« 原発推進の片棒担ぐ民主転向組 | トップページ | HIS関連GoTo不正事件捜査の遅延 »

2022年2月 4日 (金)

立民が主権者支持を失った理由

選挙イヤーの2022年。

緒戦の名護市長選ではオール沖縄陣営が敗北を喫した。

7月には参議院議員通常選挙があり、9月頃には沖縄県知事選が実施される。

野党陣営弱体化の主因は中核野党の変節にある。

2017年10月の衆院総選挙。

「希望の党」が創設された。

安倍内閣を打倒するための野党結集を目的としたのなら意義があった。

旧民進党からの衣替えだった。

ところが、希望の党は安保法制への対応で踏み絵を実行。

野党結集ではなく野党分断に動いた。

これを契機に旧民進党が希望の党と立憲民主党に分裂した。

結局、旧民進党は立憲民主党と国民民主党に分裂した。

「安保法制=戦争法制」を容認するかどうかで線が引かれたのであり、自公寄りの「守旧路線」か「改革路線」かの選択で二つの勢力に分かれたことになる。

選挙では「改革路線」を明示した立憲民主党が主権者の支持を集めた。

共産党が立憲民主党候補者を支援したことも大きかった。

「水と油の混合体」である旧民進党が基本政策の相違を基軸に分裂・分離したことはかねてより望まれていたことだった。

人気ブログランキングへ

その後、立憲民主党は伸長し、国民民主党は停滞した。

理由は日本の主権者多数が「改革路線」を支持したことにある。

自公政治の基本路線を転換すること。

戦争法制推進から戦争法制廃止へ。

原発推進から原発廃止へ。

弱肉強食推進から共生重視へ。

この「改革路線」を掲げる主権者が多数存在し、この主権者が「改革勢力」を支援した。

2021年の衆院選は日本政治刷新のチャンスだった。

自公政治打倒を掲げて「改革勢力」が結集して総選挙を戦えば、政権奪取も不可能ではなかった。

ところが、立憲民主党があいまい路線に回帰して迷走した。

枝野幸男氏は共産党との共闘を否定する発言を繰り返した。

「連合」は共産党攻撃を激化し、枝野幸男氏は連合の論調に阿った。

「立憲民主党」が「隠れ自公勢力」に転向するなら、2017年の「希望の党」と変わりがなくなる。

変節した立憲民主党を見限る主権者が続出した。

このために立憲民主党が主権者の支持を一気に失った。

2017年総選挙と2021年総選挙の各党得票率(対全有権者数比)は以下の通り。

人気ブログランキングへ

       2017年 2021年
自民     17.9%  19.4%
希望+立民  20.0% 
立民+国民         13.7%
維新      3.3%   7.8%
共産      4.2%   4.1%

「希望+立民」=「立民+国民」が得票率を20.0%から13.7%に急落させた。

立民が「隠れ与党」勢力に転向すると、中核野党が不在になる。

これが現状だ。

米国の支配勢力は「維新+国民+都民」+「立民有志」で「第二自公」を創設しようとしている。

自公と第二自公による二大政治勢力体制を構築しようとしている。

これが形成されると憲法改定が強行される。

「緊急事態条項」が創設され、独裁政治の基盤が形成される。

日本政治はいま危機に直面している。

新たに中核野党を構築することが急務。

2017年に立憲民主党が創設されるに至った経緯が完全に忘れ去られている。

立憲民主党の原点は「守旧勢力」からの「改革勢力」分離にあった。

その立憲民主党が「守旧勢力」に回帰してしまったのではお話にならない。

改革野党の再建が喫緊の課題である。

鳩山友紀夫元首相との対談(アジア共同体研究所主宰YouTube動画「UIチャンネル」)
https://bit.ly/39BTgmd

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3144号「立民に代わる中核野党が必要」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 原発推進の片棒担ぐ民主転向組 | トップページ | HIS関連GoTo不正事件捜査の遅延 »

2022年政治決戦」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ