« 銃による暴力と戦争 | トップページ | 立民の代表引責辞任と解体急務 »

2022年7月10日 (日)

参院選結果と日本政治核心を考察

参議院議員通常選挙が投票日を迎えた。

日本の政治を決めるのは日本の主権者。

主権者が政治を決定する権利を行使する最重要の機会が選挙だ。

全員参加で政治の方向を決めなければならない。

今回の選挙が行われた後、衆院の解散がなければ2025年夏まで全国規模の国政選挙がない。

衆院の解散は内閣不信任決議案が可決されたときに、内閣が総辞職せず、解散・総選挙によって国民の信を問うことを選択した場合に実施されるもので、本来総選挙は任期満了で行われるべきもの。

天皇の国事行為として列挙されている事項の一つに衆院解散があるが、この規定を用いる衆院解散は天皇の政治利用にあたり正当でない。

内閣が自己都合で衆院を解散する政治私物化を認めないことを法制化するべきだ。

衆院解散がなければ、参院選が実施されると3年の国政選挙空白期が生まれる。

この3年間に地獄が待ち構える可能性がある。

壊憲、原発全面稼働、消費税追加増税だ。

主権者が権利を行使しないと、主権者の意思に反する政治が行われる。

政治に無関心ではいられても、政治に無関係ではいられない。

帯に短し、たすきに長しであっても、選挙に行って、最悪を阻止する行動を取る必要がある。

選挙に行かなければ、地獄に突き落とされても、自業自得と言われてしまう。

人気ブログランキングへ

敗戦後日本の最大の政治問題は、日本政治が米国支配勢力に支配され続けてきたこと。

敗戦直後は状況が違った。

1945年から1947年の2年間が敗戦後日本の黄金期だ。

GHQが正真正銘の日本民主化措置を牽引した。

その集大成が日本国憲法。

戦後民主化の「レガシー」である。

金字塔だ。

しかし、この「レガシー」は間一髪で遺された。

制定が半年遅れていたらレガシーは遺されなかったと考えられる。

敗戦後の民主化が実行されたのは1945年から47年の2年間に限られる。

1947年に米国の方針が大転換した。

1947年以降は「非民主化」の時代に暗転した。

「逆コース」と呼ばれている。

戦後史の最重要事項がこの「逆コース」である。

歴史教科書には「戦後民主化」が永続し、その延長線上に現在日本があるとするが、これは間違いだ。

「戦後史の正体」が隠蔽されている。

人気ブログランキングへ

1947年3月12日、米国のトルーマン大統領が議会への特別教書演説を行った。

トルーマンはギリシャとトルコへの支援を行わなければヨーロッパの各地で共産主義のドミノ現象が起こるだろうと主張。

共産主義に抵抗する政府の支援を目指すことを表明した。

これが「ソ連封じ込め」のトルーマン・ドクトリン。

連動して対日占領政策の基本路線が転換された。

「民主化」から「非民主化」への「逆コース」が生じた。

日本統治の責任者であったマッカーサーとトルーマンが犬猿の関係であったことから、日本の「逆コース」は漸進的に進行したが、路線が大転換したことは間違いない。

戦後民主化は農地解放、財閥解体、労働組合育成などの大事業を一気呵成に成し遂げたもの。

このなかで、1947年5月に社会党の片山哲氏を首班とする内閣が樹立された。

日本民主化は大いなる躍進を遂げた。

しかし、状況は大転換した。

米国の占領政策の基本が日本の「反共化」に転換。

思想弾圧、非民主化の方向に大転向した。

米国は反共の対米隷属者による日本統治を主導した。

米国のエージェントによる日本統治を実行した。

その米国エージェントの代表と見られているのが吉田茂と岸信介の両氏である。

なお、明日7月11日(月)の午後8時より

東アジア共同体研究所 UIチャンネル

において、「参院選結果と日本の諸問題」をテーマにした鳩山友紀夫元内閣総理大臣との対談番組に出演させていただく予定。

https://www.youtube.com/watch?v=_-jTiEwJ_Ss

ぜひご高覧賜りたく思う。

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

ぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3265号「対米隷属政治の系譜」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 銃による暴力と戦争 | トップページ | 立民の代表引責辞任と解体急務 »

2022年政治決戦」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ