« ワクチン接種事業自体を中止すべし | トップページ | 与野党が文通費骨抜き法改定 »

2022年4月13日 (水)

参院選でも立憲民主惨敗か

2022年に参院選が実施される。

投票日は7月10日になる見通し。

通常国会の会期は6月15日まで。

会期延長されず、6月22日に参院選が公示される見通し。

この選挙で改憲勢力が参院3分の2を占めると憲法改定が具体的に動き始める可能性が高い。

憲法改定では緊急事態条項を盛り込むことが提案されるだろう。

自民党が提案する緊急事態条項は内閣に独裁権限を与えるもので、憲法の根幹が破壊されてしまう。

独裁国家を創出するための憲法改定になる。

この事態を回避しなければならない。

参議員の定数は前回19年と今回22年で3ずつ増加され248になる。

7月選挙では半数124の改選(選挙区74、比例代表50)と欠員1補充の125議席が選出される。

自公の参院現有議席は136で、このうち68議席が改選を迎える。

参院選の勝敗を分けるのは32ある1人区の結果。

与党の勝敗は2016年が21勝11敗、2019年が22勝10敗で、2022年は2021年10月衆院総選挙の得票数を基に算出すると自公が28勝4敗になる。

2021年衆院選は政権交代のチャンスでさえあったが、野党の迷走で岸田自民大勝の結果に終わった。

人気ブログランキングへ

野党の迷走が続くなら2022年参院選でも与党が圧勝してしまうだろう。

その延長上には憲法改定が見えてくる。

拙著『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220413113101 
https://amzn.to/3tI34WK

では第8章に日本政治に関する考察を記述した。

2021年衆院総選挙を踏まえた考察だ。

新著では、日本経済の歩み、戦乱と資源価格インフレ、米中対立、世界政治、新自由主義、格差と貧困、資本主義社会是正の経済政策、コロナパンデミック、資産防衛、2022年度内外経済金融の展望、などの主要問題に加えて日本政治の課題についても考察している。

日本政治最大の問題は真の改革政党が不在になっていること。

日本政治の基本構造は、1.米国による支配、2.官僚による支配、3.大資本による支配、の三つである。

この基本構造を抜本的に変革することを求める主権者が多数存在する。

具体的に目指されるべき方向は、1.対米隷属からの脱却、2.官僚支配構造の打破、3.大資本による支配の排除、である。

具体的な政策に沿って表現すれば、1.戦争法制の廃止、2.原発の廃止、3.弱肉強食追求から共生追求への経済政策転換、が求められている。

人気ブログランキングへ

この改革路線を牽引する中核野党が不在になった。

旧民主党、旧民進党は守旧派と改革派の同居政党だった。

この政党を改革勢力と守旧勢力に分離することが求められてきた。

立憲民主と国民民主の分離によって、この課題が克服されたかに思われたが、立憲民主が守旧勢力に引き戻された。

最大の問題は立憲民主党が守旧組織と化す「連合」支配下に組み入れられたこと。

「連合」加盟労働者は700万人しかいない。

労働者の1割でしかない労働組合組織が野党第一党の立憲民主党を支配下に置いた。

「連合」加盟労働者は700万人だが、そのうち400万人が「6産別」に所属する。

「6産別」は電力、自動車、電機、鉄鋼、機械・金属、繊維・流通等の大企業御用組合の塊。

旧同盟系の御用組合である。

CIAは日本の革新勢力を分断するために、野党のなかに守旧政党を創設した。

これが1960年創設の民社党であり、支援母体として同盟が編成された。

この系譜にあるのが連合6産別で、連合6産別がCIAの意向を受けて立憲民主党に影響力を行使した。

「連合」支配下の政党は国民民主党に限定されたにもかかわらず、立憲民主党が中核野党として拡大することを阻止するため、立憲民主党への関与が強化されたのだ。

野党の分離と純化が最優先課題である。

改革を求める主権者が注力するべき最優先事項は連合6産別が支援する候補者を落選させること。

6産別組織内候補の落選に力を注ぐ必要がある。

同時に、真の改革野党を再建することが急務だ。

そのためには、連合支配下に移行した立憲民主党の党勢縮小が必要だ。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3198号「本年7月参院選で実現すべき課題」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« ワクチン接種事業自体を中止すべし | トップページ | 与野党が文通費骨抜き法改定 »

2022年政治決戦」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ