« 想定よりはるかに早い菅義偉内閣の終焉 | トップページ | 秒読み段階のバイデン大統領選出 »

2020年11月 4日 (水)

郵便投票開票待ちの米大統領選決着

11月3日に投票日を迎えた米国大統領選の開票作業が進められている。

現職のトランプ大統領は大票田のテキサス州、フロリダ州の勝利を得た。

日本時間の11月4日20時時点で獲得した選挙人の数は

トランプ213 対 バイデン225。

バイデン候補はネバダ州、アリゾナ州でも勝利する可能性が高い。

この州の選挙人の数を加えるとバイデン候補の獲得選挙人の数は242になる。

過半数は270でバイデン候補がこれ以外に28人の選挙人を獲得すると勝利することになる。

カギを握るのは

ミシガン(16)、ウィスコンシン(10)、ペンシルベニア(20)、ノースカロライナ(15)の激戦4州。

今回の大統領選では投票者数が1億5000万人を超える可能性があり、うち半数が郵便投票を選ぶとも予測されている。

すでに投票結果が判明しているフロリダやオハイオでは、投開票日より前に郵便投票の封筒の開封を認めているため、当日に集計が終わった可能性がある。

しかし、ウィスコンシンやペンシルベニアでは投票日まで開票作業を始められないことが州法で決まっている。

また、約半分の州は11月3日までの消印のものなら、投票日以後に届いた投票用紙も受理する。

これらの郵便投票の開票が完了するには長い時間が必要になる。

人気ブログランキングへ

トランプ大統領は現地時間の11月4日午前2時過ぎに、自身の優勢をアピールしたが、現時点で最終的な決着はついていない。

郵便投票の開票結果を合算した結果、バイデン候補が勝利と判定される場合には、トランプ大統領が開票結果を不服として提訴すると考えられる。

ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニア、ノースカロライナの11月3日の即日開票結果ではトランプ大統領がリードしているが、投票所の投票結果でトランプが優勢になることは事前に見込まれていた。

郵便投票の多くがバイデン票であると推定されており、郵便投票結果を合算した結果がどうなるかは予断を許さない。

米国大統領選は事前に想定されていたように、波乱含みの展開になっている。

カギを握るのはミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニア、ノースカロライナの4州の最終開票結果。

今回の大統領選が明らかにしたことは、トランプ支持とトランプ不支持に米国が完全に二分されている現実だ。

トランプ大統領の主張が鮮明で、米国内のさまざまな属性を持つ人々の対立を激化させる側面を強く持つ。

トランプ大統領が次の4年間を続投することになれば、米国内の分断、対立はより先鋭化する可能性が高い。

しかし、見落とせないことは、この「アクの強い」トランプ大統領を支持する米国民が多数存在すること。

トランプ大統領は米国在住の白人層、キリスト教福音派の支持を固めている。

人気ブログランキングへ

この人々は、米国内の分断、対立が強まっても、自分たちの利益が守られることを優先していると考えられる。

トランプ大統領は白人至上主義の傾向を隠そうとしないが、本音ベースでこの考え方に賛同する米国民が極めて広範に、多数存在することが改めて明確になっている。

数日のうちに開票結果が明らかになるだろう。

獲得選挙人数はかなり接近したものになる可能性がある。

トランプ氏の獲得選挙人数がバイデン氏を上回る場合には、早期の決着が見込まれるが、バイデン氏の獲得選挙人数がトランプ氏を上回る場合には、トランプ氏が訴訟を提起して、問題の着地に長時間を要する事態に移行する可能性が高い。

郵便投票についてはトランプ大統領が不正選挙の可能性を指摘しているが、むしろ疑惑が存在するのはトランプ大統領陣営が郵便選挙の妨害を行ってきた可能性だ。

バイデン陣営がこの問題を提起するなら、トランプ氏が投票結果で多数の選挙人を獲得した場合でも混乱が長引く可能性がある。

トランプ大統領は既往の米国の支配者による米国支配の構造に風穴を開けたという実績を有する。

そのこと自体に意義はあるが、他方で、多様な民族が自由と民主主義の旗の下に結集し、融合するという米国合衆国の基本理念を破壊する側面を強く有する。

白人至上主義の強化は米国の分断、格差拡大を促進するものである。

中国に対する強硬姿勢も世界経済の波乱を拡大させる要因になる。

このトランプの時代がさらに4年間維持されるのか。

大統領選挙の開票結果に強い関心を注ぐ必要がある。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2768号「学術会議任命拒否は令和のレッド・パージ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 想定よりはるかに早い菅義偉内閣の終焉 | トップページ | 秒読み段階のバイデン大統領選出 »

2020年米大統領選」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ