« 支持率暴落止まらぬ立憲民主党 | トップページ | 29万人主権者の負託は重い »

2023年2月21日 (火)

戦争を創作扇動拡大させる米国

いま何よりも求められることは戦争の終結。

戦争の拡大、長期化ではない。

米国は戦争の拡大と長期化を指向している。

これに対して中国は戦争の終結に向けての調停に積極的な姿勢を示す。

どちらの姿勢が正しいのか。

頭を冷やして考えるべきだ。

米国のブリンケン国務長官は2月19日に放送された米メディアのインタビューで、

「中国がロシアに対して、殺傷力のある支援の提供を検討しているのではという懸念を抱かせる情報がある」

と述べるとともに、

「殺傷力のある支援」には弾薬や武器そのものの提供などが含まれると指摘した。

ブリンケン氏は2月18日に中国外交トップ王毅氏と会談した。

会談でブリンケン氏は、中国がこうした支援に踏み切れば、両国の関係に「深刻な結果をもたらす」と警告したとのこと。

これに対して中国政府が強く反発した。

中国政府は、

「戦場に絶え間なく武器を提供しているのはアメリカだ」

と指摘。

人気ブログランキングへ

中国外務省の汪文斌報道官は、

「戦場に絶え間なく武器を提供しているのは中国ではなくアメリカだ。

アメリカ側は中国に命令する資格がない」

と述べた。

そのうえで、汪報道官は

「中国のウクライナ問題における方針は平和を進め交渉を促すことだ。

中国は引き続き、情勢の緩和のため建設的な役割を果たす」

と主張した。

中国政府の主張は正鵠を射ている。

そもそもウクライナ戦乱は米国が誘発したものだ。

ウクライナ政府が国際法として確立しているミンスク合意を誠実に履行していればウクライナ戦乱は勃発していない。

ウクライナは米国の指令に従い、ミンスク合意を踏みにじり、ロシアとの軍事敵対路線を鮮明にし、ロシアの軍事行動を挑発した。

その結果としてウクライナ戦乱が勃発した。

その戦乱を収束させず、長期化、拡大させているのは米国である。

ウクライナの戦闘に用いられている兵器は米国を中心とするNATOが提供したもので戦争はロシア対NATOの性格を強めている。

戦乱発生には原因がある。

人気ブログランキングへ

ロシアが一方的に悪く、ウクライナが善というわけではない。

そもそも、2014年に米国が工作してウクライナの親ロシア政権が暴力革命によって転覆されたという経緯がある。

樹立された非合法政府は東部のロシア系住民支配地域に対して人権侵害、弾圧、虐待行為を展開した。

ロシア系住民がこれに抵抗して内戦が勃発した。

クリミアでは住民が住民投票によってロシアへの帰属を決定した。

民族自決の原則に従えば、クリミアのロシアへの編入には正統性がある。

米国のキッシンジャー元国務長官が示唆するように、ウクライナ問題の着地はウクライナの分割しかないと思われる。

ミンスク合意の原点に立ち帰り、話し合いによって問題を解決することが賢明である。

中国が提唱する「平和を進め交渉を促すこと」が正しい方針だ。

ウクライナはNATOに対してクラスター爆弾の供与まで要求しているが国際法に違反するウクライナの行動を放置するべきでない。

米国がウクライナに対して無制限、無尽蔵に兵器を供与することに対抗して、中国がロシアに対して大規模な兵器供与を始動させれば、事態は第三次世界大戦の様相を強める。

本格的な核戦争への移行も視野に入る。

人類の愚かさの延長線上には地球の滅亡が待ち構えるだけだ。

平和を進め停戦に向けての交渉を促すこと以外に正しい選択肢はない。

『千載一遇の金融大波乱
2023年 金利・為替・株価を透視する』
(ビジネス社、1760円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3YDarfx

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3433
「ウクライナ美化報道の重大な誤り」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 支持率暴落止まらぬ立憲民主党 | トップページ | 29万人主権者の負託は重い »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ