« 米国の横暴が通用しないG20 | トップページ | 立憲自主投票で新潟知事選片桐氏に勝機 »

2022年4月23日 (土)

コロナワクチンが危険な理由

『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220423163901
https://amzn.to/3tI34WK

と併せて

『コロナワクチンが危険な理由
 :免疫学者の警告』
(荒川央著、花伝社、1650円)
51goyipamnl_sx338_bo1204203200_
https://amzn.to/3tSFeHU

が多く購入されている。

メディアが垂れ流す情報と真実の間に埋めようのない乖離がある。

私たちにとって大事なのは真実である。

メディアが流布される情報を鵜呑みにすることはメディア情報を流布する勢力の思うつぼ。

我が身を守ることができなくなる。

新型コロナ騒動が勃発してから丸2年以上の時間が経過した。

拙著では第7章「勝者と敗者 新型コロナパンデミックの真実」で考察している。

「新型コロナの物語」出発点は2019年10月18日。

この日に二つの重要行事が執り行われた。

ニューヨーク・マンハッタンの高級ホテル「ザ・ピエール」で開催された「イベント201」と中国湖北省武漢市の武漢体育センターで開催された「第7回世界軍人運動会」開会式。

人気ブログランキングへ

「イベント201」では半年後に勃発する新型コロナパンデミックの予行演習が行われた。

主催はダボス会議のワールドフォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ジョンズ・ホプキンス大学。

WHO、CCD(米国疾病予防管理センター)、CCDC(中国疾病予防管理センター)、世界銀行などが参画する重要イベントだった。

ジョンズ・ホプキンス大学が事務局機能を担い、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が最大の資金提供者であったと見られる。

新型コロナパンデミックが創出された最大の目的はワクチンにあったと考えらえる。

「コロナのためのワクチン」ではなく「ワクチンのためのコロナ」というのが真相であると考えられる。

日本だけでもワクチン確保や接種に4.7兆円もの国費が注がれている。

医療提供体制強化を含めると16兆円もの国費が投入された。

史上空前の超巨大利権。

このワクチンに多数の関係者が群がった。

もちろん目的は利権である。

ワクチンに異を唱える者が排除されてきた。

専門家と自称する者が懸命にワクチンを推奨する姿は醜悪以外の何者でもなかった。

人気ブログランキングへ

しかし、そのワクチンに重大な問題がある。

極めて多数の国民がワクチン接種後に急死、重篤化、副反応に見舞われた。

厚労省は接種後副反応報告の制度を改変した。

アナフィラキシー報告はインフルエンザワクチンの接種後24時間から接種後6時間に短縮された。

何を目的にした時間短縮だったのか。

接種後急死、入院、機能障害、機能障害懸念は、インフルエンザワクチンではすべてに報告義務が課せられたが、新型コロナワクチンでは、「医師が予防接種との関連性が高いと認める場合に限って」報告義務が課せられた。

接種後急死、入院、機能障害、機能障害懸念について、「医師が関連性が高いと認めず」、報告されていない事例が無数に存在すると考えられる。

一部しか報告されていないにもかかわらず、接種人数当たりの接種後急死者数はインフルエンザワクチンの250倍に達している(2018-19年シーズンの事例との比較)。

荒川氏による『コロナワクチンが危険な理由』には、新型コロナワクチンが危険である根拠が明瞭に示されている。

厚労省は「薬害根絶の誓い」を立てながら、薬害を根絶するどころか、薬害を推進する行動を示している。

万死に値する行動だ。

3回目接種を終えた国民の比率は約5割。

新規3回目接種者が激減している。

国民の多くがようやく「ワクチン詐欺」に気付き始めた。

子供にワクチンを接種する愚を犯さぬよう、真実の情報の徹底流布が求められる。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3205号「マスク着用についての考え方」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 米国の横暴が通用しないG20 | トップページ | 立憲自主投票で新潟知事選片桐氏に勝機 »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ