« NHK悪質やらせマイナ日曜討論 | トップページ | 総辞職に向け始動する岸田内閣 »

2023年7月 3日 (月)

習近平理解に必読の遠藤誉氏新著

誰が真実を語っているのか。

非常に重要な問題だ。

原発は絶対に安全だと言われていた。

しかし、そのなかで、原発はいずれ取り返しのつかぬ重大事故を引き起こすと説いていた人がいた。

中国は崩壊すると述べ続ける人がいる。

他方で、中国は粘り強く発展を続けると説く人がいる。

ウクライナが正義でロシアが悪。

メディアはこの図式でしかものごとを伝えないが、本当の悪は米国とウクライナだと説く人がいる。

ワクチンこそ新型コロナの救世主だと主張してワクチン接種熱烈推進の国家運動が展開されたが、新型コロナワクチンは危険だと唱える人がいた。

ワクチン接種拡大に連動して日本の死者数が激増した。

ワクチン接種後に急死する者が驚くべき数に達した。

ワクチンの危険性を唱える主張は存在した。

その言説を知らずに接種を受けたのか、言説を知りながら社会の大勢に従って接種を受けたのか。

しかし、接種後急死に直面してしまっては手遅れだ。

後悔は先に立たず。

重要なことは誰の主張に耳を傾けるのかだ。

人気ブログランキングへ

6月14日の「そうだ、選挙に行こう大集会」で元福井地方裁判所裁判長の樋口英明氏が岸田首相は誰かの話に耳を傾けると述べた。

https://x.gd/LBQjl

その上で大事なことは誰の話に耳を傾けるのかということになるが、岸田氏は不誠実で愚かな人の話に耳を傾けていると指摘した。

人の話に耳を傾けることは大事だが、より重要なことは誰の話に耳を傾けるのかということ。

ここを間違えると悲劇が起こる。

ウクライナと中国の出来事について筑波大学名誉教授の遠藤誉氏がいつも重要な情報を提供される。

遠藤氏が示す見解は多数派の見解ではない。

多くの場合が少数見解である。

しかし、真実を正確に捉えていることが多いと思われる。

その遠藤氏が新著を公刊された。

513cqzrodel_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

『習近平が狙う「米一極から多極化へ」』(ビジネス社)
https://x.gd/LKBF8

日本の大半のメディアは中国に対する悪意を隠さない。

中国の習近平総書記について批判的な論評しかしない。

遠藤氏は異なる。

習近平氏の本質に肉薄する。

習近平氏を正確に理解するには歴史的経緯を辿ることが必要不可欠だ。

人気ブログランキングへ

習近平氏は中華人民共和国最高幹部の一人であった習仲勲氏の子息。

高級官僚の子息を「太子党」と表現することがあるが習近平氏も分類上は太子党人脈に組み入れられる。

しかし、習仲勲氏の生涯は平坦なものではなかった。

1934年から36年にかけて毛沢東の紅軍は蒋介石の紅軍討伐により行き場を失った。

最後に行き着いたのが習仲勲氏の創設した西北革命根拠地。

このとき、「習仲勲が創設した西北根拠地が残されていなければ中華人民共和国は誕生していない」と遠藤氏は指摘する。

毛沢東氏は習仲勲氏を自分の後継者の一人にしようと重用した。

これを嫌悪したのが鄧小平氏で、鄧小平は習仲勲とともに毛沢東が重用した高崗(こうこう)を自殺に追い込み、習仲勲を冤罪で失脚させた。

習仲勲氏はそのために16年間も牢獄や軟禁生活を強いられた。

親の仇を討つ決意で国家のトップに立ったのが習近平氏である。

このことは遠藤氏の先著

『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』(ビジネス社)
https://x.gd/2S4G5

に詳しい。

日本のメディアは中国が覇権主義であり、独裁主義、膨張主義で戦争を引き起こすとしか伝えないが、習近平の行動哲学をまったく洞察していない。

中国の実相を知るためには遠藤氏の著作に触れることが必須である。

習近平の行動哲学を読み解くキーワードは

「兵不血刃」

である。

人気ブログランキングへ

『千載一遇の金融大波乱
2023年 金利・為替・株価を透視する』
(ビジネス社、1760円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3YDarfx

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3530
「衰退に向かう米国一極支配」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、support@foomii.co.jpまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« NHK悪質やらせマイナ日曜討論 | トップページ | 総辞職に向け始動する岸田内閣 »

習近平体制」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ