« 日本経済の黒い霧 | トップページ | 接種証明ドタキャンで県民割パニック »

2022年3月29日 (火)

検事総長クビにしないなら金はやらん

ウクライナ・ゲート問題に再び関心が集まっている。

ウクライナ・ゲート問題ではトランプ前大統領に対する弾劾裁判がまず思い浮かぶ。

トランプ大統領がウクライナに圧力をかけたことが権力濫用にあたるというのが弾劾訴追の理由だった。

しかし、この問題の拡大は両刃の剣。

バイデン現大統領が表に出してほしくないテーマなのだ。

どういうことか。

トランプ前大統領はバイデン元副大統領の不正を暴こうとした。

そのためにウクライナに圧力をかけたことが問題にされた。

トランプ大統領の弾劾決議は米国議会上院で否決された。

しかし、そもそもの発端であるバイデン元副大統領の疑惑は解明されていない。

ここにバイデン大統領にとっての「不都合な真実」がある。

すでに紹介済みだが、拓殖大学教授の名越健郎氏が2020年11月に発表した論考に、この問題が記されている。

「次男は月収500万円」バイデン父子がウクライナから破格報酬を引き出せたワケ」
https://president.jp/articles/-/40870

バイデン元副大統領はウクライナと深い関わりを持つ。

2014年の政権転覆を主導したのがバイデン-ヌーランドラインであると見られることを再三記述してきた。

詳しくは、オリバー・ストーン監督映画『ウクライナ・オン・ファイヤー』を閲覧されたく思う。

人気ブログランキングへ

名越氏は、バイデン副大統領のウクライナ訪問には、次男のハンター・バイデン氏が必ず同行してきたと指摘する。

そのハンター氏が、政権転覆直後の2014年4月、ウクライナのエネルギー最大手、ブリスマ社の取締役に就任した。

名越氏は、ハンター氏が2019年4月までの5年間、ブリスマ社の取締役を務め、非常勤ながら月5万ドル(約500万円)の報酬を受けたと記述している。

名越氏は「エネルギーの知識もないハンター氏がいかに破格の報酬を得ていたかがわかる」と記述する。

プリスマ社について名越氏は、

「ブリスマ社は脱税や資金洗浄の疑いがあり、ウクライナ検察当局が同社とオーナーのズロチェフスキー氏を捜査していた。

在ウクライナ米大使館も徹底捜査を求めており、米政府内には、ハンター氏が札付き企業の役員を務めることに批判の声があったという。」

と指摘している。

名越氏の指摘は続く。

「バイデン副大統領20155年、ポロシェンコ大統領に対し、同社を捜査していたショーキン検事総長の解任を要求した。

解任しないなら、ウクライナへの10億ドルの融資を撤回すると警告していた。

これに応じる形で、ポロシェンコ大統領は検事総長の解任を決めた。

議会も承認し、米国の融資は実行された。

検事総長は解任後、バイデン副大統領が圧力をかけてきたとメディアで告発した。」

この告発を受けてトランプ大統領がウクライナ政府に事件の捜査を求めた。

どちらが悪いかよく考える必要がある。

人気ブログランキングへ

この事実をバイデン氏自身が語っている貴重なYoutube動画を読者が教えてくれた。

極めて貴重な動画映像である。

もちろん、直ちに削除される可能性が高い。

直ちに、合法的に動画を保存されることを推奨する。

発言の字幕を文字起こししたのでよく読んでいただきたい。

「バイデンが一番削除したい動画の一つ」
https://bit.ly/3wJ6IS7

「ウクライナへの融資保証をするために、
関係者を説得しに足を運んだよ

キエフを訪問するのは12~13度目だった

10億ドルの融資保証をすると発表する予定だった

ポロシェンコ大統領とヤツェニュク首相は
検事総長を解任すると約束したのに、
実行していなかったんだ

彼らはそのまま記者会見に臨もうとしていた

私は
「それなら10億ドルはやらないぞ」
と言った

すると彼らは「あなたにそんな権限はない、
大統領ではないのだから」と言った

私は、「じゃあ大統領に電話してみろ、
10億ドルはやらないと言っているんだ」と言った

そして
「私はあと6時間で出発するからな」
と念押しした

「検事総長をくびにしないなら金はやらん」とね

案の定、あのクソ野郎はクビになった

そして、
代わりにマシな人間を任命したのさ」

ウクライナ問題にも詳しく解説している

『日本経済の黒い霧
 ウクライナ戦乱と資源価格インフレ
 修羅場を迎える国際金融市場』
(ビジネス社、1870円(消費税込み))
Black_fog01_20220329210301

https://amzn.to/3tI34WK

をぜひご高覧賜りたい(発売は4月1日)。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3186号「バイデン大統領の不都合な真実」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 日本経済の黒い霧 | トップページ | 接種証明ドタキャンで県民割パニック »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ