« 与党とゆ党馴れ合い政治に"喝" | トップページ | 「政治とカネ」核心は政策活動費 »

2021年12月10日 (金)

メディア・コントロールの闇

WHOは新型コロナ変異株を区分する際にギリシャ文字を用いている。

地名での表現が差別を生み出す危険に配慮したものだという。

オミクロン株指定までに12の文字が用いられてきた。

α(アルファ)からμ(ミュー)までの文字が用いられてきた。

Photo_20211210145701
順序に従えば次は、ν(ニュー)、ξ(クサイ)になるが、これを飛ばしてο(オミクロン)が用いられた。

これまでのコロナ感染でもっとも感染を拡大させたのがデルタ株。

これに対して、オミクロン株はデルタ株よりも感染力が強いとされている。

デルタ株とオミクロン株が新型コロナ変異株を代表する懸念するべき変異株。

デルタの英字表記はDELTA。

オミクロンの英字表記はOMICRON。

この二つの単語のアルファベットを置き換えると

MEDIA CONTROL

になる。

Photo_20211210145801
このことを知人が知らせてくれた。

出来過ぎた偶然なのか。

犯罪捜査でサイン=署名行為と呼ばれるのは犯罪者が犯行を誇示するために痕跡を残すこと。

ワクチンのキーワードはたしかにメディア・コントロールだ。

人気ブログランキングへ

メディア・コントロールといえば

『メディア・コントロール
 ―正義なき民主主義と国際社会』
(ノーム・チョムスキー著、鈴木主税訳、
 集英社新書)
https://amzn.to/3pPZxma

がよく知られる。

作家・辺見庸氏によるロング・インタビュー「根源的な反戦・平和を語る」を収録する上掲書についてAmazonは次の紹介文を掲載する。

「事実の厳正をどこまでも求めてやまない勇気と情熱には、畏怖の念すら覚えた」ーー作家・辺見庸氏

現代政治におけるメディアの役割に目を向ければ、自分たちの住む世界が見えてくる。

二〇世紀初めから現在まで、支配層が大衆の目から真実を隠す手法は、巧妙に構築されてきた。

米国の強圧的な外交政策、テロや戦争の実態とは?

世界の真の姿を知るためには、それに気づかなければならない。

事実をもとに現代社会を理解することをわかりやすく論じた「メディア・コントロール」、

9・11を受け、公正なジャーナリズムとは何かを論じた「火星から来たジャーナリスト」

の二編に加え、チョムスキーの考え方のエッセンスを伝える。」

人気ブログランキングへ

オミクロン株についてモデルナCEOが「有効性がはるかに弱くなる」と述べた。

ファイザー社製ワクチンについてもオミクロン株への有効性が低下することが公表された。

ところが、両者ともに3回接種で有効性を確保できると喧伝している。

そもそもワクチンブームのきっかけは昨年末のファイザー社製ワクチン有効率95%情報発表だった。

しかし、この検証結果には多くの疑義が提示されている。

新潟大学名誉教授の岡田正彦氏が

『大丈夫か、新型ワクチン:見えてきたコロナワクチンの実態』
(花伝社、本体1200円)
https://amzn.to/38hMWj9

で詳しい解説を提示された。

1回接種の効果が低く、2回接種で効果が上がる検証結果を提示するが、1回目接種から1週間経過前の発症をカウントしている。

これを除外すると1回接種でも効果に差がないことになる。

検証自体がワクチン販促の意向を強く受けたものであるとの疑いが残ることを岡田氏は示唆している。

ワクチンを否定する情報がインターネット上で抑圧されている。

youtube、メタ、ツイッター等での言論統制が野放しにされている。

ワクチンに関しては見落とせない新たな事実も浮かび上がっている。

鳩山友紀夫元首相との対談(アジア共同体研究所主宰YouTube動画「UIチャンネル」)
https://bit.ly/39BTgmd

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3100号「2021年超過死亡激増主因は何か」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 与党とゆ党馴れ合い政治に"喝" | トップページ | 「政治とカネ」核心は政策活動費 »

新型コロナワクチンは危険?」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ