« 2014マイダン暴力革命の真実 | トップページ | マイナカード強要を許さない! »

2022年10月12日 (水)

公費負担残し5類相当に変更

岸田内閣消滅が秒読み態勢に移行している。

しかし、岸田首相は態度を変えない。

安倍元首相と旧統一協会の関係を調査しない。

旧統一協会と深い関わりを有する閣僚や自民党役員を更迭しない。

コロナの指定区分を変更しない。

さらに

日本円暴落に対応しない。

インフレ亢進に対応しない。

「検討する」とだけ答えて何もしない「検討使」。

「聞く力」は消えて「逃げる力」に転じている。

コロナ感染が減少して全国旅行支援の利益供与策を始動させたが、相変わらずの支離滅裂が続く。

利益供与を受ける条件が「ワクチン3回接種証明」または「陰性証明提示」とされている。

「ワクチン3回接種証明」に感染防止上の何の意味もない。

ワクチン接種を受けてもコロナに感染する。

3回接種は非感染の証明にもならない。

ウイルスの変異が進み、過去に接種したワクチンは変異したウイルスに対する有効性を失っている。

人気ブログランキングへ

「ワクチン3回接種証明」は政府の命令に従順に従った「従順証明」でしかない。

政府の命令に従順に従う「従順国民」には旅行支援利益供与を提供するということなのだろう。

反知性主義の極致。

陰性証明提示にはそのたびに検査が必要になる。

現時点では無料検査が実施されているが11月以降は無料検査を打ち切る方針を示している自治体が多い。

ワクチン接種を受けていない者が旅行支援を受けようとする場合、検査費用が自己負担となるのは「法の下の平等」に反する。

諸外国では接種証明制度がほぼ全廃されている。

ワクチン利権の本拠地である米国だけがワクチン接種を入国条件に設定しているのみ。

いま何よりも必要なことは新型コロナの指定区分を変更すること。

第2類相当の指定区分を維持すれば感染第8波が到来したときに、再び大混乱が生じる。

第7波の感染が縮小したいまこそ、指定区分を第2類相当から第5類相当に変更するべきだ。

5類の場合、公費による全額負担がなくなる。

このことが取り上げられる。

したがって、公費負担を残して、それ以外の措置を第5類相当に変更するべきだ。

人気ブログランキングへ

ウイルスの変異が進み、コロナ致死率が大幅に低下している。

すでにオミクロン株において致死率は季節性インフルエンザと同程度にまで低下している。

それにもかかわらず、コロナを第2類相当に据え置くことが大きな問題を引き起こす。

第2類相当の場合、保健所と急性期病院が対応の中核となり、それ以外の医療・介護関係者が関与できない。

国費負担を継続し、それ以外の措置を第5類相当に変更することが合理的。

ところが、岸田内閣は指定区分の変更を拒絶している。

理由は、現行の2類相当区分によって厚労省が支配権を保持でき、保健所、急性期病院、検査会社、宿泊療養施設などの多くの関係者が補助金などの利益にありつくことができるからだと見られる。

2類相当指定の下で国立病院機構、公立病院、地域医療推進機構が驚異的利益を獲得したことを見落とせない。

                 各機構の収支推移(億円)
Photo_20221012132201

Photo_20221012132202

Photo_20221012132301

コロナによって巨大利権が発生し、この巨大利権を温存するために2類相当指定が温存されているとするなら本末転倒。

もうひとつの重大事実が存在する。

日本政府がワクチンメーカーと8.8億回分のワクチン購入契約を締結していること。

指定区分変更はワクチン接種の劇的減少をもたらすと考えられる。

巨大な国費喪失が発生する可能性が高い。

ワクチン予算は4.7兆円計上されており、このうちワクチン費用が2.4兆円。

残りの2.3兆円が巨大なワクチン接種利権。

この巨大なワクチン接種利権が指定区分変更によって消滅することを阻止しようとする力が働いている。

利権まみれのコロナ行政を根本的に是正することが求められている。

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

国葬で葬られる岸田内閣

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3335号「ワクチン巨大薬害事件顕在化へ」
でご購読下さい。


メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 2014マイダン暴力革命の真実 | トップページ | マイナカード強要を許さない! »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ