« 矛盾だらけ菅義偉内閣の終焉は近い | トップページ | 巨大補正で国民生活支えぬ悪徳内閣 »

2020年11月22日 (日)

大津波特別警報下のGoToBeach政策

人の移動拡大が感染拡大をもたらすことは明白だ。

人の移動指数と新規陽性者数とを比較して、相関関係が確認できなとの説明を情報番組のキャスターが示すが、恣意的でミスリーディングな情報だ。

菅内閣からの指示による誤情報の流布であると推察される。

人の移動と新規陽性者数との間にタイムラグがある。

人の移動指数と新規陽性者数との間に約3週間のタイムラグがある。

同じ時間軸上に両者を表記すれば因果関係がないように見えるだけだ。

人の移動が拡大し、3週間後の陽性者数になって表れる。

112120
ただし、新規陽性者数の変化をもたらす要因はこれだけではない。

季節性がある。

コロナ感染症は冬期に拡大し、夏期に減少する傾向がある。

気温、湿度、換気状態の三つが影響する。

3月から5月にかけての新規陽性者数の減少は行動抑制によるもの。

5月から8月にかけての新規陽性者数増加は行動再拡大による。

8月から9月にかけての新規陽性者数減少は季節性によるもの。

9月以降、再び行動が拡大し、10月以降、季節性の要因が加わって新規陽性者数が急増している。

行動拡大の最大の背景はGoToトラブルキャンペーンの全面展開だ。

菅内閣はGoToトラブルキャンペーン全面展開によってコロナ感染拡大を全面推進してきた。

この政策対応が完全に間違っている。

人気ブログランキングへ

11月21日、菅内閣はGoToトラブルキャンペーンの見直しを表明した。

しかし、具体策を示していない。

11月21日からの3連休のGoToトラブルを全面推進する意向が明白だ。

「見直し」を表明しながら、迅速にしない。

具体的方法を観光庁と、これから詰めるという。

感染再拡大があり得ることなど、GoToトラブルキャンペーンを始める前から分かりきっていること。

運用変更の判断があれば、1秒後には実施できる体制を保持することが基本の基本だ。

内閣の能力の低さも鮮明だ。

菅義偉内閣は新型コロナ感染症を第2類相当指定感染症に区分している。

安倍内閣が新型コロナ感染症を第2類相当指定感染症に区分したのは1月28日のこと。

その後の政令改正で「無症状者への入院勧告」や「感染が疑われる人への外出自粛要請」などが次々と加わり、「1類」、あるいはそれ以上の措置が取られるようになった。

1類と規定されているのはエボラ出血熱やペスト。

2類は結核やSSARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)

3類はコレラや細菌性赤痢

4類は狂犬病やマラリアである。

人気ブログランキングへ

第2類プラスαの感染症に指定しておきながら、GoToトラブルキャンペーンを展開することはあり得ない。

大津波特別警報を発令しながら、海岸への外出キャンペーンを展開するようなもの。

経済活動を重視するとしても、この政策対応はあり得ない。

コロナ収束を確認できた上でキャンペーンを実施するなら、まだ理解できる。

しかし、コロナ感染が拡大するなかでキャンペーンを推進することはあり得ない。

報道特集の金平茂紀氏が

「馬鹿な大将敵より怖い。ダメな政府ウィルスより有害」

と発言したが、その通りだ。

そもそもの問題は、コロナ感染症を第2類相当指定感染症区分に置き続けていること。

第2類相当指定が妥当なら、GoToキャンペーンを展開することはあり得ない選択。

しかし、日本におけるコロナ被害は第2類相当指定と明らかに矛盾する。

コロナ感染症をインフルエンザ同等の第5類感染症に区分変更すれば、大半の問題が解消される。

この場合には、そもそもGoToトラブルキャンペーンなど必要ないということになる。

第2類相当指定感染症にしている裏側に巨大な闇が存在する。

いずれにせよ、馬鹿な大将を早く退場させないと日本が崩壊してしまう。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2782号「コロナを第2類に据え置く5+1の理由」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 矛盾だらけ菅義偉内閣の終焉は近い | トップページ | 巨大補正で国民生活支えぬ悪徳内閣 »

Go to Trouble」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ