« ウィルスより有害ダメな政府と太鼓持ち | トップページ | 安倍晋三氏辞職勧告決議は必定 »

2020年11月25日 (水)

GoToトラブル押し通す菅首相の末路

新型コロナ感染症の感染拡大主因はGoToトラブルキャンペーンにある。

人の移動と感染拡大には明確な因果関係が認められる。

ただし、人の移動と感染拡大にはタイムラグが存在する。

タイムラグは約3週間。

全国規模で感染拡大が観察されている最大の理由はGoToトラブルキャンペーンである。

しかし、その事実を認定しなければ、

「両者に因果関係があるとのエビデンスは存在しない」

と言い逃れることができる。

安倍内閣から一貫しているのは、言葉の上の言い逃れで責任を回避し続けること。

森友、加計、桜のすべての不祥事に対して、安倍内閣、菅内閣は

「言い逃れ」

で対応し続けてきた。

今回も、

「GoToで感染が拡大したというエビデンスは存在しない」

の言葉で言い逃れる方針を固めている。

11月の3連休の人出が急増した。

12月中旬に新規陽性者数がさらに拡大する可能性が高い。

人気ブログランキングへ

その要因がGoToトラブルキャンペーンにあることを現時点で明確に示しておく。

GoToトラブルキャンペーンによる感染拡大は感染拡大地からの人の移動拡大に起因している。

無症状の感染者が多数存在する。

GoToトラブルキャンペーンの利用者で陽性が確認された人が少なくても、この人々が感染を拡大させた原因になっていないとは言えない。

GoToトラブルキャンペーンの利用制限は感染拡大地を目的地とする旅行だけでなく、感染拡大地を出発地とする旅行を対象にしなければ効果が上がらない。

菅内閣はあくまでもGoToトラブルキャンペーンを推進する構えだ。

その背後にはコロナ感染症に対する軽視がある。

しかし、この軽視は、菅内閣による「第2類相当指定感染症」区分と明白に矛盾する。

「第2類相当指定感染症」の区分を妥当とするなら、GoToトラブルキャンペーン推進はあり得ない。

菅内閣がGoToトラブルキャンペーンを推進するなら、その前に、コロナ感染症の区分を変更するべきだ。

第2類相当指定感染症の区分を維持したまま、新規陽性者数が急増すればさまざまな混乱が拡大する。

もっとも深刻な問題は病床の不足だ。

行政検査で検査を拡大させる必要も生じる。

無症状の陽性者に対しても自宅待機などの措置が強制される。

混乱が拡大することは明白であり、菅内閣によるGoToトラブルキャンペーン推進による混乱拡大は許されない。

人気ブログランキングへ

コロナ騒動を拡大させている最大の原因は第2類相当指定感染症という区分にあると判断される。

欧米および南米と日本でコロナ感染症の被害状況が大きく異なる。

人口当たり死者数で50倍から100倍の相違が存在する。

日本における被害状況は死者数で言えばインフルエンザ以下。

超過死亡者も確認されていない。

高齢者、基礎疾患を持つ者が感染した場合には重篤化する確率が高い。

したがって、高齢者および基礎疾患を有する者に対しては最大の警戒が必要である。

しかし、高齢でない健常者に対しての措置としては第2類相当指定感染症の区分は過大と思われる。

この区分を実情に合わせて変更することが必要と考えられる。

ただし、リスクは存在する。

コロナウイルスの変異スピードが速いこと。

また、欧米・南米で流行している強毒性ウイルスが流入する可能性を否定できないこと。

日本における被害が相対的に軽微である原因は明らかになっていない。

日本での流行をもたらしているウイルスが強毒性のものでないのか、それとも、日本に居住する人の多くに、何らかの免疫能力があるのか、については明らかになっていない。

したがって、今後についても、状況変化には最大の警戒が求められる。

しかし、菅内閣は感染拡大を推進してまで経済優先で進んでいる。

しかも、本当に困難な状況に直面している国民に対して例外なく手を差し伸べることはせずに、自公政権と癒着する事業者だけをターゲットにして利益を供与する政策を推進している。

菅内閣は「国民のために働く内閣」ではなく、「国民のために働か内閣」でしかない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2785号「学芸会国会審議なぜ打破しないのか」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« ウィルスより有害ダメな政府と太鼓持ち | トップページ | 安倍晋三氏辞職勧告決議は必定 »

新型肺炎感染拡大」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ