« 拡大する渡具知名護市長落選運動 | トップページ | 資本主義対民主主義 »

2022年1月11日 (火)

放送不正を擁護する辛坊治郎氏

TBS番組「アイ・アム・冒険少年」で偽装があったのではないかと週刊文春が伝えている。

番組で「スタッフによる補助がある」、「資材の持ち込みがあった」などの記載があれば「虚偽」にならないが、「自力で無人島から脱出」、「資材の持ち込みなし」と謳っているなら「虚偽」になる。

2022年のキーワードはMediaControl。

メディアの偽装を洞察することが重要になる。

メディアの不正を暴くことも重要になる。

虚偽放送は放送倫理違反に該当する。

世界的に珍しい昆虫を自力で捕獲したように放送したが、実際にはスタッフが仕込んだものだった。

民族の珍しい風習と伝えて放送したが、実際はスタッフが創作したイベントだった。

報道をめぐる不祥事はあとを絶たない。

今回問題とされている事案も、放送内で事実を表記していれば問題はないが、虚偽の放送をしたものであれば放送倫理違反に抵触する可能性が高い。

より重大な問題は放送に関わる関係者が虚偽放送を擁護していること。

辛坊治郎氏がラジオ放送で

「いまの視聴者は賢くなっていて『まあ、そうだろう』という受け止め方が大半では」

と発言したと報じられている。

https://bit.ly/3f7p5G6

人気ブログランキングへ

視聴者の受け止め方はさまざまだろう。

現在のマスメディアの腐敗ぶりを知っている市民はメディアに対する強い不信を有しているからメディアの虚偽を洞察する力を備えているだろう。

しかし、問題の本質はそんなところにない。

メディアが虚偽放送を行うことの是非が問われている。

市民がメディアの不正を見抜くかどうかとメディアの不正を是とするかどうかはまったく別次元の問題。

市民が虚偽放送を見抜くことをもってメディアの不正を許容するのは完全な問題のすり替えだ。

さすがに偏向報道の指揮を執ってきた人物だけのことはある。

こうした人物の跋扈を許しているところに日本のマスメディアの堕落が象徴されている。

これを噴飯ものという。

虚偽の内容があるなら、番組の冒頭または末尾、あるいは双方に

「本番組の内容はあくまでもフィクションで実在のものではありません」

のテロップを入れるべきだ。

その断りがあれば「過剰演出」、「虚偽放送」にはならない。

同じ番組に出演したハリセンボンの場面では「資材持ち込み」のテロップが付され、あばれる君の場面にはテロップが付されていないのだから、偽装の意図は明白と言える。

人気ブログランキングへ

放送倫理・番組向上機構(BPO)は

「放送倫理検証委員会とは」と題して次のように記載している。

https://bit.ly/34CAFqZ

「問題があると指摘された番組について、取材・制作のあり方や番組内容について調査。放送倫理上の問題の有無を、審議・審理し、その結果を公表します。

※「放送倫理上問題がある」と指摘された番組は審議、「内容の一部に虚偽がある」と指摘された番組は「審理」」

「目的」として次のように明記する。

「放送界の自浄機能を確立し、視聴者に信頼される放送を維持すると共に、表現の自由を守ることを目的とします。」

「放送倫理を高め、放送番組の質を向上させる」

マスメディアは強い影響力を持つ。

とりわけ、全国放送のテレビ放送の影響力は大きい。

それだけに、放送に携わる者の倫理観は重要だ。

それにもかかわらず、放送に携わる者が虚偽放送を擁護し、肯定するのでは話にならない。

自浄機能が確立されるわけがない。

このような人物を起用する放送会社の姿勢が問われることになる。

NHKの報道番組でも五輪開催反対デモに関する放送で不適切な対応があったことが判明している。

メディア不正を放置するなら不正なMediaControlも放置されることになる。

鳩山友紀夫元首相との対談(アジア共同体研究所主宰YouTube動画「UIチャンネル」)
https://bit.ly/39BTgmd

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3125号「懸念される三大メディア印象操作」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 拡大する渡具知名護市長落選運動 | トップページ | 資本主義対民主主義 »

偏向報道(2)」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ