« 維新・国民=隠れ与党に投票しない | トップページ | 戦争終結に反対する米とウ »

2022年5月28日 (土)

キッシンジャー発言にメディアが狼狽

ウクライナの問題で正論が示されると西側メディアは狼狽する。

2月24日にロシアによる軍事作戦が始動してから、この対応が現在まで続く。

紛争の解決に武力を用いることは避けるべきこと。

この意味でロシアの行動は非難されるべきもの。

しかし、紛争の解決に武力を用いてきたのはロシアだけでない。

米国こそ筆頭常習犯である。

ウクライナ問題を理解するには過去の歴史の検証が不可欠。

2004年の政権転覆、2014年の政権転覆の事実検証抜きにウクライナ問題を語れない。

本ブログ、メルマガでは、繰り返し、事実の検証を試みてきた。

結論を要約すれば、ウクライナの親ロシア政権は米国の策謀によって破壊されてきた。

2004年には選挙で新大統領が選出されたが、この選挙を不正選挙と決めつけて再選挙が強行され、当選者が入れ替えられた。

この政権転覆を主導したのは米国であると見られる。

ところが、米国による政権転覆によって誕生したユシチェンコ大統領は2010年の選挙で落選した。

公正な選挙によってヤヌコビッチ氏が新大統領に選出された。

このヤヌコビッチ政権を不正な暴力革命によって破壊したのが米国である。

人気ブログランキングへ

米国はネオナチ=極右勢力と結託して暴力革命を挙行。

不正な方法で非合法新政府を樹立した。

新政府はウクライナ憲法の規定に基づかずに樹立された非合法政府だった。

この非合法政府を直ちに承認したのが米国。

不正な暴力革命に不正に正統性を付与した。

樹立された新政府は新政府樹立の翌日である2014年2月23日に

「ウクライナ民族社会」

の設立を発表。

その内容は、ロシア語を使用するすべての者から、ウクライナ民族社会の正当な権利を有するメンバーという地位を剥奪すること、

彼らを市民権及び政治上の権利において差別すること、

などだった。

ウクライナ東部の多数勢力であるロシア系勢力の人権を蹂躙する施策を掲げたのである。

ロシア系国民が反発したのは当然のこと。

東部2州では共和国独立が宣言され、クリミアでは住民が住民投票によってロシアへの編入を決定した。

この動きに対し、創設された非合法ウクライナ政府は東部地域に対する軍事攻撃に着手した。

結果としてドネツク、ルガンスクの東部2州で内戦が勃発した。

人気ブログランキングへ

ウクライナは北西部と南東部で属性が決定的に異なる。

北西部はウクライナ語を使用しカソリックであるウクライナ人が主流。

南東部はロシア後を使用しロシア正教徒であるロシア系住民が主流。

ウクライナには二つの異なる属性を持つ住民が居住しており、一方が他方を支配しようとすれば内戦か分裂になる。

このことを指摘してきたのが米国の元国務長官であるキッシンジャー博士。

2014年の政権転覆で非合法的に樹立されたウクライナ新政府はロシア系住民およびロシア系住民居住地域に対して残虐な行動を広範に展開した。

2014年の政権転覆後に大統領に就任したポロシェンコは2014年10月23日、オデッサでの演説でこう述べた。

「年金生活者と子どもたちに給付金を与えるが、あの者たちには与えない!

我々の子どもたちは学校にも幼稚園にも行くが、あの者たちの子どもは地下室に留める!

あの者たちは何もできないからだ。

そうすることによってこの戦争に勝つのだ。」

「あの者たち」とはドンバス(ドネツク、ルガンスク)の人々のこと。

東部での内戦を収束させるために「ミンスク合意」が二次にわたって制定された。

第二次ミンスク合意は国連安保理で決議され、国際法の地位を獲得した。

ウクライナのゼレンスキー大統領がミンスク2を誠実に履行していればウクライナ戦乱は発生していない。

戦乱発生の根本の原因はゼレンスキー大統領がミンスク2を踏みにじり、米国の誘導に乗ってロシアとの軍事対決路線を尖鋭化させたことにある。

キッシンジャー博士の指摘は正鵠を射る。

『日本経済の黒い霧
ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
516txuu715l_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tI34WK

ぜひご高覧ください。

Amazonでの評価もぜひお願いいたします。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3232号「戦乱をもたらしたゼレンスキー」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 維新・国民=隠れ与党に投票しない | トップページ | 戦争終結に反対する米とウ »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ