米隷属派による乗っ取り 小池劇場 小沢一郎氏支援市民運動 小沢代表・民主党(1) 小沢代表・民主党(2) 小沢代表・民主党(3) 小沢代表秘書不当逮捕(1) 小沢代表秘書不当逮捕(2) 小沢代表秘書不当逮捕(3) 小沢代表秘書不当逮捕(4) 小沢代表秘書不当逮捕(5) 小泉竹中「改革」政策 尖閣問題 尖閣海域中国漁船衝突問題 山かけもりそば疑惑 市場原理主義VS人間尊重主義 幸せの経済 後期高齢者医療制度 悪徳ペンタゴン 悪徳ペンタゴンとの最終決戦 憲法 憲法問題 改元 政治・芸能・メディアの癒着 政界再編 政界大再編の胎動 政策連合 政策連合(平和と共生)=ガーベラ革命 新型肺炎感染拡大 日中関係 日本の真実 日本の黒い霧 日本経済分析 日本郵便保険不正販売 日米FTA交渉 日米経済対話・FTA 日銀総裁人事 日韓問題 朝鮮戦争・拉致問題 東京汚リンピック 森田健作氏刑事告発 検察の暴走 検察審査会制度の不正利用 橋下徹大阪府知事 民主党の解体 民進党・連合の分解 決戦の総選挙(1) 決戦の総選挙(2) 決戦の総選挙(3) 決戦の衆院総選挙 沖縄県知事選2014 消費税増税白紙撤回 消費税大増税=大企業減税 消費税減税・廃止 激甚災害 猛毒米流通事件 福島原発炉心溶融 福田政権 科学技術・スポーツ利権 竹中金融行政の闇 第二平成維新運動 築地市場移転問題 米中貿易戦争 経済・政治・国際 経済政策 自主独立外交 自民党総裁選 菅・前原外交の暴走 菅直人政権の課題 菅直人選挙管理内閣 著書・動画配信紹介 裁量財政からプログラム財政への転換 西川善文日本郵政社長解任 言論弾圧 警察・検察・司法(1) 警察・検察・司法(2) 警察・検察・裁判所制度の近代化 財政再建原理主義 辺野古米軍基地建設 連合の解体 郵政民営化・郵政利権化(1) 郵政民営化・郵政利権化(2) 野田佳彦新代表 野田佳彦財務省傀儡政権 金利・為替・株価特報 金融政策 金融行政 集団的自衛権行使憲法解釈 食の安全 高橋洋一氏金品窃盗事件 鳩山民主党の課題 麻生太郎氏・麻生政権(1) 麻生太郎氏・麻生政権(2) 麻生太郎氏・麻生政権(3) 麻生太郎氏・麻生政権(4) 2010参院選(1) 2010参院選(2) 2010参院選(3) 2012年東京都知事選 2012年総選挙 2013年参院選 STAP細胞

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ