« ワクパス検査自己負担は憲法違反 | トップページ | V/T制度が未接種者への不当な差別 »

2022年3月23日 (水)

ウクライナの国際法違反行為

ウクライナ紛争で最優先されるべき課題は停戦の即時実現。

停戦を実現する際に基準とするべきはミンスク合意である。

ミンスク合意2は2015年2月に締結されている。

ミンスク合意2は国連安保理で決議されており、国際法の地位を獲得している。

2014年の政権転覆騒乱に際してウクライナ内部で内戦が発生した。

ウクライナ政府とドネツク・ルガンスク両地域との間で戦乱が勃発した。

ミンスク合意は停戦を実現するために調印されたもので、2015年2月のミンスク2は調印各国が広く認めた、拘束力のある、ウクライナ問題解決のための基礎的な政治文書である。

同時に、ミンスク2は国連安保理決議第2202号によって承認されており、関係各国が全面的かつ実効性ある履行をするべきもの。

合意は、停戦の実現、人質の解放、捕虜の交換などとともに、ドネツク、ルガンスク両州の親ロシア勢力支配地域への強い自治権付与を定めた。

このミンスク合意2が履行されていれば、今回のウクライナ戦乱は発生していない。

2019年に大統領に就任したゼレンスキー氏は東部の紛争解決を公約に掲げた。

東部問題を解決することはミンスク合意の履行と同義である。

ゼレンスキー大統領がミンスク合意を誠実に履行していれば戦乱を招くことはなかった。

ロシアが紛争の解決のために武力を行使したことは批難されねばならない。

人気ブログランキングへ

しかし、問題発生の根本原因にゼレンスキー大統領の行動があったことを見落とすことはできない。

ウクライナ戦乱が勃発した直接の原因は、ウクライナのゼレンスキー大統領が2021年に入って「ミンスク2を履行しない」方針を明示したことにある。

2021年は米国のバイデン政権発足の年。

バイデン政権発足と同時にウクライナの対ロシア軍事対決路線が鮮明になった。

ゼレンスキー大統領は2021年3月25日に「軍事安全保障戦略」を承認する大統領令を発出した。

「軍事安全保障戦略」には、

「ロシア連邦との地政学的対決において、国際社会がウクライナを政治的、経済的、軍事的に支援することを求める」ことが明記された。

同時に、優先順位の高い項目として「ウクライナのNATOへの完全加盟」も明記された。

さらに、ゼレンスキー大統領は2021年9月に、クリミアの「脱占領と再統合」のための戦略を実施するための行動計画を承認した。

行動計画は軍事的手段も含めてクリミアを奪還する方針を明示するものだった。

ミンスク合意を履行してロシアとの和平を確立するのではなく、ミンスク合意を粉砕して、軍事力によってロシアと対抗する路線を明確に示したのである。

このなかで、ゼレンスキー大統領はドンバス地方奪還に向けて、2021年4月にトルコから購入した軍事用ドローンをドンバス地方での偵察飛行に利用。

さらに、2021年10月末にこのドローンを用いてドネツク州都市近郊で分離独立派組織の榴弾砲を爆破した。

人気ブログランキングへ

ミンスク合意履行による和平実現という国際法の規定を踏みにじり、対ロシア軍事行動を強めてきたのがゼレンスキー大統領である。

このウクライナの姿勢を主導したと見られるのが2021年1月に発足した米国のバイデン政権。

ロシアを挑発し、ロシアが軍事行動に踏み切れば、ロシアを悪の帝国として宣伝することができる。

その上で、ウクライナ戦乱を長期化させ、ミンスク合意を破棄してウクライナ全土をロシアから奪取することも目論まれている可能性がある。

ゼレンスキー大統領の最大支援者はウクライナのオリガルヒであるコロモイスキー氏。

コロモイスキー氏が所有するテレビ局が2015年10月にゼレンスキー氏主役の政治ドラマ「国民のしもべ」の放送を開始した。

コロモイスキー氏は前大統領のポロシェンコ氏と緊密で、ウクライナのドニエプロペトロフスク州知事に任命されたが、エネルギー企業不祥事を契機にポロシェンコ大統領と決裂した。

これを契機に「国民のしもべ」放送が始動された。

コロモイスキー氏によるゼレンスキー氏大統領選出計画が始動したと見られる。

同時に、コロモイスキー氏がウクライナのネオナチ勢力の主要支援者である点も見落とせない。

コロモイスキー氏が支援する極右組織のアゾフ大隊がウクライナ正規軍に組み入れられ、極右組織ライト・セクターのドミトリー・ヤロシ氏がゼレンスキー大統領の下でウクライナ軍総司令官顧問に任命されたことをヤロシ氏が明らかにしている。

東部地区でウクライナ政府軍が停戦協定を無視して軍事行動を実施した主力部隊が、ゼレンスキー氏が指揮する極右勢力であることも見落とせない。

ロシアのプーチン大統領が悪魔でウクライナのゼレンスキー大統領が正義のヒーローというのは、西側メディアが流布するプロパガンダであることに注意が必要だ。

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3181号「戦乱誘導拡大指向のゼレンスキー」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« ワクパス検査自己負担は憲法違反 | トップページ | V/T制度が未接種者への不当な差別 »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ