« 企業が耐えられなくなる円安誘導 | トップページ | 対ロ外交根本を誤る岸田内閣 »

2022年7月 3日 (日)

野党共闘破壊連合六産別に落選運動

7月10日の日曜日は全国的に気温が高いが天候は安定した状況になる見通し。

日本のあり方を決める国政選挙であるから全員が参加する必要がある。

しかし、1人区への野党の対応が選挙への関心を引き下げている。

47都道府県のうち、34の県が当選者一人の選挙区(4県は合区で2県で一人の当選者)。

与党の自公はただ一人の候補者を擁立する。

自公に対峙する勢力が候補者を一人に絞らなければ勝負にならない。

しかし、野党が分裂している。

この分裂は仕掛けられたもの。

野党を分断することをミッションとする勢力が存在する。

三つの野党勢力がこの分断に深く関わっている。

三つの野党勢力とは立憲、国民、維新の三者。

このうち維新は自民を通り超えて右に位置する勢力だから、完全な自公補完勢力。

壊憲、原発稼働、新自由主義を党是とすると見てよいだろう。

明白な隠れ与党勢力。

野党と呼ぶべきでない。

維新は選挙でれいわに流れる票を吸収するために「消費税減税」を叫んでいると見られる。

しかし、与党と対峙して消費税減税を勝ち取る気構えは有していないと考えられる。

人気ブログランキングへ

国民民主は完全に「隠れ与党勢力」の本性を現した。

壊憲、原発稼働推進勢力だ。

本当は自民党に移りたい。

政権与党に組み入れて欲しいとの声が聞こえてくる。

この政党ももはや野党と呼べない。

消費税増税にもいずれ賛成するだろう。

維新と国民は自公の側に回るのが適正。

政治行動が与党化している。

問題は立憲民主。

立憲民主が自公と対峙する野党の中核に位置するべき。

多くの主権者が立憲に中核野党としての行動を求めた。

ところが、立憲が急激な右旋回を示した。

昨年10月の衆院選で野党共闘を否定。

共闘する対象は国民民主と連合であると明言した。

これで立憲民主党への支持が激減した。

立憲民主の右旋回を加速させたのが泉健太代表への代替わり。

人気ブログランキングへ

立憲民主党が腰砕けになったので中核野党が不在になっている。

1人区で立憲民主が候補者を擁立しても反自公政権票の集約ができない状況が生まれている。

今回参院選でも立憲民主は苦戦を強いられるだろう。

この背後で蠢(うごめ)いてきたのが連合だ。

連合は旧総評と旧同盟が中核になって創設された労働組合連合。

しかし、時間が経過して旧同盟系組合が連合の支配権を握った。

旧同盟系の系譜を引くのが連合六産別。

電力、電機、自動車、鉄鋼、機械・金属、繊維・流通の大企業御用組合の連合体だ。

この連合六産別こそ野党分断のミッションを負う存在の本尊。

連合加盟労働者は約700万人。

そのうち、約400万人が六産別所属。

この連合六産別が野党分断のミッションを負っている。

立憲が腰砕け政党に堕してしまったのは連合六産別の誘導に屈したから。

その連合六産別が参院選に5人の組織内候補を擁立した。

川合孝典(UAゼンセン)
はまぐち誠(自動車総連)
矢田わか子(電機連合)
村田きょうこ(基幹労連)
竹詰ひとし(電力総連)

の5名。

5名のうち4名は国民民主から出馬だが基幹労連の村田きょうこ氏だけは立憲民主からの出馬。

国民民主では当選できないとの読みが立憲民主から出馬の理由と見られる。

連合六産別の組織内候補を落選させることが極めて重要。

したがって、比例代表選挙では維新、国民民主だけでなく、立憲にも投票するべきではないということになる。

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

ぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3261号「参院選で政治刷新第一歩印す」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 企業が耐えられなくなる円安誘導 | トップページ | 対ロ外交根本を誤る岸田内閣 »

2022年政治決戦」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ