カテゴリー「日銀総裁人事」の2件の記事

2015年3月19日 (木)

国会は日銀岩田規久男副総裁辞任を求めるべき

2013年3月5日の衆議院議員運営委員会


日銀副総裁人事に同意を求める件で議院運営委員会が開催され、日銀副総裁候補の岩田規久男氏が参考人として招致されて質疑が行われた。


このなかで、津村啓介氏が質問に立ち、岩田氏が答弁を行った。


津村委員 二%ということを先ほどおっしゃられていましたが、岩田さんは、全責任を負う、マンデートだ、それを市場が信頼するからこそインフレ期待が上がるんだ、それについては現行の日銀法では不十分ということをおっしゃいましたが、これから中央銀行のトップ、副総裁につかれるとなれば、運用で、自分はこうやるんだ、全責任を負うんだということを明確にされることで、ある意味では、岩田さんのおっしゃる今の法の不備といいますか、そこを補っていかれるということだと思います。


そこで、お伺いしたいんです。


一つは、二年とおっしゃるのは、この就任の三月から二年後、つまり再来年の春ということでよろしいかというのが一点。


それから、もう一つは、全責任を負って市場の信頼をかち取るということですから、それが達成できなかった場合の責任の所在ということははっきりとさせていかなければいけないと思いますが、それは、職を賭すということですか。


○岩田参考人 それは当然、就任して最初からの二年でございますが、それを達成できないというのは、やはり責任が自分たちにあるというふうに思いますので、その責任のとり方、一番どれがいいのかはちょっとわかりませんけれども、やはり、最高の責任のとり方は、辞職するということだというふうに認識はしております。


○津村委員 二年間というのは、二年後の春、つまり、二〇一五年の春の消費者物価の上昇率二%ということを目標とされる、そして、最高の責任のとり方としては、職をかけるということでよろしいですね。


○岩田参考人 それで結構でございます。

人気ブログランキングへ

2013年3月15日午前の参院本会議で日銀副総裁人事案が自由民主党、公明党、みんなの党など各党の賛成多数で可決された。


自由民主党、公明党、みんなの党、日本維新の会、国民新党、新党改革が賛成し、


民主党、生活の党、日本共産党、みどりの風、社会民主党が反対した。


この国会同意を受けて、岩田規久男氏は2013年3月20日に日銀副総裁に就任した。


直近のデータである2015年1月の消費者物価上昇率は、


総合指数の前年同月比 +2.4%


食料及びエネルギーを除く総合の前年同月比 +2.1%


である。


消費税増税の影響を除くと、


総合指数の前年同月比 +0.4%

 

食料及びエネルギーを除く総合の前年同月比 +0.1%


である。


岩田規久男氏は、上記の議員運営委員会の冒頭で所信を述べた。


そのなかで、


「日本銀行は、消費者物価の上昇率二%を必ず達成する、この達成責任を全面的に負うという立場に立つ必要があるというふうに思います。」


と発言した。


つまり、消費者物価上昇率を副総裁就任後の2年間で実現することを述べ、その達成責任を全面的に負うことを明言したのである。


ところが、現実のインフレ率は総合指数で+0.1%、食料・エネルギーを除くベースで+0.4%である。


岩田規久男氏は、目標達成についての結果責任について、


「やはり、最高の責任のとり方は、辞職するということだというふうに認識」


していると明言した。

人気ブログランキングへ

岩田氏が日銀副総裁に就任して丸2年の時間が経過した。


インフレ率はほぼゼロという状況である。


岩田氏は、2年前の自身の発言を踏まえて、日銀副総裁を辞任するべきである。


言葉に対する責任を持つことが重要である。


岩田氏は、インフレ目標の実現が可能であるとの説を主張してきた。


しかし、そのインフレ目標は実現していない。


岩田氏が主張した「説」が正しくなかったことが現実によって証明されている。


金融政策運営に対する信認を維持するためにも、岩田氏は副総裁を辞任するべきである。


また、国会は、岩田氏を参考人として招致して、この問題についての結果責任を適正に問うべきである。


厳しい意見だと思われる方もいるかも知れないが、岩田氏は国会における同意人事の質疑において、インフレ目標に関する結果責任を明確に提示して、そのことについて職を賭して責任を負うことを明言したのであるから、副総裁を辞任するべきである。


このようなことについて曖昧な処理をするから、この国のすべてが根腐れを起こすのである。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1105号「黒田日銀のインフレ誘導政策が重大リスク元凶」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社
amazonで詳細を確認する

2008年5月28日 (水)

日銀副総裁人事は今国会で決着すべきである

財務省は日銀幹部ポスト喪失に強い危機感を抱いている。財務省利権を擁護する勢力が真の「守旧派勢力」であり、その中心に自民党清和政策研究会(清和会)が位置しており、小泉元首相は一貫して財務省利権の維持拡大に力を注いできた。この意味では小泉元首相が守旧派勢力の中心的存在とも言えるのであり、官僚利権根絶に進もうとする民主党の多数派勢力と真っ向から対立している。

道路財源問題についても、道路特定財源の一般財源化を熱望してきたのは財務省である。「一般財源化」は財務省利権の拡大を意味する。「道路特定財源」から「一般財源」への移行は、「道路族」から「財務族」への権力移転=所得移転を意味するだけにすぎない。  

暫定税率の廃止は「国家権力から国民への所得移転」をもたらすが、特定財源から一般財源への転換は「道路族から財務族への所得移転」の意味しか持たない。一般財源化を過大評価している議員は、この意味で「財務族」議員と判断してよいだろう。

国土交通省を基盤とする道路族議員は一般財源化に反対するが、財務省に影響力を持つ道路族議員は一般財源化に必ずしも反対しない。財務省が死に物狂いで抵抗するのは税源の減少だ。税源は利権そのものなのだ。一般財源化が「改革」であるというのは、財務省利権を拡大するためのプロパガンダ、かくれみのである。  

5月18日のNHK「日曜討論」で、自民党の伊吹文明幹事長は消費税増税を含む税制抜本改革の論議が必要だと強調した。これに対して民主党の鳩山由紀夫幹事長は、将来的に消費税増税は避けて通れない課題だが、国民に負担増加を求める前に、天下り利権などの官僚利権を排除することが先決だと述べた。

財務省と政府与党は社会保障制度の財源確保の名目で消費税の大幅増税を画策している。年齢別人口構成の急激な高齢化が進展するなかで、年金、医療、介護の社会保障制度の重大な設計ミスの矛盾がますます顕在化し、消費税の増税を含む抜本的な制度再構築は必須になる。

しかし、その際、最も重要なことは国民に負担増加を求める前に、官僚利権を根絶することである。ガソリン税の税率を暫定的に引き上げていたのなら、その目的の多くを達成したいま、暫定税率部分を国民に返上するのが筋である。税源を国民に返還することによって、官僚機構がむさぼっている利権支出が強制的に排除されることになる。

小泉政権以降に急激に加速したのが、障害者、高齢者、非正規雇用者、母子世帯などの社会的、経済的弱者を冷酷に切り捨てる政策だ。後期高齢者医療制度は小泉政権の政策基本姿勢を象徴的に示すものである。天下り機関には年間12兆円もの巨額の財政資金が投入されている。このなかの無駄な利権支出を排除すれば、社会保障に振り向ける大きな財源を確保することができる。高齢者に過酷な政策を強行実施することを十分に回避できる。消費税増税などでの国民負担増加政策は、官僚利権を根絶する施策を完了したのちに国民に理解を求めるべきである。   

日銀副総裁1名と審議委員1名が空白のままになっている。福田政権は本年3月の日銀人事の決定期限に向けて、空白を作ってはならないことを強く訴えていた。ところが、福田政権が提示した案に参議院が同意しなかったために、2名のポストが現在も空席になっている。政府は一刻も早く空白を埋める責任を負っている。

日銀人事に参議院の同意が必要なのは、日本銀行法がこのことを定めているからだ。民主党は財務省の天下り利権構造が、日本の最重要の構造問題であるとの認識の下に、政府提案に反対の意思表示を示してきた。この反対理由は正当なものであり、私は民主党の勇気ある決定を強く支持する。  

日本銀行法が衆参両院での同意を日銀人事決定に求めている以上、福田政権はこの法律の定めを尊重しなければならない。福田政権の提案が参議院で否決されたのは、参議院の多数が人事案に反対したからだ。人事案を不同意とした参議院の多数議員は有権者により選挙で選出されており、参議院での決議は有権者の意向を反映している。それを「何度も提案したのに否決する民主党が悪い」とか、「かわいそうなくらい苦労している」から何とかしてくれと言うのは、福田首相が民主主義制度を理解していないことを告白しているようなものだ。  

政府は今国会に副総裁人事案を提示しない方針を固めたと伝えられている。一方で、法律改正により日銀人事決定における衆議院優越を定めることを視野に入れているとも伝えられている。目指すところは財務省の利権死守だ。現在の法律が衆参の同意を必要としている以上、政府はこのルールの下での人事決定を速やかに行うべきだ。

民主党が賛成し得る人事案を提示すれば、人事は問題なく決着する。マスコミへの事前情報リークをしないことが約束されているなら、その約束も守るべきだ。植田和男東大教授(元日銀審議委員)など、有力な候補者は多数存在する。

決定を先送りし、衆議院の3分の2以上の多数により、参議院の意思を踏みにじることを繰り返すことこそ「権力の濫用」である。日銀副総裁人事は今国会で決着をつけなければならない。

人気ブログランキングへ

ランキング

その他のカテゴリー

2010年9月民主党代表選 | 2010年沖縄県知事選 | 2014東京都知事選 | 2014沖縄県知事選 | 2016年参院選 | 2016年総選挙 | 2016東京都知事選 | 2016米大統領選 | 2017年総選挙 | NHK問題 | TPP | 「ぐっちーさん」こと山口正洋氏 | 「弱肉強食」VS「弱食強肉」 | 「戦争と弱肉強食」VS「平和と共生」 | 「東の豊洲」「西の豊中」 | 「柳に風」になれない「週刊新潮」 | 「貞子ちゃん」こと藤井まり子氏 | 『日本の独立』 | かんぽの宿(1) | かんぽの宿(2) | かんぽの宿(3) | アクセス解析 | アベノミクス | アベノリスク | アルファブロガー・アワード | ウィキペディア「植草一秀」の虚偽情報 | グローバリズム | サブプライム危機・金融行政 | スポーツ利権・五輪利権 | スリーネーションズリサーチ株式会社 | トランプ政権 | パソコン・インターネット | 主権者国民連合 | 企業献金全面禁止提案 | 伊勢志摩サミット | 偏向報道(1) | 偏向報道(2) | 偽装CHANGE勢力 | 共謀罪・新治安維持法 | 内外経済金融情勢 | 冤罪・名誉棄損訴訟 | 原発ゼロ | 原発・戦争・格差 | 原発再稼働 | 反戦・哲学・思想 | 国民の生活が第一 | 地球環境・温暖化 | 増税不況 | 外国為替資金特別会計 | 天下り・公務員制度改革 | 安倍晋三新政権 | 安倍暴政 | 対米自立 | 対米隷属派による乗っ取り | 小池劇場 | 小沢一郎氏支援市民運動 | 小沢代表・民主党(1) | 小沢代表・民主党(2) | 小沢代表・民主党(3) | 小沢代表秘書不当逮捕(1) | 小沢代表秘書不当逮捕(2) | 小沢代表秘書不当逮捕(3) | 小沢代表秘書不当逮捕(4) | 小沢代表秘書不当逮捕(5) | 小泉竹中「改革」政策 | 尖閣問題 | 尖閣海域中国漁船衝突問題 | 市場原理主義VS人間尊重主義 | 後期高齢者医療制度 | 悪徳ペンタゴン | 悪徳ペンタゴンとの最終決戦 | 憲法 | 憲法問題 | 政界再編 | 政界大再編の胎動 | 日本の真実 | 日本経済分析 | 日銀総裁人事 | 森田健作氏刑事告発 | 検察の暴走 | 検察審査会制度の不正利用 | 橋下徹大阪府知事 | 民主党の解体 | 決戦の総選挙(1) | 決戦の総選挙(2) | 決戦の総選挙(3) | 沖縄県知事選2014 | 消費税増税白紙撤回 | 消費税大増税=大企業減税 | 猛毒米流通事件 | 福島原発炉心溶融 | 福田政権 | 科学技術・スポーツ利権 | 竹中金融行政の闇 | 第二平成維新運動 | 築地市場移転問題 | 経済・政治・国際 | 経済政策 | 自主独立外交 | 自民党総裁選 | 菅・前原外交の暴走 | 菅直人政権の課題 | 菅直人選挙管理内閣 | 著書・動画配信紹介 | 西川善文日本郵政社長解任 | 言論弾圧 | 警察・検察・司法(1) | 警察・検察・司法(2) | 警察・検察・裁判所制度の近代化 | 財政再建原理主義 | 辺野古米軍基地建設 | 連合の解体 | 郵政民営化・郵政利権化(1) | 郵政民営化・郵政利権化(2) | 野田佳彦新代表 | 野田佳彦財務省傀儡政権 | 金利・為替・株価特報 | 金融政策 | 金融行政 | 集団的自衛権行使憲法解釈 | 高橋洋一氏金品窃盗事件 | 鳩山民主党の課題 | 麻生太郎氏・麻生政権(1) | 麻生太郎氏・麻生政権(2) | 麻生太郎氏・麻生政権(3) | 麻生太郎氏・麻生政権(4) | 2010参院選(1) | 2010参院選(2) | 2010参院選(3) | 2012年東京都知事選 | 2012年総選挙 | 2013年参院選 | STAP細胞 | [オールジャパン:平和と共生]五つ星運動

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ