« 戦争を賛美するNHK報道の危うさ | トップページ | ミンスク合意に回帰すること重要性 »

2022年3月13日 (日)

ウクライナ政府とネオナチの関係

ウクライナ問題を理解するための基礎情報を提供してくれるのがオリバー・ストーン監督のドキュメンタリー映画『ウクライナ・オン・ファイヤー』

「ウクライナ・オン・ファイヤー」でウェブ検索していただければ、日本語字幕付き動画を視聴できる。

検索エンジンは「ウクライナ・オン・ファイヤー」を上位に表示しない特別のアルゴリズムを用いている。

「ウクライナ・オン・ファイヤー」の代わりに「ウインター・オン・ファイヤー」が表示されるので注意いただきたい。

「ウクライナ・オン・ファイヤー」は支配勢力が見せたくない映画。

だからこそ見る必要がある。

謀略工作のために必要な三つの要素がある。

カネとメディアとテクニック。

この三つを活用して人々を洗脳する。

ネオコンの代表的論客であるロバート・ケーガンは

「最近のアメリカはハードパワー以外の方法で問題に対処することがたくさんあると思う」

と述べる。

これが「カネとメディアとテクニック」。

ロバート・パリー氏は、ワシントンDCを拠点とする調査報道記者でConsortiumnewsの創設。

1980年のイラン・コントラ事件を暴露した気骨ある記者として知られている。

人気ブログランキングへ

パリー氏は次のように述べる。

「ネオコンが、一国の指導者を悪者にできるようになりました。

それがアメリカ人の心を掴むのです。

だから政策を競うのではなく、リーダーを攻撃するのです。」

「J・マケイン「あなたは、プーチンがロシア帝国を復活させたいと思っている古いタイプのKGB大佐であることを知っていますか?」と語る。

彼らを悪魔に仕立て上げ、アメリカ国民にそう思い込ませんる。

そうなると、ジャーナリストや他の人たちが「一体どうなってるんだ?」と疑問の声を上げても、難しくなる。

例えば彼は黒の帽子でも白の帽子でもなくグレーの帽子を持っていると、少しでも疑問の声をあげると、途端にヤヌコービッチの擁護者、プーチンの擁護者だと思われる。

疑問を持って発言したジャーナリストや学者やその他の誰かに対して攻撃してきます。」

今回のウクライナ紛争後の発言ではない。

2014年のウクライナ暴力革命後の発言だ。

ウクライナ西部のガルシア地方はナチスドイツの占領下に置かれた。

このとき、ウクライナ民族主義者の同盟であるOUN(ウクライナ民族主義者組織)出身者がナチスドイツに加担してユダヤ人大虐殺を行っている。

1929年に創設されたOUNの旗は「黒と赤」。

大地と血である。

人気ブログランキングへ

アメリカの諜報機関はソ連に対する防諜活動としてウクライナの民族主義組織を注意深く見守り、保護した。

CIAはOUN治安部隊の犯罪行為を免責し、欧州に逃げた彼らを保護した。

このウクライナ民族主義者はCIAの庇護によって生き延び、現在につながっている。

GHQは日本で実験データの提供と引き換えに731部隊の戦争犯罪を免責している。

OUNを淵源とする極右国粋主義勢力が現在のウクライナ軍のなかに正規軍として取り込まれている。

ウクライナでの暴力革命が遂行された2014年、ウクライナ南部マリウポリで「アゾフ」大隊が創設された。

現在のアゾフはウクライナ内務省管轄の準軍事組織である国家親衛隊に所属する部隊になっている。

日本の公安調査庁は、アゾフについて、2014年の親ロシア勢力によるドンバス占領を受けて「ウクライナの愛国者」を自称するネオナチ組織が結成した部隊であるとしている。

アゾフは白人至上主義、ネオナチを起源の一つにしていると考えられている。

英メディアBBCはアゾフ創設者が人種差別・反ユダヤ主義と繋がりがあると紹介している。

アゾフはナチスドイツの象徴であるハーケンクロイツの旗を掲げ、シュバルツェ・ゾンネ(黒い太陽)を公式ロゴとしている。

3月8日の国際女性デーにNATOが公式ツイッターにアップした画像のウクライナ女性民兵の胸にこのシュバルツェ・ゾンネの紀章が写り込んでいた。

Photo_20220313014901
Ukraine
アゾフ大隊は米国カリフォルニア州の白人至上主義の右翼団体などとの交流もある。

「カネ・メディア・テクニック」による「ソフト・パワー」によって多くの市民が洗脳されているが、ウクライナ=正義、ロシア=悪魔という単純図式で理解することは危険である。

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3173号「ゼレンスキーは正義のヒーローか」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 戦争を賛美するNHK報道の危うさ | トップページ | ミンスク合意に回帰すること重要性 »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ