« 高まるバイデン圧勝の可能性 | トップページ | 21年五輪通常開催は不可能な情勢 »

2020年11月 8日 (日)

トランプ大統領が敗北した理由

米国メディアが一斉にバイデン候補の当選確実を報じた。

バイデン候補は勝利宣言を行った。

トランプ大統領は敗北宣言を行わず、勝利を主張して法廷闘争に持ち込む考えを示しているが、徐々に勢いを失う可能性が高い。

各国首脳は相次いでバイデン候補に祝意を伝えている。

2020年米国大統領選はバイデン候補の圧勝に終わる可能性が高い。

議会選挙では下院で民主党が過半数を維持した。

上院選では現時点で共和党48名、民主党48名の当選が確実になっている。

共和党はさらに1名の当選が確実な情勢で、さらに1名の当選が有力視されている。

しかし、ジョージア州の2名の上院議員選出が2021年1月の決選投票に持ち込まれることが確実になった。

上院議員数が50対50になる場合、決定権は上院議長に委ねられることになる。

上院議長は副大統領が担うため、50対50になれば、民主党が主導権を握る。

また、共和党上院議員のなかに民主党の政策に理解を示す議員が2名存在することから、上院においても民主党が主導権を握ることになる可能性を否定できない。

米国政治が今回選挙を転換点に大きく転回する可能性が高まっている。

人気ブログランキングへ

トランプ大統領について私は「三つの過剰」を指摘してきた。

人事の過剰

米中貿易戦争の過剰

FRB金融政策圧迫の過剰

の三つである。

人事の過剰が自分自身に降りかかる。

自分の感情ひとつで更迭人事を繰り返した。

本来の身内に怨恨を生み、その怨恨が自分自身に降りかかる。

米国の対中国警戒姿勢は周知のものであるが、トランプ大統領の対中国政策は常軌を逸したものである。

中国は対米交渉で譲歩を示していた。

しかし、中国は対米交渉に対するスタンスを変えた。

2019年5月のこと。

トランプ大統領が中国の対米輸出全体に25%の高率関税を適用すると突然表明した。

米中閣僚級協議の直前のことだ。

中国は閣僚級協議を中止しなかったが、米国の要求を受け付けなかった。

この時点から中国は対米交渉のスタンスを変えた。

長期持久戦に移行したのである。

中国政府がトランプ政権そのものの消滅を念頭に置き始めたのだ。

人気ブログランキングへ

トランプ大統領はFRB議長にパウエル副議長を登用した。

パウエル議長はトランプ大統領がFRBに対する直接介入を強めるなかで極めて巧みに対応した。

極めて困難な局面を切り抜けることはパウエル議長でなければ実現できない芸当であったと言える。

これまでにトランプ大統領ほど強くFRB金融政策に直接介入した大統領は存在しない。

行き過ぎた金融緩和が2018年の急激な金融引き締めの背景になった。

金融市場はFRB金融政策が政治圧力によって歪められてしまうことを警戒した。

そのなかで、パウエルFRB議長は超絶的に巧みな技巧を示した。

その結果としてFRB金融政策は市場の信認を失わずに済んだ。

パウエル議長の技量に支えられた部分が大きい。

トランプ大統領は2020年大統領再選を実現することに全精力を注いだが実現しなかった。

2016年にトランプ氏を大統領に当選させた米国主権者の負託に応えることができなかったことが主因である。

しかし、状況としてトランプ大統領にとって最大の逆風になったのがコロナである。

コロナがなければトランプ大統領の再選が実現した可能性はかなり高い。

この「コロナ」が誰の意志によって現出したものであるのか。

この真実が明らかになるには多大な時間が必要になるだろう。

「米中貿易戦争の過剰」が重要なカギを握っていると考えられる。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2771号「トランプ大統領に欠落した止足の計」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 高まるバイデン圧勝の可能性 | トップページ | 21年五輪通常開催は不可能な情勢 »

2020年米大統領選」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ