« 都知事選投票判断の二大論点 | トップページ | 石丸氏メディア異常宣伝の黒幕 »

2024年7月 7日 (日)

小池3選アジェンダ通りの都知事選

小池3選アジェンダが目論み通りに機能した。

小池3選アジェンダとは

1.学歴詐称疑惑封印

2.反自公票分断

3.裏金封印

小池氏の学歴詐称疑惑を厳しく追及していたのはつばさの党。

つばさの党幹部は選挙期間中、身柄を完全に拘束された。

公選法違反事案は無数に存在する。

もっとも悪質な公選法違反は選挙買収であると言えるだろう。

過去に明らかな選挙買収の事実が明らかになった事例が多数存在する。

安倍晋三氏の桜を見る会前夜祭での利益供与疑惑もそのひとつ。

しかし、警察も検察も権力側の犯罪は取り締まらない。

小池氏の実効支配下にある警視庁は小池氏の意向通りに動いた。

つばさの党を凶悪犯罪者に仕立て上げて学歴詐称疑惑追及を封印した。

4月28日衆院補選との最大の違いがこの点にある。

メディアは小池氏の学歴詐称疑惑を掘り下げない。

メディアとの癒着が選挙戦術の核心であったと言える。

衆院補選とこれまでの地方自治体首長選挙で自民党が連戦連敗した背景は裏金巨大犯罪である。

人気ブログランキングへ

都知事選でも小池氏を全面支援する自民党の問題が争点に浮上した。

この議論を封殺したのは「都知事選争点は都政」とする主張の流布だった。

メディアのキャンペーンである。

そして、都知事選構図を決定づけたのが反自公票分断戦術だ。

石丸伸二氏はこの目的を達成するための「第三の候補戦術」として用意されたと見られる。

石丸氏得票が伸びた最大の背景はメディアによる大宣伝。

2012年に泡沫政党「維新」が年末選挙で大政党にのし上がったが、これとまったく同じ図式である。

この年の8月に野田民主党内閣が消費税大増税法制定を強行した。

背徳の消費税大増税法制定だ。

これに真正民主党議員が抵抗した。

50名以上の民主党国会議員が離党して「国民の生活が第一」を結党した。

これが正真正銘の「第三極」政党だった。

しかし、主要メディアは「国民の生活が第一」を一切報道せず、連日連夜、「維新」を「第三極」として宣伝し続けた。

12月総選挙で未来の党(国民の生活が第一)は議席数を61から9に減らし、維新は11から54に激増させた。

メディア大宣伝とメディア報道封殺がもたらした結果だった。

人気ブログランキングへ

低質化と悪質化が激しく進行する日本の主要メディアだが、人々の行動を誘導する悪魔的な力を発揮する。

今回都知事選では石丸氏に関心が注がれる報道が展開され続けた。

若く、斬新な候補者として安野たかひろ氏が存在する。

メディアが石丸氏報道に偏り、安野氏報道をないがしろにする合理的理由は存在しない。

しかし、メディアは都知事選告示のはるか前の段階から石丸氏だけを宣伝し続けた。

小池3選を実現するために最重要の方策は、反小池票が一人に集中することを阻止すること。

反小池票をかすめ取る「第三の候補」がどうしても必要だった。

その「第三の候補」として用意されたのが石丸伸二氏である。

政策の流れで言えば「対米隷属・新自由主義」であると推察される。

CIAが最大の力を注いでいるのが「対米隷属・新自由主義」政治勢力の育成だ。

これを彼らは「改革」勢力と称する。

若い人々を中心に「改革」という言葉に吸い寄せられる。

この勢力を育成・強化して、ゆくゆくは日本政治を既得権勢力と、この「対米隷属・新自由主義勢力」の二大政治勢力体制に移行させることを目論む。

「対米隷属・新自由主義勢力」として育成・強化が目論まれてきた対象が、「みんなの党」、「維新」、「希望の党」の流れであり、石丸伸二氏はこのカテゴリーに含まれる人物として大宣伝の対象とされたと考えられる。

日本の主権者がこの構図を正確に理解しないと、早晩、CIAの目論み通りの日本政治構造が構築されてしまうリスクが高まる。

人気ブログランキングへ

気鋭の政治学者・政治思想家である白井聡氏との共著が7月1日にアマゾンにて先行販売開始された。

『沈む日本 4つの大罪
経済、政治、外交、メディアの大嘘にダマされるな!』
(ビジネス社)
81xvgue4y6l_sy466__20240702205101

https://x.gd/3proI

ぜひご高覧賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3831
「今秋総選挙に向けての号砲が鳴る」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、support@foomii.co.jpまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,980円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 都知事選投票判断の二大論点 | トップページ | 石丸氏メディア異常宣伝の黒幕 »

2024年都知事選」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ