« 法の支配破壊する菅ファッショ政治 | トップページ | 菅義偉という人物の教養レベル露見は正論 »

2020年10月 8日 (木)

ハエを引き寄せたペンス氏匂いの正体

副大統領候補のテレビ討論の時間にペンス副大統領の頭髪に1匹のハエが止まり、離れようとしなかった。

2016年の大統領選ではテレビ討論の最中にクリントン女史の顔にハエが止まった。

ハエは何を物語ろうとしたのか。

大統領候補の討論とは打って変わり、まともな討論になった。

討論終了後の世論調査では6対4でハリス女史優勢との結果が報じられている。

大統領選の投票日まで1ヵ月を切った。

すでに郵便投票が開始されている州もある。

大統領選の勝敗を決するのは激戦州だ。

2016年の選挙ではトランプ候補が激戦州に総力を結集した。

得票総数ではクリントン女史が上回ったが、激戦州の多くでトランプ氏が勝利して大統領の座を射止めた。

しかし、今回は様相が異なる。

激戦州の多くでトランプ氏が劣勢になっている。

トランプ大統領は白人優越主義を明確に否定しない。

白人層の票を固めることを狙っていると見られる。

しかし、2016年選挙でトランプ候補に投票した白人労働者層が今回もトランプ氏投票するとは限らない。

トランプ政権の下でも白人労働者の暮らしぶりが良くなったとは言えないのだ。

人気ブログランキングへ

10月に特別なサプライズがなければ投票結果でバイデンが勝利する可能性はかなり高まっていると見られる。

ただし、郵便による開票結果が判明するのが遅れる場合、開票当初の優勢・劣勢が時間の経過とともに入れ替わる可能性も考えられる。

最終集計の結果、トランプ氏がバイデン氏に敗北する場合に何が起こるか。

トランプは敗北を直ちに認めない可能性が高い。

郵便投票で不正があったとして裁判所に提訴するだろう。

新大統領が決定されない状況が長期化する可能性もある。

最終的な判断を示すことになるのは米国連邦最高裁だ。

この最高裁判事の任命をめぐってバトルが展開されている。

リベラル系を代表する高名なギンズバーグ女史が逝去した。

大統領選の行われる年に最高裁判事に欠員が生じた場合、新しく選出された大統領が新しい最高裁判事を指名することが慣例として確立されてきた。

したがって、今回の大統領選の勝者が新しい最高裁判事を指名するのが筋道だ。

ところが、トランプ大統領は保守系のバレット女史を新たな最高裁判事に指名した。

コロナの集団感染が発生したのがバレット氏を指名したホワイトハウスでの行事だったと見られている。

人気ブログランキングへ

トランプ大統領は11月3日の大統領選前にバレット女史の最高裁判事就任を議会で決定しようと目論んでいる。

これが実現すればオクトーバーサプライズと言えるだろう。

最高裁判事の構成は共和党系6人対民主党系3人になる。

トランプ氏にとって極めて有利な状況が生み出される。

投票結果を集計してバイデン候補が勝利したと判定されるのに、最高裁がこれを覆してトランプを勝利者に決定するなら、米国の混乱は極致に達するだろう。

内乱に近い状況が生み出される可能性もある。

トランプ大統領は極右のグループにそのときまで待機しろとの趣旨の発言をテレビ討論で示した。

大統領候補によるテレビ討論が収拾のつかない罵り合いになったことは米国政治の劣化を鮮明に示すもの。

その主導者がトランプ大統領である。

米国政治の劣化が目を覆う様相を呈している。

しかし、これは米国だけの問題ではない。

日本政治も究極の劣化を示している。

安倍内閣の後半は安倍元首相の政治私物化問題に明け暮れた。

そしていま、菅内閣発足と同時に日本学術会議法違反事案が浮上している。

政治の劣化以外の何者でもない。

まずは、政権交代で劣化した政治の根源を排除するところから始める必要がある。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2748号「フジテレビ平井文夫氏がまた虚偽発言」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 法の支配破壊する菅ファッショ政治 | トップページ | 菅義偉という人物の教養レベル露見は正論 »

2020年米大統領選」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ