« 検事総長クビにしないなら金はやらん | トップページ | コロナワクチンが危険な理由 »

2022年3月30日 (水)

接種証明ドタキャンで県民割パニック

コロナがウクライナに隠れたがコロナの感染が再拡大している。

しかし、岸田内閣は、地方自治体が実施する旅行に対する利益供与政策を再始動させている。

その利益供与策を受ける条件として「ワクチン検査パッケージ」(以下V/T制度)を始動させた。

しかし、このV/T制度は岸田内閣が1月に運用を停止したもの。

オミクロン株感染ではワクチン2回接種が感染防止の意味を持たないことから運用が停止されていた。

それでも、埼玉県のように、無意味なV/T制度を強引に運用して、長時間の多人数飲酒会食を認めた自治体もあった。

国全体で科学的知見に基づく合理的対応が求められているのに、非科学的な反知性主義の支離滅裂政策が繰り広げられている。

コロナ感染が再拡大しているが、もはや、コロナを警戒する必要はないという方向に路線が転換されたということなのか。

そうであるなら、コロナの指定を第2類相当感染症から第5類相当感染症に変更するべきだろう。

公費負担を残して、他の部分を第5類感染症に準拠するように指定を変えるのが適正だ。

極めて重大な感染症としての第2類相当指定を残したまま、感染が再拡大しているのに、旅行に対して利益供与策を講じるのは支離滅裂そのもの。

さらに、4月1日からは都道府県の旅行代金補助制度について、都道府県境をまたぐ地域ブロック内での利用を可能にするとのこと。

この施策は、コロナ感染拡大に警戒を示す必要はないと政府が示しているものだ。

人気ブログランキングへ

V/T制度については、2回接種を利益供与策実施の要件にすることが不当であることを再三指摘してきた。

政府のコロナ対策分科会でも、2回接種で行動規制緩和、利益供与実施はおかしいとの声が示されてきた。

この指摘が、ようやく伝わったようで、4月1日から運用が変更になる。

旅行補助金受領などの利益供与を受ける要件が、ワクチン2回接種からワクチン3回接種に変更された。

2回接種でもオミクロン株に感染するのだから、2回接種を要件とすることは完全に不当。

反知性主義を象徴する施策だった。

利益供与を受ける要件を3回接種とした。

3回接種を受けていない市民は、毎回、抗原検査を受けることが必要になる。

3回接種は進展しておらず、多くの市民が抗原検査を受けることが必要になる。

他方、抗原検査の費用が公費負担とされるのは3月31日までとされてきた。

この公費負担の期限を6月末まで延長する方針が定められた。

ところが、実際に旅行代金割引を実施する地方自治体では、この制度変更の最終決定が3月29日までなされていなかった。

4月1日から実施する制度の告知が3月29日段階で決定されていなかったのだ。

人気ブログランキングへ

地方自治体の窓口に電話で確認した。

政府が6月までの期限延長を決めたが、地方自治体での対応はどうなっているのかを尋ねたところ、その方針はあるが、3月29日の段階で、まだ決定されていないとのことだった。

公式サイトにも無料検査の期限は3月31日までと掲載されたままだった。

3月30日になってようやく地方自治体のサイトに変更内容が掲載された。

4月1日以降については、2回接種証明は効力がなくなり、利益供与策を受けるには抗原検査が必要になる。

宿泊施設に検査をせずに訪問した場合、3回接種済みでなければ、陰性証明の提示がなければ宿泊費補助が受けられないことになる。

宿泊施設で抗原検査を実施している例はほとんどなく、大混乱必至だろう。

3月17日の段階で、これらの事態は十分に想定されたことであり、岸田内閣の対応の混乱ぶりは目に余る。

そもそも、1月時点で、ワクチン2回接種は感染防止の効果がないことが明らかになり、2回接種を条件とするV/T制度の運用を停止した。

これを再開する際に、3回接種を条件とすることに制度を変更するのは当然であり、その際に、ワクチン接種を受けていない人に対する無料検査の期限を大幅に延長することが不可避だった。

それを3月29日まで決定できずに、4月1日を迎えることになる。

全国各地の宿泊施設で2回接種済みの市民が陰性証明を持参せずに訪れることが生じるのは火を見るより明らか。

日本の行政機構の機能不全が端的に示されている。

『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))

Black_fog01_20220330234701
https://amzn.to/3tI34WK

では、コロナパンデミックとワクチンの闇についても詳しく考察している。

ぜひご高覧賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3187号「4/1から2回接種証明無効で大混乱へ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 検事総長クビにしないなら金はやらん | トップページ | コロナワクチンが危険な理由 »

無意味な接種証明」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ