« 岸田首相退陣号砲と化す衆参補選 | トップページ | 岸田内閣のSF商法超小型減税 »

2023年10月18日 (水)

J社は迅速に3回目会見開催すべし

J社がSMUP社に名称を変更したが会見で示された図式とは異なる企業形態が観察されている。

SmileUpを短縮すればSMUP社。

短縮形がこうなることを念頭に置いた新社名だろう。

SMUP社はジャニー喜多川氏の長期にわたる性犯罪行為に関する被害者救済と補償だけを司る企業である。

これと別に「エージェント企業」が新たに設置されることとされているが、資本構成を含めて詳細は明らかにされていない。

会見では、新企業がタレントのエージェント機能のみを担う企業になることが明言された。

1回目の会見後にJ社は、所属タレントに対するスポンサー企業等からの支払いについて、J社が一切受け取らず、全額をタレントに支払うとしていたが、この方針は撤回された模様。

当初の案を撤回し、タレントを事務所所属とせず、新会社はエージェント機能のみを受け持つことになるとした。

10月16日をもって旧J社は廃止され、10月17日にSMUP社に移行したとのことだが、エージェント企業については詳細が発表されていない。

創設されたのは被害の救済と補償だけを行う企業である。

ところが、この新企業の公式サイトに所属タレント名などが掲載されている。

設立される新企業はタレントを事務所所属とせず、エージェント機能のみを受け持つこととされたが、その形態が示されていない。

しかも、エージェント機能を担う新企業は正式にはまだ設立されていないはず。

被害者救済と補償だけを行うはずの企業の公式サイトに所属タレント名が列記されていることも記者会見での説明と異なっている。

人気ブログランキングへ

10月7日の八百長記者会見の問題が何一つ解決されていない。

会見ではNG6の1名しか指名されていない。

指名外で質問が行われたのは司会者が当該記者に対する指名を意図的に実行しなかったからである。

指名された1名は司会者がNGリストの人物と判別できななかった結果として指名されたものだと推察される。

企業に対して厳しい指摘を示す記者を実質的に除外する措置が講じられたと見られる。

史上空前の性犯罪事案が明らかにされ、その問題に対する謝罪と被害者に対する救済と補償、さらに問題を明らかにして過去を遮断するための方向性を示すために開いた会見である。

質問が出し尽くされるまで質問の提示を求め、真摯な姿勢で説明責任を果たさなければ、社会的に容認されない状況に同社が置かれている。

この基本的立場を同社がまったく認識していないと指摘されてやむを得ない状況だ。

新企業の社長に就任した東山紀之氏の過去の性犯罪行為に関する疑惑が解消されていない。

ジャニー喜多川氏の重大性犯罪事案に関して「見て見ぬふりをした」と述べた東山氏が新エージェント企業ならびに被害者救済・補償企業の社長を務めることが適正であるのかどうかに関する疑義も晴らされていない。

NG6に指定された記者は、J社にとって耳に痛いが、報道機関として見過ごせない重要問題についての質問を投げかけようとしてきた人物ばかりで、こうした記者を会見から実質除外しようとしたJ社の基本姿勢は糾弾されるべきものだ。

人気ブログランキングへ

これらの経緯を踏まえてJ社は速やかに3回目の会見を開催するべきだ。

その際には、NGリストを作成せず、提示される質問に対しては基本的に質問が出尽くすまで対応すべきである。

質問に要する時間には制限を設けることが正当化されるが、質問数を1つに限定したのでは重要問題が複数ある場合に十分な質問を行えない。

少なくとも質問数を3回程度までは認める必要がある。

また、回答が不十分な場合の「更問い」を認めなければ曖昧な点が残されてしまう。

存在する疑義を全面的に解消するためには、開かれたかたちで、時間制限を設けずに会見を行う必要がある。

その程度の誠実な対応を示さなければ社会的に許容されないことをJ社は踏まえるべきだ。

驚かされる現象はこの期に及んでなお、旧J社と癒着するメディア企業がJ社を擁護する報道を展開し続けること。

会見についてJ社側に立つ報道を展開し続けるメディア企業が多数存在する。

第一に必要なことは事実に関する全面的な検証である。

検証なしに再発防止も過去からの決別もあり得ない。

記者会見で厳しい意見を提示する記者は、J社の当然の責務を指摘するが、J社と癒着するメディア企業が結託して正当な指摘を示す貴社を糾弾する傾向を読み取れる。

政府などの公的機関が問題に対する介入姿勢を示さない。

政府自体がJ社と癒着してしまっているからだ。

問題処理の不透明さがこの国の没落理由を鮮明に物語っているように見える。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3611
「逃げ打つJ社に加担する4勢力」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、support@foomii.co.jpまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 岸田首相退陣号砲と化す衆参補選 | トップページ | 岸田内閣のSF商法超小型減税 »

ジャニー喜多川性暴力事件」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ