« 国は十分な食料への権利を守れ | トップページ | 公費負担残し5類相当に変更 »

2022年10月10日 (月)

2014マイダン暴力革命の真実

戦争はおろかなことだ!
戦争に勝ちも負けもない。
あるのは滅びだけである。

永井隆博士のこの言葉をかみしめるべきだ。

ロシアの攻撃は非難してウクライナの攻撃は絶賛する。

これは反戦の主張でなく戦乱推進の主張。

ウクライナ戦乱で犠牲になっているのはウクライナの市民と前線で戦うロシアとウクライナの兵士。

ウクライナ市民も戦乱に巻き込まれて苦しみを強要されている。

ウクライナ議会は国家総動員令を制定した。

成年男子は国外避難を許されない。

国家総動員令の下、戦争に駆り出されている。

ロシアだけが市民に苦役を強いているわけではない。

そもそもウクライナの国境線の設定に問題があった。

かつてウクライナがソ連邦に属していたとき、便宜的に国境線が定められたが国民国家としての国境画定とは程遠いものだった。

ウクライナが国家として独立して31年の時間しか経過していない。

そのウクライナは西北部と東南部で成り立ちがまったく異なる。

西北部はウクライナ語を使用するウクライナ人が大宗を占め、宗教はカソリック。

東南部はロシア後を使用するロシア系住民が大宗を占め、宗教はロシア正教。

人気ブログランキングへ

この国で一方の勢力が他方の勢力を支配しようとすれば、必ず分裂か内戦になる。

こう喝破したのはキッシンジャー米元国務長官。

ウクライナ独立後、親ロシア政権が樹立された。

このウクライナで親ロシア政権を打倒し、親米政権を樹立する政権転覆が2度にわたって実行された。

2004年と2014年だ。

いずれも米国が地下工作を展開し、政権を転覆したもの。

この政権転覆の正統性が疑われている。

2004年は選挙で親ロシアのヤヌコビッチが選出された。

米国が創作した市民グループが不正選挙を叫び、再選挙が行われた。

親米候補のユシチェンコの顔面がダイオキシン中毒でただれる事態が発生した。

2回目選挙の前にユシチェンコサイドが中毒は親ロシア勢力による謀略であるとアピール。

しかし、実際には、ユシチェンコサイドの自作自演の可能性が疑われている。

このダイオキシン騒動が影響してユシチェンコが大統領に選出された。

しかし、ユシチェンコ体制は長続きしなかった。

人気ブログランキングへ

政権の腐敗が深刻化し、2010年の大統領選で親ロシア派のヤヌコビッチが大統領選で正式に勝利した。

そのヤヌコビッチ政権を転覆する工作が展開されたのが2013年から2014年にかけて。

ヤヌコビッチ大統領はEUとの連携協定がウクライナ国民の利益にならないと判断し、連携協定への署名先送りを決定した。

これに合わせて大規模デモが創設された。

米国の地下工作によるもの。

米国の工作活動は4日間に3局のテレビ局を開設させるという大規模な仕掛けを伴うものだった。

EU連携署名先送り決定が2013年11月21日。

テレビ局3局が11月21日から24日に開設された。

市民デモは11月30日夜に暴力デモに変質された。

12月25日にも大規模暴力行為が引き起こされた。

いずれも、米国の地下工作による演出であった疑いが濃厚だ。

2014年2月21日、ウクライナ政府とEUが最終合意に到達した。

大統領選の年内実施確約などで合意が成立したのである。

この合意成立に激怒したのが米国のヌーランド国務次官補であったと見られる。

米国がネオナチ勢力と結託して市民とウクライナ警官29名を狙撃し、市民デモの暴力化を一気に加速させ、暴力革命による政府転覆を強行したと見られている。

これが2014年ウクライナ政権転覆の実相であると見られる。

ウクライナ戦乱の真実を知るには、歴史的な経緯を正確に把握することが必要不可欠である。

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

国葬で葬られる岸田内閣

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3334号「万死に値のゼレンスキー転向」
でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 国は十分な食料への権利を守れ | トップページ | 公費負担残し5類相当に変更 »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ