« 野党退潮ゆ党伸長がもたらす危機 | トップページ | ワクチンと温暖化仮説 »

2022年1月 1日 (土)

コロナ脅威論からワクチン脅威論へ

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

昨年は格別のご高配を賜りまして誠にありがとうございました。

引き続き本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

寒さ厳しきなかに新春を迎えた。

佳き一年になるよう祈念申し上げる。

コロナ騒動勃発から3年目の新春を迎えた。

デルタ株に続きオミクロン株が感染拡大をもたらしている。

DELTAとOMICRONのアルファベットを並べ替えると

MEDIA CONTROL になるのは単なる偶然と考えられない。

コロナウイルスは変異を重ねるごとに感染力を高める一方、毒性を切り下げてゆくと思われる。

2021年はコロナウイルスの脅威が漸減する方向に向かうだろう。

その一方でワクチンの副作用に対する警戒が高まるのではないか。

ワクチン接種後の急死者数が多数報告されている。

しかし、これは氷山の一角。

ワクチン接種後の一定期間内に死亡した全数の報告義務がない。

報告されているのはあくまでも「副反応疑い」とされた者だけ。

報告されていない接種後急死者が多数存在すると見られる。

接種後重篤化者も極めて多い。

人気ブログランキングへ

中日新聞が1面で接種後急死者の多さを初めて取り上げた。

厚労省は

「「ワクチンを接種した後に亡くなった」ということは、「ワクチンが原因で亡くなった」ということではありません。」

とするが、詐欺まがいの説明。

ワクチン接種後の急死は次の三つに分類される。

1.ワクチンが原因で亡くなった

2.ワクチンが原因で亡くなったのではない。

3.亡くなった原因は判明していない。

厚労省の説明は「1ではない」というもの。

つまり、「2か3である」ことを「1ではない」と言っている。

しかし、Q&Aを読む国民の多くは、

2.ワクチンが原因で亡くなったのではない。

と勘違いしてしまう。

実は、勘違いを狙って、上記の表現が取られていると考えられる。

実際に1から3のなかのどれに該当するのかと言えば3である。

したがって、本来はQ&AのAに

「亡くなった原因は判明していない」

と表記するのが適正である。

人気ブログランキングへ

2022年にはワクチンリスクに関する多くの事実と情報が明らかにされる可能性が高い。

岸田内閣は「ワクチン・検査パッケージ」の運用を開始しようとしているが、「ワクチン接種」はほとんど意味がなくなっている。

オミクロン株感染において、「ワクチン接種の有無」がほぼ無関係であることが明らかになりつつある。

オミクロン株感染者を分析して、ワクチン接種の有無で有意な差が確認できるかどうかを検証する必要がある。

ワクチン接種の有無による有意な差が確認されないのではないか。

そうなると、感染防止を図るには「陰性証明」しか有効でないということになる。

ワクチン接種をしても「陰性証明」がなければ感染拡大防止には有効でないということになるだろう。

厚労省は改めて「薬害根絶の誓い」の原点に立ち帰るべきだ。

ワクチンを推奨する関係者の多くに製薬企業マネーが注がれている。

この事実も一部で開示が始まっている。

多くの関係者が単なる「カネの亡者」であるという事実が浮かび上がることになるだろう。

2022年はコロナウイルスそのものよりもワクチンに焦点の当たる年になると考えらえる。

鳩山友紀夫元首相との対談(アジア共同体研究所主宰YouTube動画「UIチャンネル」)
https://bit.ly/39BTgmd

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3118号「「まずは成長」から「まずは分配」へ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 野党退潮ゆ党伸長がもたらす危機 | トップページ | ワクチンと温暖化仮説 »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ