« ウクライナ戦乱:三つの留意点 | トップページ | ウクライナの国際法違反行為 »

2022年3月22日 (火)

ワクパス検査自己負担は憲法違反

市民の旅行に際して政府が利益を供与する政策が再開された。

「県民割」等の都道府県等が実施する旅行等に対する割引措置。

この利益供与提供に際して条件が設定されている。

その条件とは、ワクチン接種証明の提示または陰性証明の提示。

ただし、接種証明はワクチンの2回接種済の証明書。

陰性証明はPCR検査なら有効期限は3日、抗原検査なら有効期限は1日とされている。

健康被害等を懸念してワクチンを接種していない場合、PCR検査、抗原検査の費用は公費負担になる。

こうした利益供与策が始動された。

重大な問題点が二つある。

第一は、オミクロン株感染拡大により、ワクチン2回接種が感染防止の意味を持たないことから接種証明の運用を停止した経緯があり、この問題との関係が明らかにされていない。

接種証明制度の運用を停止したのは、ワクチンを2回接種しても感染しないことにはならないことが明らかになったため。

ワクチン接種していても感染するし、したがって、他者を感染させる。

ワクチン接種は感染防止上の強い効果を持たないことが明らかになった。

このために、接種証明活用を停止した。

この状況に何らかの変化があったのか。

変化は何も報告されていない。

人気ブログランキングへ

政府は接種証明が感染防止上の効果がないことから、「全員検査制度」を始動させた。

この措置には一定の合理性がある。

接種証明は感染防止上の効果を持たないが、全員に対して陰性証明の提示を求めるなら、感染防止上の効果を確保できるからだ。

しかし、この場合、全員が毎回検査を受ける必要が生じる。

費用と手間が膨大になる。

しかし、意味のない接種証明を利用することよりは合理的だ。

現在、新規陽性者数が減少に転じているが、水準は極めて高い。

この状況下で旅行などを推進する施策が実施された。

しかし、感染の中心はオミクロン株である。

この状況下で、ワクチン2回の接種証明で利益供与する根拠がない。

オミクロン株ではワクチン2回接種の意味がないためにワクチン検査パッケージの運用を停止した。

その状況が変わっていないのに、2回接種証明で利益供与を行うことは論理の破綻。

第二の問題は、無料検査の期限を3月31日としていること。

県民割等の施策は3月22日から4月28日を適用期間としている。

4月1日から4月28日の間の検査費用はどうなるのか。

人気ブログランキングへ

新型コロナワクチン接種を実施するために予防接種法の改定が行われた。

その際に衆参両院で付帯決議が採択されている。

付帯決議には

「新型コロナウイルスワクチンを接種していない者に対して、差別、いじめ、職場や学校等における不利益取扱い等は決して許されるものではないことを広報等により周知徹底するなど必要な対応を行うこと。」

が明記された。

職場や学校等における不利益取扱い等の前に、憲法が定める「法の下の平等」がある。

ワクチンを接種していない者に対する行政上の不利益取扱いが許されないことは言うまでもない。

岸田内閣はワクチン検査パッケージの運用を停止したあと、一切の説明をせずにワクチン検査パッケージの運用再開を強行した。

科学的知見、合理的説明が皆無。

反知性主義を押し通す姿勢は言語道断だ。

その上、ワクチン非接種者に対する不当な「法の下の不平等」を放置する姿勢を示している。

諸外国では接種証明制度そのものを廃止する動きが加速している。

フランスが3月14日からワクチンパスポート制度を基本的に廃止した。

https://bit.ly/3qpPGEC

米国のNY市も3月7日からワクチンパスポート制度を廃止した。

https://bit.ly/3Ismp2b

韓国も3月1日から防疫パス制度を廃止した。

https://bit.ly/3NeaBEy

英国は人権侵害を防ぐためにワクチンパスポート制度の導入を当初から見送っている。

日本のワクチン検査パッケージ制度復活は反知性主義を象徴するとともに、ワクチン非接種者へのいやがらせ措置であるとともに重大な憲法違反措置になっている。

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3180号「意味なし接種証明廃止が世界の趨勢」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« ウクライナ戦乱:三つの留意点 | トップページ | ウクライナの国際法違反行為 »

無意味な接種証明」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ