« 政権末期鮮明岸田内閣支持率 | トップページ | 頑迷黒田日銀の無残な落城 »

2022年12月19日 (月)

常軌を逸する岸田内閣暴走

FIFAワールドカップ決勝は歴史に残る白熱のゲームになった。

アルゼンチンがPK戦を制して3度目の優勝を果たした。

5回出場のメッシは文字通り伝説のヒーローになった。

私のワールドカップ観戦は常にアルゼンチンと共にあった。

1978年の自国開催での優勝。

1986年のメキシコ大会での2度目制覇。

78年大会のマリオ・ケンペス、86年大会のディエゴ・マラドーナ、そして今大会のリオネル・メッシのスーパースターがアルゼンチンを優勝へと導いた。

筋書きのない感動ドラマとなった決勝戦は全世界に感動を与えた。

メッシは遂に念願のワールドカップチャンピオンシップを獲得した。

ワールドカップサッカーが全世界の人々を魅了することは必然のことと思われる。

スポーツの価値は高いが、その周辺で利権を漁る人々の行動は醜悪だ。

五輪やワールドカップをだしにして巨大な不当利得を得ようとする者が後を絶たない。

東京五輪汚職捜査が行われているが、本当の巨悪に手を伸ばさずにお茶を濁すのでは検察は汚名を雪ぐことができないだろう。

スポーツの光と影。

輝きと暗黒の落差はあまりにも大きい。

人気ブログランキングへ

日本が決勝ラウンド1回戦で惜敗したことは不幸中の幸いだった。

このように表現するとサポーターのお叱りを受けそうだが、日本代表が勝ち進んでいたら、他のすべての事象が注目されずに放置されただろう。

岸田内閣はワールドカップの日程に合わせておぞましい行動を展開した。

日本国憲法の根幹を破壊する行為を加速させた。

他国のミサイル基地に対する先制ミサイル攻撃を是とする決定を行った。

同時に、日本の軍事費をGDP比1%から2%に倍増させる超軍拡路線を決定した。

さらに、その財源を調達するために増税を実施することを既成事実化した。

三つの施策のすべてが国論を二分する大論争になるテーマだ。

国論を二分すると表現したが、日本の根本を破壊する施策と表現するのが適切だ。

日本国憲法の最大の特徴は第9条にある。

日本は戦争を放棄し、戦力を保持しないことを決めた。

このことが憲法に明記されている。

憲法は絶対の存在ではない。

憲法には憲法改正の手続きも明記されている。

憲法を改正することが禁止されているわけではない。

しかし、正規の手続きを経ずに憲法の内容を変えることは許されない。

人気ブログランキングへ

あたりまえのこと。

そのあたりまえのことが実現しない世を良い世の中と言うことができるか。

日本国憲法は

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

と定めている。

憲法に「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」明記されているのに、日本は世界第9位の軍事大国である。

これを矛盾と言わずして何と表現できるのか。

軍備が必要で軍備増強が必要との主張が存在してもいい。

多様な思想、哲学、主張が存在する。

だが、戦力を保持し、軍備を拡大する必要があるなら、正規の手続きを踏んで憲法を改定してからにするべきだ。

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」

「国の交戦権は、これを認めない」

と憲法が定めているのに、どうして日本が他国のミサイル基地を先制攻撃して良いことになるのか。

大人が規範を示すことが教育の基本。

このようなでたらめを実行しておいて、子どもたちに正しい行動をしろとは言っても誰にも通用しない。

岸田内閣の暴走を暴走と捉えることができなくなっているとすれば、それは国民劣化の象徴であり、国が亡びる前兆である。

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK


『国家はいつも嘘をつく』(祥伝社新書)
Photo_20221014160601
https://amzn.to/3eu8X53

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3385
「岸田首相正体はサンダーバード」

でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 政権末期鮮明岸田内閣支持率 | トップページ | 頑迷黒田日銀の無残な落城 »

岸田文雄内閣」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ