« 日常茶飯事の検察違法利益誘導 | トップページ | CIAが目論む第一第二自民体制 »

2023年7月23日 (日)

卑怯な立民こうもり孤立は必然

『卑怯なこうもり』

「むかし、とりとけものはいつもけんかをしていました。

こうもりは「わたしはとりの仲間です!」と言ったり、「わたしはけものの仲間です!」と言ったり、自分の得になるようにころころ立場を変えていました。

やがて、とりとけもののけんかが終わるときがやってきました。

こうもりは今まで自分勝手に立場を変えてきたぶん、とりにもけものにも仲間はずれにされ、暗いどうくつでさみしく過ごすようになりました。」

イソップのこうもり寓話。

立憲民主党内にイソップ研究会を創設してはどうか。

2017年の総選挙で民進党は分裂した。

小池百合子氏は「希望の党」を立ち上げたが、移籍条件に踏み絵を用意した。

「戦争法制」に賛成することを移籍の条件にした。

安倍内閣を終わらせるために大同団結を推進したなら新党に意義があった。

ところが、小池百合子氏は旧民進党分断を画策した。

この結果として誕生したのが立憲民主党。

旧民主党=旧民進党の「水と油同居体質」がようやく解消される道が広がった。

選挙で勝利したのは立憲民主党。

人気ブログランキングへ

旧民主党=旧民進党のリベラル勢力が分離・独立したものとして主権者は立憲民主党を支持したのである。

立憲民主党が野党第一党に躍進できたのは共産党の尽力による。

共産党が候補者を取り下げ、立憲民主党候補の当選に尽力した。

旧民主党=旧民進党の最大の欠陥は「水と油同居体質」。

自公政権の補完勢力と対峙勢力が同居していた。

2009年に樹立された鳩山内閣は自公政治刷新を目指した。

米国支配、官僚支配、大企業支配の日本政治構造を打破しようとした。

普天間の辺野古移設を阻止しようとした。

官僚天下りを根絶しようとした。

大企業政治献金を全面禁止しようとした。

ところが、民主党政権内に自公政治補完勢力が巣喰っていた。

この隠れ与党勢力が鳩山首相に対して面従腹背の行動を取った。

そのために鳩山内閣は内閣の内部から破壊された。

普天間の県外、国外移設方針を破壊したのは、鳩山内閣の外相、沖縄担当相、防衛相、そして官房長官だった。

岡田克也、前原誠司、北澤俊美、平野博文の各氏は鳩山総理ではなく横田政府の指令に基づいて行動した。

その結果として鳩山内閣は破壊された。

人気ブログランキングへ

リベラル勢力と隠れ自公勢力の分離。

これが旧民主党の最重要課題であり続けた。

2017年の立憲民主党創設はこの課題への解決策であると思われた。

共産党を含む野党共闘によって日本政治を刷新することを目指す主権者が立憲民主党を支持。

共産党が全面的な選挙協力を行ったことにより、立憲民主党は野党第一党に躍進することができた。

ところが、2021年10月総選挙で事態は急変した。

立憲民主党が共産党を含む野党共闘を否定した。

枝野幸男氏は選挙期間中に次のように述べた。

「「野党共闘」というのは皆さんがいつもおっしゃっていますが、私の方からは使っていません。

あくまでも国民民主党さんと2党間で連合さんを含めて政策協定を結び、一体となって選挙を戦う。」

共闘の対象は国民民主党と連合であって、共産党、れいわ新選組、社民党は共闘の対象でないことを宣言した。

この発言以降、野党共闘支持の主権者は立憲民主党支持から離脱。

立憲民主党は凋落の一途を辿っている。

その立憲民主党が共産党を含む野党共闘に対して「こうもり対応」を続けている。

「こうもりの教訓」とは、「自分勝手に立場を変えて誰からも相手にされなくなり、洞窟の中でさみしく暮らすようになる」というもの。

立憲民主党凋落の流れは変えられない。

人気ブログランキングへ

『千載一遇の金融大波乱
2023年 金利・為替・株価を透視する』
(ビジネス社、1760円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3YDarfx

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3546
「勝共の連合が共産との共闘攻撃」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、support@foomii.co.jpまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 日常茶飯事の検察違法利益誘導 | トップページ | CIAが目論む第一第二自民体制 »

民進党・立憲民主党・連合の分解」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ