« コロナワクチンが危険な理由 | トップページ | 職権乱用はトランプでなくバイデン »

2022年4月 2日 (土)

「国際社会」は即時停戦実現に圧力を

ロシアによるウクライナへの侵攻。

紛争の解決のために武力を用いたことは非難されねばならない。

しかし、紛争の解決に武力を用いてきたのはロシアだけでない。

2003年のイラク戦争との比較も重要。

イラク戦争は米国による侵略戦争だった。

イラクの罪なき市民の犠牲者数は数十万人に及んだ。

このとき、メディアはイラクの市民の側からの報道を展開したか。

米国の軍事侵攻によって無数のイラク市民が犠牲になったことを報道したか。

イラク戦争とウクライナ戦乱の報道落差を見つめることが重要。

ロシアでプーチン大統領支持率が大幅に上昇した。

西側メディアが総力を結集して、ロシアにおいてプーチン批判が沸騰していると大報道してきたのとは異なる現実が存在する。

この事実に直面すると、今度は、ロシアによるプロパガンダ流布と騒ぐ。

ロシアによるプロパガンダの前に米国によるプロパガンダを指摘するのが先。

ウクライナからの避難民が多数発生しているが、イラク戦争ではイラクからの避難民が多数発生した。

西側メディアはプロパガンダを実行しているからロシアのプロパガンダにも目が向かう。

情報源が西側メディアに偏れば真実を見誤ることになる。

異論を排除してはいけない。

異論のなかに真実がある。

人気ブログランキングへ

ウィル・スミス氏がクリス・ロック氏を平手打ちした事案にも影響が波及している。

ウィル・スミス氏がロック氏を平手打ちした行為は非難されねばならない。

しかし、スミス氏がロック氏に平手打ちしたのには理由があった。

その理由を踏まえてスミス氏を擁護する意見も沸騰した。

ロシアが軍事行動を引き起こしたことは非難されねばならない。

しかし、ロシアが行動したのには理由があった。

その理由を踏まえればロシアの立場を理解する意見も浮上する。

この類似への警戒が急速に強まり、スミス氏攻撃が加速しているのだ。

スミス氏の行動こそ問題であるとの方向に事態を向かわせる情報操作が懸命に繰り広げられている。

焦りを感じているのはむしろ西側陣営であるのだと見られる。

ウクライナのゼレンスキー大統領はロシアの軍事行動を回避するために行動するべきだった。

それが、ウクライナの国民の利益に沿う行動。

ウクライナはロシアを含めて東部2地域と「ミンスク合意」を制定している。

「ミンスク合意」は国連安保理で決議され、国際法の地位を獲得している。

ミンスク合意の核心は東部2地域に高度な自治権を付与すること。

このことで合意が成立した。

人気ブログランキングへ

東部2地域が高度な自治権を獲得することには、もう一つの大きな意味がある。

ウクライナのNATO加盟が不可能になること。

だからこそ、ロシアはこの内容で同意した。

ところが、ゼレンスキー大統領はミンスク合意を踏みにじる行動を取った。

東部2地域の代表者を「テロリスト」と呼び、交渉そのものを拒絶した。

その上で、ロシアと軍事的に対決する路線を鮮明にした。

同時に、NATO加盟の方針を明確に示した。

ロシアが激怒するのは当然のこと。

ウクライナがミンスク合意を破棄してNATO加盟に突き進む行動を加速したのである。

その結果として、ロシアの軍事行動が生じた。

ロシアが軍事行動を起こすまでの経緯に関しては、ウクライナが悪いと評価するのが適正。

西側メディアはゼレンスキーを正義のヒーローに仕立て、ウクライナ市民が犠牲になっていることだけけを報じ、ゼレンスキー大統領の誤りを一切指摘しない。

偏向報道を正面から見つめる必要がある。

背後にあるのは米国一極主義の強制だ。

米国によるファシズムが加速している。

『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220402221701
https://amzn.to/3tI34WK

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3189号「ウクライナ国民を苦しめるゼレンスキー」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« コロナワクチンが危険な理由 | トップページ | 職権乱用はトランプでなくバイデン »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ