« 「力による現状変更」主は誰か | トップページ | 参院選でも立憲民主惨敗か »

2022年4月12日 (火)

ワクチン接種事業自体を中止すべし

アマゾンサイトで

『コロナワクチンが危険な理由
 :免疫学者の警告』
(荒川央著、花伝社、1650円)
https://amzn.to/3tSFeHU

拙著『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220412191401
https://amzn.to/3tI34WK

を併せてご注文くださる方が多い。

ワクチンに関する最良書と併せてご高覧賜れることを嬉しく思う。

メディアが伝える情報に疑問を持つ方が増えている証だろう。

メディアの裏側に巨大資本が存在する。

巨大資本が情報空間を支配している。

戦争は「必然」によって生じない。

戦争は「必要」によって生じている。

その「必要」の第一は、軍産複合体の経済的な「必要」である。

ウクライナの戦乱は回避可能だった。

ウクライナがミンスク合意を誠実に履行していればウクライナでの戦乱は発生していない。

人気ブログランキングへ

米国とウクライナがミンスク合意を踏みにじり、ロシアに対して軍事挑発を拡大してウクライナ戦乱を誘発させた。

この構図を見落とすわけにはいかない。

新型コロナはオミクロン株感染に移行して状況が急変した。

世界各国は新型コロナに対する対応方式を変更した。

インフルエンザ並み対応に変更している。

日本においても新型コロナの指定区分変更が求められている。

ただし、国民負担が増大しないよう、公費負担の部分だけは残存させるべきだ。

本ブログ、メルマガは、公費負担を残したまま、他の取り扱いを第5類感染症準拠に変更すべきだと主張してきた。

いま、重大視しなければならないことはワクチンリスク。

ワクチン接種がもたらす災厄が際立っている。

長期的な影響が未知である新種ワクチン接種を強要することは犯罪行為と言うべきもの。

恐るべき被害が広がっている。

私たちは新型コロナワクチンの真実を知る必要がある。

「全国有志医師の会」は

「全国の有志医師の会は、新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更、及び新型コロナワクチン接種事業(3回目接種、5歳~11歳の子どもへの接種、妊婦への接種)の即時中止を強く求めます。 全国有志医師の会一同」

とする共同声明を発表している。

https://vmed.jp/

人気ブログランキングへ

同会はワクチン接種事業の中止を求めている。

同会サイトに掲載されている記述を転載させていただく。

「ワクチン接種事業の中止を

現在使用されている新型コロナワクチンは、mRNAワクチンという人類に初めて使用される新しい機序の薬剤であるにもかかわらず、2021年2月に「特例承認」され臨床試験が終了しないまま接種が開始されている。中長期的な安全性は十分に確認されているとは言えず、2022年2月18日のワクチン分科会副反応検討部会において1,474件の接種後死亡例(うち10代6人)、6,454件の接種後重篤例(うち10 代398 人)が報告されている。

本ワクチンは武漢で最初に発見された株に対して作られたものであり、変異株への効果は不明であり、昨今のブレイクスルー感染の多さからも効果が低下していることは明白である。

接種後に体内で産生されるスパイク蛋白自体に血管障害や血栓症を誘起する作用に加え、接種後の心筋炎や全身性炎症、及び免疫抑制による感染への脆弱性を示す研究論文が次々と報告されている。

しかも、日本に現存するワクチンは第五波までの武漢型ウイルスに対応するものであり、スパイクの分子構造が激変したオミクロン株とその変異株には交差免疫力が極めて低く、抗体依存性感染増強(ADE)を誘発して逆効果となる可能性が強く危惧されている。

このようなワクチンを将来ある子ども達や妊婦に接種することや3回目のブースター接種をすることには大きな危険性があり、新型コロナワクチン接種事業の即時中止を強く求める。」

「薬害根絶の誓い」を立てている厚労省が、リスクが極めて大きいワクチンの接種を推進することは犯罪的。

新型コロナワクチンでは接種後急死者の全数が報告対象にされていない。

「医師が予防接種との関連性が高いと認める場合」のみが報告対象とされている。

インフルエンザワクチンでは接種後急死は全数が報告対象とされていた。

コロナワクチンでは接種後急死者の一部しか報告されていない。

それにもかかわらず、接種人数当たりの接種後急死者数はインフルエンザワクチンの250倍に達している。

このワクチン接種を推進、強要することは犯罪行為と言うほかない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3197号「百害あって一利なしの3回目接種」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 「力による現状変更」主は誰か | トップページ | 参院選でも立憲民主惨敗か »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ