« 現代版インパール安倍コロナ感染拡大大作戦 | トップページ | 巨大国家財政資金の使い方がおかしい »

2020年7月18日 (土)

GoToトラブルでトラブル坩堝と化す日本

GoToトラベル事業は、

「withコロナの時代の安全・安心の新しい旅のスタイルを確立し、普及、定着させるチャレンジ」

なのだそうだ。

政府がこのような詭弁を弄するのはやめたほうがよい。

安倍内閣の閣議決定では、GoToキャンペーンの実施は「感染が収束したのち」としている。

感染が拡大しているさなかのGoToキャンペーンは閣議決定の内容に反している。

いま政府が取り組むべき最大の課題は感染拡大の収束である。

もちろん、経済活動の維持は重要な課題だ。

感染収束を図りながら、可能な範囲内で経済活動の維持を図る。

これが基本である。

経済活動の拡大を図るために、感染を拡大させるというのは本末転倒。

新型コロナ感染の感染拡大は東京だけで生じているわけではない。

全国規模で新規感染者数は過去最高に接近している。

首都圏全体で感染拡大が観察されている。

また、大阪などの近畿圏においても感染拡大が観察されている。

人の移動の拡大と感染拡大との間には明確な因果関係がある。

人気ブログランキングへ

「新しい旅のスタイルを確立、普及、定着させるチャレンジ」

だとするが、複数の人が旅行に出かければ、人が移動しない状況と比べて感染拡大の要因が拡大することは間違いない。

仮に新しい旅のスタイルを確立できたとしても、感染が拡大することになるなら、本末転倒なのだ。

現在の感染拡大の状況は、4月の感染拡大のピークの状況よりも深刻である。

4月の局面では感染拡大を抑止するために「緊急事態宣言」が発出されていた。

日本の市民は徹底的な行動抑制を実行した。

日本の市民が徹底した行動抑制を実行した結果として、タイムラグを伴うかたちで感染者数の減少が生じた。

しかし、日本で集団免疫が獲得されたわけではない。

行動抑制が緩めば感染は再び拡大する。

安倍首相は5月25日に「感染収束に成功した」、「日本モデルの力を示した」などと豪語したが、感染収束に成功などしていなかった。

日本モデルの低質さを世界にアピールすることになった。

もとより、日本のコロナ対応は最悪の結果を生んでいる。

東アジアにおいてコロナの被害が軽微に抑制されているために、欧米との比較で日本の被害が軽微なだけで、東アジアのなかで日本は堂々のワースト3の地位を確保している。

極めて甘い見通しで行動再拡大を誘導してきたために、あっという間に元の木阿弥、4月同様の感染拡大を招いたのだ。

人気ブログランキングへ

4月の感染拡大期にはすでに極めて強い行動抑制が実行されていた。

行動抑制を促す政策が採用されていた。

この行動抑制によって5月下旬から6月にかけて新規感染者数は急激な減少を示したのだ。

しかし、いまはまったく違う。

感染者数が急増するなかで、安倍内閣は行動拡大を強引に推進しているのだ。

あり得ない政策運営だ。

閣議で「感染が収束してからの実施」と定めたにもかかわらず、感染が急拡大するなかでGoToキャンペーン実施を強行する。

感染拡大が加速することは間違いない。

これまで感染拡大は首都圏や近畿圏が中心だった。

地方では感染拡大が抑止されてきた。

しかし、GoToキャンペーンは感染拡大地から感染が広がっていない地域への人の移動を推進、促進するもの。

感染拡大が日本中に広がることになる。

GoToTravelでなくGoToTroubleになることは間違いない。

行き着く先はHell=地獄だ。

7月22日からGoToキャンペーンを始めることがアナウンスされたことを受けて予約を入れた個人がキャンペーン中止で予約をキャンセルしようとすると2割から3割のキャンセル料を取られる。

安倍内閣に対して損害賠償請求訴訟が一斉に提起されることになるだろう。

GoToTrouble政策は直ちに中止するべきだ。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2684号「安倍暴政が招き入れるコロナ変異の悲劇」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 現代版インパール安倍コロナ感染拡大大作戦 | トップページ | 巨大国家財政資金の使い方がおかしい »

Go to Trouble」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ