« 連合党に堕した立民の前途多難 | トップページ | 人権と民主主義の機能不全 »

2022年2月10日 (木)

接種「努力義務」をなぜ排除したか

「北海道有志医師の会」が「子どもへのコロナワクチン接種を考える」と題する動画を配信されている。

https://vimeo.com/673441084

紹介くださったのは「食政策センタービジョン21」を主宰されている安田節子氏。

「食政策センタービジョン21」は食・農・環境問題の情報発信センターで、オピニオン情報誌『いのちの講座』を発行されている。

https://www.yasudasetsuko.com/vision21/

1月26日付の本メルマガ記事
『もうワクチンはやめなさい』
https://foomii.com/00050

では、「いのちの講座」で紹介された元国立公衆衛生院疫学部感染症室長の母里啓子氏による

『もうワクチンはやめなさい』
https://amzn.to/3H3y3ke

に関する記事の一部を紹介させていただいた。

「いのちの講座」が掲載した記事は下記サイトからの転載。

ぜひご高覧賜りたい。

https://bit.ly/3KHy8fz

記事のなかに次の記述がある。

人気ブログランキングへ

「ワクチンが原因で 撲滅された病気は 一つもないと分かります。

上下水道、公衆衛生、栄養補給の向上で、伝染病が100年前から急激に減少する。

豪、米、英、加、のグラフにみんな同様の傾向がある。

そこへ、ワクチンが世界中に普及する。

すると、こうした疫病が増加傾向になった。

従って、ワクチンは 免疫系を痛め、実は 問題の(病気の)原因になる。

これに疑いの余地がない。」

私は新型コロナワクチンに関するリスクを強く訴えてきた。

世間ではワクチンのメリットだけが強調されているが、ワクチンには重大なリスクが付随する。

とりわけ、日本で利用されている新型コロナワクチンは従来のワクチンとはまったく異なる新種の遺伝子ワクチンである。

特例承認によって使用されているが、本来必要な長期間にわたる治験が完了していない。

つまり、長期的な安全性が十分に確認されていないのだ。

私はワクチンに関して事実以外の記述をしてきていない。

客観的な事実がワクチンの危険性を示唆しているので、その事実を伝えてきた。

厚労省は過去の政策失敗の教訓から「薬害根絶の誓い」を立てた。

しかし、その「薬害根絶の誓い」を無視しているとしか考えられない。

ワクチンについて中立・公正な評価が強く求められている。

人気ブログランキングへ

政府は小児のワクチン接種について「接種義務」の位置付けをしない方針を固めたと伝えられている。

当然の対応。

オミクロン株への有効性がたしかでないのは小児に対してだけでないのだから、成人の「接種義務」表記も取り除くべきだ。

10代以下の若年層でのコロナ死は3名、重篤化者は6名。

これに対して、ワクチン接種後の死者は6名で、重篤化者は387人に達している。

コロナのリスクよりもワクチンのリスクがはるかに大きい。

しかも、厚労省が公表している「副反応疑い」は全数でない。

医師が「副反応疑い」として報告した事例に限られている。

新潟大学名誉教授の岡田正彦氏はワクチン接種から4時間以内の事例だけが報告の対象になっていると指摘されている。

ワクチン接種後2週間以内の問題を全数報告させなければワクチン副作用の全容を解明することはできないだろう。

氷山の一角とも言える「副反応疑い」だけでも多数の重篤化者、死者が報告されている。

ワクチン推進者はコロナに感染して重篤化する場合と比較してワクチン接種にメリットがあるとするが、そもそも、全人口のなかで感染する人の比率は高くない。

最近の感染急増で感染者が累計300万人を超えたが、それでも日本の全人口の3%にも満たない。

コロナに関するデータを全面的に開示して、コロナの適正なリスク評価を行うべきだ。

ワクチンについては、極力接種を控えることが賢明であると私は判断する。

子どもだけではない。

成人の国民もワクチン接種を慎重に考えるべきである。

鳩山友紀夫元首相との対談(アジア共同体研究所主宰YouTube動画「UIチャンネル」)
https://bit.ly/39BTgmd

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3149号「ワクチンリスクを真剣に見つめる」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 連合党に堕した立民の前途多難 | トップページ | 人権と民主主義の機能不全 »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ