« GoToトラブル全面停止が正しいわけ | トップページ | 安倍菅内閣コロナ大失策三つの原因 »

2020年12月29日 (火)

PCR妨害での犠牲者をこれ以上増やすな

立憲民主党の羽田雄一郎参議院議員が急逝された。

心からご冥福をお祈りしたい。

私も長野県佐久平で羽田氏講演会で講演をさせていただいたことがある。

父上の羽田孜元首相、羽田雄一郎氏にお会いさせていただいた。

政権交代をかけて実施される2021年の衆院総選挙を目前にして、あまりにも残念な事態になった。

死因は新型コロナ感染症と発表された。

極めて急激な重篤化、逝去だった。

羽田議員は12月22日に東京で面談や党の常任幹事会に参加。

24日午前11時半ごろ、羽田氏の秘書が参議院の診療所に

「羽田氏に症状はないが、近場の人に感染者が出た。

どこでPCR検査を受けられるか」

と問い合わせたという。

この時点で速やかにPCR検査が実施されていれば、感染を早期発見することができ、適切な医療行為が施された可能性が高い。

羽田氏は新型コロナ感染症に感染した場合に、重篤化しやすい基礎疾患を有していた。

タバコの喫煙者でもある。

感染症対策の基本は「検査と隔離」。

重篤化しやすい人の感染には特段の警戒が必要になる。

人気ブログランキングへ

羽田氏は24日の夜に38.6度の熱を出した。

この時点で直ちに医師の診察を受ける必要があった。

25日朝には36.5度に熱が下がったが、夜には再び38.3度に上昇した。

この日は自宅で過ごし、都内にある民間のクリニックで27日午後にPCR検査を受ける予約を入れた。

そして、1日明けた27日に予約していたPCR検査のクリニックに向かう車の中で体調が急変。

羽田議員が「俺、肺炎かな」とつぶやいたあと、意識を失った。

救急車が手配され、病院に搬送されたが、夕刻に死亡が確認された。

24日の発熱から3日で帰らぬ人になった。

この事例で浮かび上がる重大事実は、PCR検査を迅速に受けられないという現実。

そのために、新型コロナウイルス感染症への感染確認が遅れる。

当然のことながら、医療的対応が遅れる。

基礎疾患を有する人の場合、年齢が高齢でなくても、一気に重篤化することがある。

逝去という最悪の事態を回避するには、早期発見、早期治療がカギを握る。

発熱する前の段階の24日にPCR検査を希望したにもかかわらず、検査を受けることができず、ようやく予約を入れられたのは27日だった。

人気ブログランキングへ

この3日の時間差が生と死を分けた可能性がある。

諸外国ではPCR検査が広範に実施されている。

新型コロナウイルス感染症の最大の特徴は無症状の感染者が感染を拡大させている可能性が高いこと。

この点を踏まえると、感染拡大を抑止するには、広範にPCR検査を実施するしかない。

PCR検査には多くの批判もある。

武漢でのコロナウイルス感染症の患者から採取した遺伝子情報を基準としているのがPCR検査とされるが、ウイルス自体が分離、確認されていないから、PCR検査の陽性が示すものが定かでないとの指摘もある。

早期の新型コロナウイルスの分離、確認が期待されるが、このことによってPCR検査が無意味であると断定することもできない。

PCR検査が完全に無意味なものであるなら、世界中の科学者がこのことを大合唱するはずだ。

しかし、実際にPCR検査の陽性、陰性判定と、症状のある「感染者」との因果関係は存在しており、PCR検査全体を否定することは合理的でないと判断される。

感染拡大を抑止するには、「検査と隔離」の手法を活用する以外に有効な方法がない。

そうであるなら、PCR検査の大幅拡充を目指すべきだ。

ところが、日本政府は一貫してPCR検査の開放、拡大を阻止してきた。

その結果として多くの悲劇が繰り返されている。

検査抑制、検査妨害は、「利権」が背景だと判断される。

羽田氏の悲劇を踏まえて、この点の深掘りが必要不可欠だ。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2813号「羽田氏逝去でPCR不備論じない不思議」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« GoToトラブル全面停止が正しいわけ | トップページ | 安倍菅内閣コロナ大失策三つの原因 »

PCR検査妨害」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ