« ミンスク合意に回帰すること重要性 | トップページ | ヒーローと呼べないゼレンスキー »

2022年3月15日 (火)

戦乱発生を歓迎する勢力

戦乱の発生を歓迎する勢力が存在する。

軍産複合体だ。

軍産複合体にとって戦乱は生命線。

10年に一度のペースで戦乱が発生しなければ産業を維持することができない。

軍産複合体の経営基盤を支えるのは政府による軍事支出。

戦乱がなければ軍事予算は削減される。

軍事予算を維持するには戦乱の発生が必要不可欠である。

現代の戦争は必然によって生じない。

現代の戦争は必要によって生じる。

こう述べてきた。

ウクライナの紛争も米国サイドの誘導によって生じた側面がある。

ウクライナがミンスク合意を誠実に履行していれば戦乱は発生していないと考えられる。

ミンスク合意のカギはウクライナ政府が東部2地域に自治権を付与すること。

これはウクライナ政府にしかできないこと。

しかし、ウクライナのゼレンスキー大統領はミンスク合意を破壊した。

合意を制定した当事者である東部2地域代表者を「テロリスト」と公言して交渉のテーブルにつくことさえ拒絶した。

人気ブログランキングへ

逆に、ゼレンスキー大統領はロシアに軍事的に対抗するための軍事力強化の方針を打ち出し、ウクライナのNATO加盟を全面的に推進する姿勢を示した。

この方針が鮮明になったのは2021年3月。

背景に米国のバイデン政権の発足がある。

このバイデン政権で国務次官に起用されたのがヌーランド。

ゼレンスキー大統領が2021年3月25日に承認した「軍事安全保障戦略」には、

「ロシア連邦との地政学的対決において、国際社会がウクライナを政治的、経済的、軍事的に支援すること」

を求めると同時に、

優先順位の高い項目として、「ウクライナのNATOへの完全加盟」を明記した。

さらに、2021年9月には、クリミアの「脱占領と再統合」のための戦略を実施するための行動計画を承認し、軍事的手段も含めてクリミアを奪還する方針を明示した。

つまり、ロシアではなくウクライナがミンスク合意を廃棄して、ロシアと軍事対決する姿勢を鮮明に示していたのである。

それでも、現代の国際社会においては先に手を出した方が負けになる。

この意味で、ロシアの行動は問題にされなければならない。

ただし、このとき、もう一つ見落とせない問題がある。

人気ブログランキングへ

2003年のイラク戦争だ。

イラク戦争は米国が「イラクが大量破壊兵器を開発している」として引き起こした戦争。

国連は戦争に至る前のプロセスを重視し、米国の軍事行動を承認していない。

このなかで、米国が手を出した。

イラクに対する全面戦争を遂行した。

しかし、戦争後、イラクから大量破壊兵器は発見されなかった。

米国による侵略戦争であったと評価できる。

そのイラクで民間人が数十万人単位で犠牲になった。

ウクライナの被害をはるかに上回る被害が生み出された。

問題はメディアがこの事実をどのように伝えたのかである。

現在のウクライナ問題と比較して、イラク戦争の報道はまったく異なる。

イラク市民の立場から戦争被害を伝える報道は皆無に近かった。

つまり、メディアの報道は米国の立場からのものなのだ。

現在の紛争において最大のパワーを発揮しているのが「ソフトパワー」=情報戦である。

このなかで、私たちに新鮮な視点を提供してくれているのが、オリバー・ストーン監督の

『ウクライナ・オン・ファイヤー』。

この映画に登場する米国の気骨のジャーナリストであるロバート・パリ―氏が重要な指摘を示す。

ぜひ『ウクライナ・オン・ファイヤー』をじっくりと視聴していただきたく思う。

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3175号「原発リスクを浮き彫りにする戦乱」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« ミンスク合意に回帰すること重要性 | トップページ | ヒーローと呼べないゼレンスキー »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ