« 接種証明ドタキャンで県民割パニック | トップページ | 「国際社会」は即時停戦実現に圧力を »

2022年4月 1日 (金)

コロナワクチンが危険な理由

コロナ、戦乱、インフレという三重苦をかかえるなかで新しい年度を迎えた。

拙著
『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220401124101
https://amzn.to/3tI34WK

が発売開始になったので、ぜひご高覧賜りたい。

ウクライナ戦乱、コロナ、インフレの問題だけでなく、米中対決、日本経済衰退の分析、格差と貧困、消費税、政治哲学、資産防衛の多岐にわたって考察している。

メディアが流布する情報と真実の間に埋めようのない乖離がある。

この乖離に光を当てた。

知られざる真実を知る手がかりにしていただければうれしく思う。

ウクライナ問題での最重要事項は戦乱の停止。

ロシアが悪いから国土を焼き尽くしてでもロシアと戦い抜くことが正しいとの主張は失当。

もとより、この戦乱は回避できるものだった。

ロシアとウクライナの和平実現のために2015年にミンスク合意が制定された。

ミンスク合意は国連安保理の決議を得ている。

国際法の地位を確立している。

ウクライナのゼレンスキー大統領がミンスク合意を誠実に履行していれば戦乱は発生していない。

人気ブログランキングへ

しかし、ゼレンスキー大統領は大統領選の公約を反故にしてミンスク合意を踏みにじる行動を示した。

ゼレンスキー大統領がロシアとの軍事対決の姿勢を鮮明にしたのは米国のバイデン政権発足後である。

米国がロシアの軍事行動を誘発したとも言える。

米国が加担して戦乱を拡大、長期化することは、ウクライナの罪なき市民の被害を拡大させる結果をもたらす。

米国の軍産複合体は戦乱の長期化、拡大を指向している可能性が高い。

ゼレンスキー大統領は米国のこの意向に追従していると見られる。

しかし、いま何よりも重要なことは戦乱を一秒でも早くに収束させること。

そのためには、ミンスク合意の原点に立ち返り、双方が譲歩するしかない。

国際世論は戦乱の早期収束のための停戦合意形成に向けて圧力を強める必要がある。

現在の動きはこれに反している。

米国が主導する一極社会の形成、世界統一市場形成に向けて、黒い、強い力が働いていることを見抜かねばならない。

この状況下で、もう一つの新著が敢行された。

すでに、3月8日付ブログ記事

「危険なワクチン接種を止めよう」
https://bit.ly/3wOrJe9

メルマガ記事「新型コロナワクチンの闇」
https://foomii.com/00050

で紹介してきたが、極めて参考になる著書の出現だ。

人気ブログランキングへ

『コロナワクチンが危険な理由
 :免疫学者の警告』
(荒川 央 著、花伝社、1650円)
51goyipamnl_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_
https://amzn.to/3tSFeHU

荒川央氏は「コロナワクチンが危険な理由」と題する記事をウェブ上に公開されてきた。

これらの内容をまとめて新著を提供された。

ワクチンのリスクについて分かりやすい解説を示されている。

https://bit.ly/3HS7uOB

通常のワクチンと遺伝子ワクチンとの間にどのような違いがあるのか。

荒川氏は次のように解説する。

「「通常のワクチン」では抗体を作らせる為にウイルスそのものまたは一部分をワクチンとして使います。

ワクチン接種後に体内に抗体ができた場合、それ以降攻撃されるのはウイルスだけで終わります。」

「「遺伝子ワクチン」はワクチンを接種した人間の細胞内でウイルスの遺伝子を発現させます。

ワクチン接種以降は自分の細胞がウイルスの一部分を細胞表面に保有する事になります。

体内の抗体が攻撃するのはウイルスだけではなく自分の細胞もです。」

新型コロナは通常のインフルエンザ並みの対応で済むとの認識が広がりつつある。

これまでの過剰な対応が異常だったとも言える。

問題は政府が推進してきたワクチン接種で想像を絶する問題が発生していること。

重大な薬害事件に発展する可能性が高いだろう。

荒川氏の新著に対するAmazonレビューに、ウクライナ問題と対比した論評が掲載されている。

私の認識と極めて近い。

新年度を迎えて、ぜひ、上記した二つの新著をご高覧されることを推奨したい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3188号「すべてを疑わねば真実は見えない」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 接種証明ドタキャンで県民割パニック | トップページ | 「国際社会」は即時停戦実現に圧力を »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ