« PCR検査実施判断権限を一般医療機関に開放せよ | トップページ | コロナウイルス感染症致死率正確計測不可欠 »

2020年5月 1日 (金)

振ってない旗を振ってるとうそぶく厚労相

「PCR検査は、なぜ少ないんでしょうか」

国民民主党の森ゆう子参議院議員が糺す。

加藤勝信厚労相はこう述べた。

「それぞれの地域のなかでご努力いただいているんです。

国だけ旗を振ったからといって、どうにかなるもんではない。」

こんな答弁をする者に厚労相を務める資格はない。

政府がPCR検査を拡大する方針を決めてPCR検査を拡大すればよいだけのこと。

「為せば成る 為さねば成らぬ なにごとも

成らぬは 人の 為さぬなりけり」

加藤厚労相がPCR検査を妨害しているからPCR検査が増えない。

「地域のなかでご努力いただくこと」

ではなく、

「国がPCR検査を拡大する具体的方法を定めて実施」

すればよいだけのこと。

現状では、感染を疑う市民が「帰国者・接触相談センター」に電話して、「帰国者・接触者外来」での受診予約を得て診察を受け、「帰国者・接触者外来」の医師が判断して初めてPCR検査が実施される。

「帰国者・接触者相談センター」に電話がつながらない。

電話がつながっても「帰国者・接触者外来」での受診を許可してもらえるのは20人に1人。

人気ブログランキングへ

「帰国者・接触者外来」で受診を認められても、4人に3人しかPCR検査は受けられない。

政府に特別のつてがある者以外の市民にとって、PCR検査を受けることは日本における超難関だ。

「帰国者・接触者相談センター」と「帰国者・接触者外来」がPCR検査を妨害する防波堤になっている。

4月末にかけて東京都での新たな感染確認者数が減少傾向を示したが、4月末にかけては全国での検査件数が減少している。

4月25日(土) 6667
4月26日(日) 3968
4月27日(月) 5576
4月28日(火) 4149

である。

安倍首相は4月6日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、

「感染拡大の防止に向けて、PCR検査体制の一日2万件への倍増や保健所の体制強化により、クラスター対策を抜本的に強化します」

と述べたが、1日2万件の検査と現実の間に埋めがたい落差がある。

安倍首相は4月30日の国会質疑で

「我々、能力を1万5000まで上げてきたということでございまして、地方と一緒になって努力を重ねていきたい」

としながらも、

「さまざまな目詰まり、あるいは地域ごとの差があるわけでございまして、国が仲介をしながら、融通しながら、検査を受けられるようにしていきたい」

「厚労省を問いただしている」

と述べた。

人気ブログランキングへ

「帰国者・接触者外来」の医師が判断してPCR検査を実施するというプロセスを定めたのは誰なのか。

厚労省ではないか。

厚労省が専門家会議と共謀してこの方式を決定して、全国の都道府県、市町村に強制しているから、かかりつけ医の判断でPCR検査を発注できない現状が生み出されている。

厚労相が自分自身でPCR検査を妨害するプロセスを定め、それを日本全体に強要しておきながら、PCR検査が拡大しないことについて、

「国だけが旗を振ってもどうにかなるもんではない」

と逆ギレしている。

こんなデタラメ国会答弁を放置すべきでない。

安倍首相は

「医師が必要と考える場合にはPCR検査が行われるようにすることを掲げて、これを実行している」

とするが、ここでいう「医師」は「帰国者・接触者外来の医師」であって、すべての「かかりつけ医」ではない。

「帰国者・接触者外来」は全国に850しかない。

医療機関は全国に11万以上存在する。

11万以上の医療機関の医師がPCR検査が必要と判断する場合にPCR検査を行えるよう、PCR検査実施プロセスを国=厚労相が変えればよいだけのこと。

国が旗を振るどころか、国が旗をたたんでしまい込んでいるだけだ。

人為的な不作為を押し通す加藤厚労相を罷免しない限り、日本のPCR検査後進国の現状は変わらない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2619号「OECD36ヵ国第35位PCR検査後進国日本」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« PCR検査実施判断権限を一般医療機関に開放せよ | トップページ | コロナウイルス感染症致死率正確計測不可欠 »

新型肺炎感染拡大」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ