« コロナワクチンが危険な理由 | トップページ | 米国こそが「ならず者国家」 »

2022年4月24日 (日)

立憲自主投票で新潟知事選片桐氏に勝機

5月29日に新潟県知事選が実施される。

現職の花角英世知事と片桐奈保美氏が立候補を表明している。

片桐奈保美氏は原発を再稼働させないことを訴えている。

自公は花角氏の推薦を決定。

国民は花角氏の支持を決めた。

共産、社民は片桐氏の推薦を決めている。

事実上、花角氏と片桐氏の一騎打ちになると見られる。

立憲民主党は自主投票とした。

立憲民主党の支持母体である連合新潟が花角氏支持を決めたためだ。

立憲民主党の病巣がくっきりと表れている。

立憲民主党が連合に支配されてしまっている。

その連合を支配するのは6産別。

6産別とは電力総連、電機連合、自動車総連、基幹労連、UAゼンセン、JAMのこと。

大企業御用組合連合だ。

かつての「同盟」の系譜を引く。

同盟は民社党の支援母体として創設された。

民社党は1960年にCIAの資金援助で創設された。

革新陣営に隠れ与党を創出し、革新陣営が一枚岩で結束するのを妨害するための工作だった。

人気ブログランキングへ

連合は同盟系組合と総評系組合を軸に四つのナショナルセンターが統合されて創設された。

しかし、時間が経過し、その実権を旧同盟系組合が握った。

連合加盟労働者約700万人のうち、約400万人が6産別所属。

連合加盟労働者は労働者全体の1割に過ぎない。

6産別は労働者全体の6%に過ぎない存在。

大企業御用組合の労働者は貴族労働者。

一般労働者と利害を共有しない。

6産別は

原発推進、戦争法制容認、消費税増税推進、の基本スタンスを保持していると考えられる。

連合会長に芳野友子氏が就任し、自民党に急接近。

この連合が共産党を含む野党共闘を攻撃し、野党共闘が瓦解した。

2021年10月衆院総選挙における立憲民主党惨敗は、立憲民主党が連合の軍門に下り、野党共闘を否定したために生じたもの。

この流れを現在の立憲民主党が継承している。

日本政治の刷新を求める主権者は立憲民主党支持から一斉に離散した。

いまや、立憲民主党が支持、推薦、公認することは選挙敗北の保証付与に近い状態が生まれている。

人気ブログランキングへ

長崎県知事選、石川県知事選、京都府儀補選で立憲が支持、推薦。公認した候補が軒並み落選。

この意味で、立憲民主党が片桐奈保美氏を推薦せず、自主投票としたことは片桐氏にとっての吉報である。

立憲民主党が片桐氏を推薦していたら、片桐氏の勝利は彼方に離散していたと考えられる。

それにしても、連合新潟が花角氏支持だから片桐氏を支持、推薦できない立憲民主党は情けない。

しかし、これはこれでよいだろう。

連合6産別は原子力ムラの中枢に位置する明確な原発推進勢力だ。

この勢力の支配下に移行した立憲民主党を支持する改革指向の国民は極めて少ない。

自公の支持者は自公を支持するのだから、当然、立憲を支持しない。

「政策連合」は連合の中核を既得権勢力が占有していることから「市民連合」と一線を画してきた。

原発推進、戦争法制容認、消費税増税推進の勢力と共闘することは矛盾そのものを意味するからだ。

私たちは、戦争法制廃止、原発廃止、消費税減税・廃止の三つの基本政策を共有する市民と政治勢力による「政策連合」構築を訴えてきた。

「市民連合」に再三、申し入れをしてきたが、「市民連合」は応答がまったくない。

「市民連合」が連合の右傾化加速によって大失速しているのは当然の帰結。

新潟県の原発を再稼働させることは許されない。

片桐氏は立憲民主党が支持を決めなかったことで強いフォローの風を受ける。

私たちは原発について明確な判断を示さなければならない。

『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220403184401
https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧ください。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3205号「連合支配下立憲が参院選惨敗に突進」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,870円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« コロナワクチンが危険な理由 | トップページ | 米国こそが「ならず者国家」 »

2022年政治決戦」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ