« 賃金にインフレ追わせる発想が誤り | トップページ | コロナ死者激増の主因は何か »

2023年1月 7日 (土)

国際社会はウと米に圧力強めよ

戦争報道で重要なのは基本スタンス。

二つの立場がある。

第一は戦争終結を最優先する立場。

戦争終結を最優先することは、何らかの意味での妥協の余地があることを肯定すること。

第二は一方の主張を頑なに押し通そうとする立場。

戦争が生じているのだから、双方に主張がある。

双方が主張を頑なに押し通そうとすれば戦争は終結しない。

日本における報道は後者である。

ウクライナが絶対正義、ロシアが絶対悪という図式でしか報じない。

この立場が導くのはウクライナ完全勝利まで戦争を遂行するというもの。

これは戦争抑止ではなく戦争推進だ。

第二次大戦中の大本営と同類のもの。

問題解決に武力を用いた点でロシアは批難されるべきだ。

しかし、ウクライナが絶対膳でロシアが絶対悪という見立ては正しくない。

戦乱を本格化させた点でロシアが非難されるべきだが、戦乱を本格化させることを意図的に誘導した点でウクライナと米国が非難されるべきである。

ロシアが行動に踏み切るまでの時点ではウクライナや米国の悪辣さが際立っている。

人気ブログランキングへ

そもそも戦争をする必要はなかった。

しかし、この世には戦争を必要とする勢力が存在する。

戦争を必要とする勢力が戦争を創作している。

同時に、戦争が発生するかも知れないという状況が人為的に創作されている。

実際に戦争が生じるときに犠牲になるのは戦場の市民と戦争の前線に送り込まれる末端兵士だ。

戦争を創作する者は常に安全な場に自分の身を置いている。

ゼレンスキーも同じ。

原発の図式と共通している。

ウクライナの戦乱を考えるには、1991年のウクライナ独立の時点にさかのぼる必要がある。

ウクライナは独立してから33年しか時間が経過していない、独立国としては歴史の浅い国。

三つの重要な歴史的経緯がある。

第一は、ウクライナ国境線に合理性が乏しいこと。

ウクライナはかつてソ連邦の1共和国だった。

ソ連邦がひとつの国であり、共和国の国境に強い意味はなかった。

都道府県や市町村の境界のようなものだ。

人気ブログランキングへ

第二は、冷戦終結時に旧ソ連が最重視したことがNATOの東方不拡大であったこと。

1990年の東西ドイツ統一交渉の際、米国はNATO東方不拡大をソ連に確約した。

NATO東方拡大はソ連の軍事的脅威。

米国はソ連の意向を汲みNATO東方不拡大を確約した。

昨年のウクライナ戦乱勃発の主因はこの問題にある。

第三は、2004年と2014年にウクライナ政権転覆があり、その後遺症としてウクライナ内戦が勃発し、内戦を収束するためにミンスク合意が締結されたこと。

戦乱収束への努力は講じられてきた。

この努力を水疱に帰す行動を示したのは誰であったのか。

この点を考察することが重要だ。

ウクライナの北西部と南東部は著しく異なっている。

別の国と表現した方が正確かも知れない。

この点を踏まえて、キッシンジャー米元国務長官が

「ウクライナで一方の地域が他方の地域を支配しようとすれば、必ず分裂か戦争になる」

と述べた。

そもそも国の成り立ちに無理があることを認識することが問題解決のカギを握ることになる。

ロシアが戦乱収束に向けて一つの提案を示している。

この提案を検討もせず、戦乱拡大に突き進んでいるのがウクライナと米国だ。

国際社会は、戦乱早期収束に向けての協議を開始するようにウクライナと米国に圧力をかける必要がある。

『千載一遇の金融大波乱
2023年 金利・為替・株価を透視する』
(ビジネス社、1760円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3YDarfx

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3399
「歴史経緯踏まえてウ紛争を解決」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 賃金にインフレ追わせる発想が誤り | トップページ | コロナ死者激増の主因は何か »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ