« #検察庁法改正案に賛成議員には投票しない | トップページ | 安倍内閣検察人事無理筋不当介入が問題本質 »

2020年5月14日 (木)

コロナ大不況が迫る安倍ドケチ財政転換

コロナウイルス感染拡大に伴って発出された緊急事態宣言が5月14日に一部解除される。

解除されるのは重点的な対策が必要な13の「特定警戒都道府県」のうち茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5県と特定警戒以外の34県の計39県。

宣言解除の目安は「過去1週間の新規感染者数が人口10万人当たり0・5人未満」とされるが、特定クラスターが数値を押し上げている場合は、これを除外して算出される。

北海道、東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、京都、兵庫の8都道府県は特定警戒都道府県として緊急事態宣言が維持される。

特定警戒都道府県とそれ以外の解除された県との行き来については、引き続き自粛が要請される。

経済活動の急激な悪化を踏まえて宣言が解除される見通しだが、このようなゼロイチ方式はコロナ対策として妥当でない。

感染拡大が抑止傾向を示したのは、行動抑制で人と人の接触が削減されたからだ。

逆に言えば、人と人の接触が拡大すれば感染が再拡大する可能性が高い。

社会全体で集団免疫を獲得できている状況ではないと考えられる。

これを前提とすれば、行動抑制の解除は感染再拡大をもたらす可能性が高い。

したがって、行動抑制に段階を設定し、段階的な行動抑制緩和を行うべきだ。

ゼロイチ思考で中間的対応が明確に示されないことは合理的でない。

「新しい生活様式」との表現で従来と異なる行動が求められるが、「緊急事態宣言解除」の表現がもたらす反動的行動が警戒される。

人気ブログランキングへ

コロナ感染拡大による経済への影響が急拡大している。

米国では5月8日に発表された4月の雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比で2050万人も減少した。

失業率は前月比3倍以上の14.7%に急上昇した。

米国史上最大の悪化を示した。

FRBのパウエル議長は5月13日のオンラインセミナーでの講演で、年間所得が4万ドル(約428円)を下回る家計の40%近くが3月に職を失ったと指摘した。

激烈な影響が顕在化している。

日本では昨年10-12月期の実質GDP成長率が年率マイナス7.1%に急落した。

ここにはコロナの影響はまったく含まれていない。

昨年10月の消費税増税がもたらした深刻な景気後退である。

年が明けても消費は停滞したままだった。

コロナ問題が表面化する前に、日本経済はすでに消費税大増税不況に突入していた。

このことを見落としてはならない。

1-3月期のGDP統計は5月18日の午前8時50分に発表される。

2四半期連続のマイナス成長になることは確実な情勢だ。

年率5%以上のマイナス成長になる可能性がある。

人気ブログランキングへ

さらに、本年4-6月期の成長率は年率マイナス20%程度にまで拡大する可能性がある。

文字通りみぞうゆう(麻生流)の大不況到来だ。

消費税増税コロナ大不況である。

4月30日発表の2月鉱工業生産統計では生産指数が前月比3.7%減少(季節調整済)し、生産指数の水準が2013年1月以来の低水準になった。

鉱工業在庫率指数は前月比8.5%上昇した。

在庫率は出荷に対する在庫の水準を示すもので、生産を抑制しているのに出荷減少がこれを上回って「意図せざる在庫=売れ残り」が急増した。

         鉱工業在庫率指数の推移(2008年~2020年)

043020
在庫率急上昇はさらなる生産抑制の引きがねになる。

5月12日に発表された3月の景気動向指数では景気の現状を示す「一致指数」が2015年を100とした指数で90.5になり、前月比4.9ポイント悪化した。

悪化幅は東日本大震災が起きた2011年3月以来の大きさになった。

景気の先行きを示す「先行指数」は前月比8.1ポイント悪化。

悪化幅は統計の比較ができる1985年以降で最大になった。

5月13日発表の4月景気ウオッチャー調査(街角景気)では、3ヵ月前と比べた足元の街角景気実感を示す現状判断指数(DI、季節調整済み)が前月比6.3ポイント悪化の7.9に落ち込んだ。

2~3ヵ月後の景気を判断する先行き判断指数(DI、季節調整済み)も前月比2.2ポイント悪化して16.6に落ち込んだ。

いずれも比較可能な2002年以降での最低水準を更新した。

大不況が深刻化しつつある。

この局面では政府が国民生活を支えるしかない。

消費税率ゼロを含む第2次補正予算編成が急務である。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2630号「第2次補正予算で消費税率ゼロ実施せよ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« #検察庁法改正案に賛成議員には投票しない | トップページ | 安倍内閣検察人事無理筋不当介入が問題本質 »

新型肺炎感染拡大」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ