カテゴリー「政界大再編の胎動」の1件の記事

2012年6月 4日 (月)

自民の二股疑惑浮上・民主による略奪婚に発展か

消費増税を軸に政局が大変動を起こす。


そもそもの混乱の原因は野田佳彦氏が、民主主義の基本原則を踏みにじっていることにある。


野田佳彦氏は国民の信を受けた内閣総理大臣ではない。


つまり、正統性のない首相である。


首相と内閣が正統性を得るには、国政選挙で信任を得ることが必要である。


野田氏はその信を受けていない。


これは、菅直人氏が国会で強く主張したことである。


自民党が首相の首を次々に代えたとき、菅直人氏は国民の信を得ていない内閣には正統性がないことを強く訴えた。


だから、自分が首相に就任した2010年6月に菅直人氏は、2010年7月の参院選が菅内閣に対する信任投票になることを明言した。


この参院選で大敗したから、菅直人首相は、就任直後に主権者である国民から不信任の判定を下されたのである。


それなのに、1年以上も総理の椅子にしがみついたことが痛々しかった。

人気ブログランキングへ

野田佳彦氏は菅直人氏が首相を辞任したことを受けて首相に就任した。


しかし、国民の信を得ていない。


最大の問題は、主権者国民が民主党に政権を委ねる決断を示した2009年8月段階での民主党と主権者国民との契約を、野田氏が一方的に破棄したことだ。


野田氏は「シロアリ退治なき消費増税を実施するのはおかしい」ことを主張して2009年8月総選挙を戦った。


「野田 シロアリ」の言葉でネット検索をすると、すぐに2009年8月15日大阪での街頭演説映像を見ることができる。


本ブログ、メルマガが紹介した動画映像である。


このときの演説内容と正反対の政策を推進しているから、国民の大半が野田氏に不信任を突き付けている。


内閣不支持率、消費増税反対意見は5割をはるかに上回っている。


メディアは、野田氏の暴走を抑止する責務を担っている。


野田氏が引き下がらないなら、解散総選挙で国民の信を問うことを主張するべきだ。

人気ブログランキングへ

通常国会の任期が6月21日で満了になるが、方向は定まっていない。

6月3日には、野田氏と小沢氏の2度目の会談が行われた。


正論を主張しているのは小沢一郎氏である。主権者国民との契約に反する政策を主張しているのが野田佳彦氏である。


この点は非常に重要だから、明確にしておかねばならない。


政治の是非を判断するためには、誰が正論を述べていて、誰が筋違いの主張をしているのかを正確に理解することが極めて重要だからだ。


法案が採決されれば、小沢氏と正論を主張する民主党議員は足並みを揃えて反対に回る。正しい行動だ。


野田氏や岡田氏は「党が決めたこと」と発言しているが、これは真実でない。「党執行部が決めた」だけであって、「党が決めたこと」ではない。


民主党内の論議では、反対意見が多数であった。したがって、民主的なプロセスで決定した場合には、消費増税提案は党内で否決されている。


したがって、野田氏が掲げている消費増税法案に民主党議員が賛成する必要はない。




他方、自民党内の対応も割れている。


財務省および財務省の利害を代弁する議員は、消費増税法案には賛成だが、衆議院解散には賛成でない。衆院解散を行うと、総選挙は消費増税選挙になる。この場合、消費増税反対勢力が勝利する可能性がある。


財務省と財務族議員は、2013年のダブル選挙を狙っている。それまでは、民自大連立政権で良いと考えている。


今日の内閣改造で、野田氏が自民党との連立に踏み切ることはないだろうが、総選挙の際に「政権交代」を主張した大義はどこに求めようもない。


消費増税を既定事実化して、来年の総選挙を消費増税選挙としないとの狙いが隠されている。

人気ブログランキングへ

ここで浮上するのが、自民党の二股疑惑である。


この道に進むことは、自公路線から民自路線への転換である。


これまで、自民に尽くしてきた公明は、自民から一方的に切り捨てられることになる可能性が高い。


自民が新しいパートナーに走って、糟糠の妻を一方的に切り捨ててしまうということだ。民主による略奪婚である。


公明党は、2013年のトリプル選挙を嫌っている。


2013年は都議選も重なる。公明党は参院で消費増税案を否決して、解散総選挙に追い込む戦術を主張する。




他方、民主党の輿石幹事長は法案を継続審議にして通常国会を閉会する戦術を主張している。


この場合、この秋に、自民、民主で代表選が実施される。


両党党首が交代になる可能性が高い。

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

野田氏は、財務省の指令に基づいて行動している。社会保障・税一体改革特別委員会を仕切っているのは、伊吹文明氏、野田毅氏らの財務省OBである。民主サイドの藤井裕久氏も財務省OBだ。


野田氏の戦略は解散なき消費増税法案成立シナリオだ。


これは、言い方を変えると、自民二股・民主による略奪婚シナリオである。


人の道を外れて、自己の欲得で暴走するのが財務省の性かも知れぬが、世の中はそれほど甘くない。


この場合、公明党は法案反対に回るだろう。


民主党正統派が150名を超す。


つまり、法案は衆院で否決される可能性が高いのだ。


6月12日から、国会の空気が一変する。


人の道を外す民自密室談合政治に鉄槌が下される日が近づいている。

人気ブログランキングへ

foomiiからのお知らせです。



5
26日に有料メールマガジン読者限定で生配信した「天木×植草の時事対談」アーカイブ動画の販売を開始しました。



●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談

http://foomii.com/00057/2012052815000010123


【販売価格:315円(税込)】


ダイジェストはこちら ⇒ http://bit.ly/LuxRKE



なお、次回の時事対談のライブ配信は、630日を予定しています。詳細が決まり次第ご案内しますので、どうぞ次回もご期待ください

人気ブログランキングへ

4月21日に東京で開催された「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」動画映像が飛鳥新社サイトから無料配信されておりますのでご高覧ください。

続きは
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

第246号「シロアリ退治なき消費増税&原発稼働阻止政権を樹立」
でご購読下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年5月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

31caonx8gpl__sl500_aa300_

消費増税亡国論

 著者:植草 一秀
 販売元:飛鳥新社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する
 
 
 
 

【送料無料】日本の独立 【送料無料】日本の独立

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】TPP亡国論 【送料無料】TPP亡国論

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか? 【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】原発のウソ 【送料無料】原発のウソ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】売国者たちの末路 【送料無料】売国者たちの末路

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料】知られざる真実 【送料無料】知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

その他のカテゴリー

2010年9月民主党代表選 | 2010年沖縄県知事選 | 2014東京都知事選 | 2014沖縄県知事選 | 2016年参院選 | 2016年総選挙 | 2016東京都知事選 | 2016米大統領選 | 2017年総選挙 | NHK問題 | TPP | 「ぐっちーさん」こと山口正洋氏 | 「弱肉強食」VS「弱食強肉」 | 「戦争と弱肉強食」VS「平和と共生」 | 「東の豊洲」「西の豊中」 | 「柳に風」になれない「週刊新潮」 | 「貞子ちゃん」こと藤井まり子氏 | 『日本の独立』 | かんぽの宿(1) | かんぽの宿(2) | かんぽの宿(3) | アクセス解析 | アベノミクス | アベノリスク | アルファブロガー・アワード | ウィキペディア「植草一秀」の虚偽情報 | グローバリズム | サブプライム危機・金融行政 | スポーツ利権・五輪利権 | スリーネーションズリサーチ株式会社 | トランプ政権 | パソコン・インターネット | 主権者国民連合 | 企業献金全面禁止提案 | 伊勢志摩サミット | 偏向報道(1) | 偏向報道(2) | 偽装CHANGE勢力 | 共謀罪・新治安維持法 | 内外経済金融情勢 | 冤罪・名誉棄損訴訟 | 原発ゼロ | 原発・戦争・格差 | 原発再稼働 | 反戦・哲学・思想 | 国民の生活が第一 | 地球環境・温暖化 | 増税不況 | 外国為替資金特別会計 | 天下り・公務員制度改革 | 安倍晋三新政権 | 安倍暴政 | 対米自立 | 対米隷属派による乗っ取り | 小池劇場 | 小沢一郎氏支援市民運動 | 小沢代表・民主党(1) | 小沢代表・民主党(2) | 小沢代表・民主党(3) | 小沢代表秘書不当逮捕(1) | 小沢代表秘書不当逮捕(2) | 小沢代表秘書不当逮捕(3) | 小沢代表秘書不当逮捕(4) | 小沢代表秘書不当逮捕(5) | 小泉竹中「改革」政策 | 尖閣問題 | 尖閣海域中国漁船衝突問題 | 市場原理主義VS人間尊重主義 | 後期高齢者医療制度 | 悪徳ペンタゴン | 悪徳ペンタゴンとの最終決戦 | 憲法 | 憲法問題 | 政界再編 | 政界大再編の胎動 | 日本の真実 | 日本経済分析 | 日米経済対話・FTA | 日銀総裁人事 | 森田健作氏刑事告発 | 検察の暴走 | 検察審査会制度の不正利用 | 橋下徹大阪府知事 | 民主党の解体 | 決戦の総選挙(1) | 決戦の総選挙(2) | 決戦の総選挙(3) | 沖縄県知事選2014 | 消費税増税白紙撤回 | 消費税大増税=大企業減税 | 猛毒米流通事件 | 福島原発炉心溶融 | 福田政権 | 科学技術・スポーツ利権 | 竹中金融行政の闇 | 第二平成維新運動 | 築地市場移転問題 | 経済・政治・国際 | 経済政策 | 自主独立外交 | 自民党総裁選 | 菅・前原外交の暴走 | 菅直人政権の課題 | 菅直人選挙管理内閣 | 著書・動画配信紹介 | 西川善文日本郵政社長解任 | 言論弾圧 | 警察・検察・司法(1) | 警察・検察・司法(2) | 警察・検察・裁判所制度の近代化 | 財政再建原理主義 | 辺野古米軍基地建設 | 連合の解体 | 郵政民営化・郵政利権化(1) | 郵政民営化・郵政利権化(2) | 野田佳彦新代表 | 野田佳彦財務省傀儡政権 | 金利・為替・株価特報 | 金融政策 | 金融行政 | 集団的自衛権行使憲法解釈 | 高橋洋一氏金品窃盗事件 | 鳩山民主党の課題 | 麻生太郎氏・麻生政権(1) | 麻生太郎氏・麻生政権(2) | 麻生太郎氏・麻生政権(3) | 麻生太郎氏・麻生政権(4) | 2010参院選(1) | 2010参院選(2) | 2010参院選(3) | 2012年東京都知事選 | 2012年総選挙 | 2013年参院選 | STAP細胞 | [オールジャパン:平和と共生]五つ星運動

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ