« 共産含む野党共闘威力を知らしめる | トップページ | 野党共闘牽引する共産党を支援 »

2021年10月23日 (土)

ワクチン検査パッケージの支離滅裂

「ワクチン・検査パッケージ」の活用が人権侵害をもたらす可能性について十分な国会審議が求められる。

各種行動制限緩和、政府による国民に対する利益供与の条件として

「ワクチン接種証明または陰性証明」

を利用することが検討されている。

感染を拡大させないことが目的だという。

この制度の導入が「感染を拡大させないため」のものであるとするなら、論理的に正しくない。

なぜなら、ワクチン接種を受けても

他者を感染させる

ことを排除できないからだ。

これに対して「陰性証明」であるなら、他者を感染させる可能性は低いと考えられる。

したがって、「ワクチン接種証明」は意味がない。

国立感染症研究所による9月5日付発表は、新型コロナワクチンのデルタ株への有効性について、

「発症と感染に対して減弱の可能性があるものの、重症化に対しては不変」

としている。

https://bit.ly/3GcVqru

発症と感染を減弱させる可能性があるとしているだけで、発症と感染を解消するものでない。

人気ブログランキングへ

つまり、ワクチン接種を受けていても「感染する」、「他者を感染させる」可能性が排除されない。

また、藤田医科大学が2021年8月25日に発表した調査結果について、藤田学園新型コロナ対策本部の土井洋平対策本部長は、

「(血液中のウイルスに対する抗体の量が)接種後3か月ぐらいの時点で割と急激な減衰がみられて、その後少しずつ下がっていく」

と述べている。

この傾向は、年代別や男女別で差が見られないとのこと。

ワクチン接種を受けた者がコロナウイルスに感染することを「ブレイクスルー感染」と呼ぶが、海外でも国内でもブレイクスルー感染による感染拡大が重要ニュースとして報じられてきた。

世界に先駆けてワクチン接種を進め、感染を制圧したかに見えたイスラエルではブレイクスルー感染が拡大し、2021年9月上旬には1日当たり新規感染者数が過去最悪を記録した。

そもそも、そもそも新型コロナワクチンの効果は、

「新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果が期待されている」

とされており、感染を防ぐ効果については初期の段階から明確には掲げられていない。

つまり、ワクチン接種はコロナに感染しないことの証明にならない。

したがってワクチン接種証明を提示する者がコロナに感染していない保証はまったくない。

人気ブログランキングへ

「陰性証明」であれば、検査を受けた時点での陰性証明にはなる。

しかし、その検査も完全でない。

感染していても検査で陰性とされてしまうこともあるからだ。

それでも、「陰性証明」は「接種証明」よりは有用だろう。

ただし、「陰性証明」の有効期限は3日とされている。

したがって、「ワクチン・検査パッケージ」を利用するたびに検査を受けることが必要になる。

したがって、万が一、「ワクチン・検査パッケージ」を活用する場合には、国民がいつでもどこでも公費で検査を受け、公費で検査証明書を受領できるシステムを構築することが必要不可欠になる。

厚労省サイトは、ワクチン接種の「努力義務」について次のように明記している。

「「接種を受けるよう努めなければならない」という、予防接種法第9条の規定が適用されています。

この規定のことは、いわゆる「努力義務」と呼ばれていますが、義務とは異なります。

接種は強制ではなく、最終的には、あくまでも、ご本人が納得した上で接種をご判断いただくことになります。」

つまり、接種を受けるか受けないかの判断は個人に委ねられている。

したがって、個人の判断で「接種を受けない」とした個人を差別する、不利益取扱することは許されない。

コロナの感染拡大を防ぐことを目的に制度を構築するなら、「ワクチン・検査パッケージ」ではなく「陰性証明利用」でなければ論理的におかしい。

「ワクチン接種証明」を利用することの非合理性をメディアは適正に指摘するべきである。

鳩山友紀夫元首相との対談(アジア共同体研究所主宰YouTube動画「UIチャンネル」)
https://bit.ly/39BTgmd

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第3061号「「ワクチン推奨者を疑え」」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 共産含む野党共闘威力を知らしめる | トップページ | 野党共闘牽引する共産党を支援 »

知能不足の接種証明」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ