« 政策連合4月10日緊急院内集会 | トップページ | キエフ行き競う無意味さ »

2023年3月20日 (月)

クレディ・スイスと国際金融市場

スイス金融大手のUBSが、経営難に直面する同国大手銀行クレディ・スイスを救済することで合意したと報じられた。

クレディ・スイスの破綻を回避することを目的とした交渉がスイス政府の支援を受けてまとまったということ。

第二のリーマンショックが到来するとの警戒感が金融市場に広がってきた。

年初に拙著

『千載一遇の金融大波乱』(ビジネス社)
https://amzn.to/3YDarfx

を刊行した。

同書で想定した「金融大波乱」の片鱗が出現している。

この「金融波乱」がどのような推移を辿るのかが重要になる。

この点についての考察を同書第1章に記述した。

「バーナンキのノーベル賞受賞が意味するもの」

に記述している。

拙著の構成は以下の通り。

序章 震撼する新・帝国主義
第1章 世界恐慌の分岐点
第2章 力による現状変更と資源地政学
第3章 衰退日本経済の活路
第4章 中国大波乱の予兆
第5章 千載一遇 金融市場の極意

「ピンチのなかにこそチャンスが広がっている」ことを記した。

本書を参照いただければありがたく思う。

人気ブログランキングへ

「反ジャーナリスト」の高橋清隆氏が拙著のレビューを掲載下さった。

https://bit.ly/3z9ke1v

https://bit.ly/3n6maVH

一部を転載させていただく。

「植草一秀氏が執筆する会員制レポート「金利・為替・株価特報」(TRIレポート)の年次版、最新号である。ウクライナ危機から米国のインフレ問題、コロナ騒動の本質、中国の権力闘争とビジョンまで、内外諸問題を幅広く考察している。」

「同書が扱う主題は上掲の諸問題のほかにも、尖閣諸島をめぐる日中の緊張や米国準備制度理事会(FRB)議長と日銀総裁の政策手腕の比較、わが国の財政問題、統一教会と戦後政治など幅広い。中でも圧巻なのは、専門家としてキャリアを積んできた金融・財政政策の検証だろう。」

「金融危機への対応策について考えさせる。22年にバーナンキにノーベル賞が付与されたことに関し、「リーマンショック」を取り上げている。FRBが大規模金融機関に資金供給したことによりシステム危機は回避されたが、モラルハザードが残ったと問題提起する。これは厳正な責任追及をした小規模金融機関・貯蓄貸付組合(S&L)問題処理と異なった。翻って、わが国の2003年りそな危機に目を向ける。小泉政権に批判的だった同行の経営陣を一掃し、金融問題処理の名の下に銀行を乗っ取った。」

「ウクライナ戦乱については、その遠因となる04年と14年の政権転覆を分かりやすく解説している。04年の大統領選で親ロのヤヌコビッチ氏が大統領に選出されたが、選挙に不正があったとの抗議活動が展開した。これを推進したのが米国で、再選挙の結果、親米のユシチェンコ氏が当選。「オレンジ革命」と呼ばれた。ユシチェンコ氏は選挙直前にダイオキシン中毒に見舞われたが、米国による自作自演の工作が疑われる。

ヤヌコビッチ氏は10年の選挙で大統領に就いたが、13年11月にEUとの提携協定への署名を撤回表明すると、マイダン広場で巨大デモが実施された。米国が巨額の資金を提供したもので、暴力化する。14年2月にはデモ隊とウクライナ警察官29名が何者かに射殺され、暴徒化した群衆が国会議事堂を占拠。ヤヌコビッチ大統領は国外に逃亡した。エストニアの外相は、狙撃したのは反対運動の側であると証言しているという。」

人気ブログランキングへ

詳しくは上記サイトをご高覧賜りたい。

また、拙著にもぜひお目通しを賜りたく思う。

4月10日(月)午後5時より、参議院議員会館B107会議室において、

政策連合(オールジャパン平和と共生)緊急院内集会を開催する。

い ま 岸 田 内 閣 を 問 う !
-政 策 連 合 緊 急 院 内 集 会-
日 時:2023年4月10日(月)午後5時~7時
場 所:参議院議員会館 B107
主 催:政策連合(オールジャパン平和と共生)

参加申し込みは
info@alljapan25.com

(先着順)

席数に限りがあるため、事前申し込み制とさせていただきたく思う。

集会概要は以下の通り。

https://bit.ly/3ZVWmtW

い ま 岸 田 内 閣 を 問 う !
-政 策 連 合 緊 急 院 内 集 会-

1.  軍事費倍増
   戦争をする国への突進 
   JAL123便ボイスレコーダー開示請求事件
   講師 弁護士 佐久間敬子ほか

2.  食の安全・安心の崩壊
   種子法廃止・種苗法改定・食に対する権利・有機給食
   講師 元農林水産大臣 山田正彦
   私たちは何を食べているのか、日本農業の衰退

   講師 食政策センターvision21代表 安田節子

3.  ワクチン接種と連動する死亡数激増
   ワクチンの問題点と超過死亡との関連
   講師 東京医科大学教授 青柳貞一郎
   ワクチン接種後死亡遺族の活動
   講師 反ジャーナリスト 高橋清隆

4.  政策連合でガーベラ革命を実現
   統一地方選前半戦の総括
   講師 政策連合運営委員 植草一秀

参加申し込みは
info@alljapan25.com

(先着順)までお願いいたします。

『千載一遇の金融大波乱
2023年 金利・為替・株価を透視する』
(ビジネス社、1760円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3YDarfx

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3453
「重要岐路に立つ国際金融市場」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 政策連合4月10日緊急院内集会 | トップページ | キエフ行き競う無意味さ »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ