« 静岡4区衆院補選野党惨敗現実を直視する | トップページ | PCR検査を拡充しない安倍内閣の罪状 »

2020年4月28日 (火)

PCR検査2万件という安倍内閣やるやる詐欺

日々発表される新型コロナウイルス感染者数が減少して楽観論が浮上しているが時期尚早である。

日本の場合、検査が十分に行われていない。

検査数が増えないのだ。

安倍首相は4月6日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、

「感染拡大の防止に向けて、PCR検査体制の一日2万件への倍増や保健所の体制強化により、クラスター対策を抜本的に強化します」

と述べた。

https://bit.ly/2KKELjn

「PCR検査体制強化」と述べるが「検査を増やす」と明言しない。

検査体制を1日2万件にしても検査を1日2万件にしなければ意味がない。

実際の検査数は1日8000件程度から増えていない。

加藤勝信厚労相はPCR検査を「検査利権ムラ」で独占する方針を変えていない。

感染研-保健所-地方衛生研で検査を独占するとの考えだ。

予算投入、データ独占、ワクチン開発利権独占などが狙いである。

焦点は民間検査機関にどこまで委託するのかである。

この民間検査機関の検査件数が1日2000件から2500件水準で低迷しているのだ。

https://bit.ly/2zwyfdO

人気ブログランキングへ

理由はPCR検査の発注を「帰国者・接触者外来」が独占していることに起因する。

「帰国者・接触者外来」をPCR検査妨害の防波堤として活用し続けている。

いまなお、検査を求める者に対して保健所、帰国者・接触者相談センター、帰国者・接触者外来が一体化して検査を妨害している。

37.5度発熱4日継続、高齢者・基礎疾患保持者は2日継続が検査受診の条件とされている。

その一方で、一部の国民に対しては例外措置で検査が実施されている。

「平熱パニックおじさん」や閣僚などが例外優遇で検査を受けている。

検査を広範に実施していないから本当の感染者数が把握されていない。

そして、検査を受けられない感染者が感染を拡大させる原動力になっている。

もっとも重大な問題はこの感染者が院内感染の原因になっていることだ。

人と人との接触を減らせば感染拡大が緩和される。

検査妨害の基本姿勢が変わらなければ、検査妨害があるなかでも、日々発表される感染者数が人と人との接触削減によって減少することはあり得る。

しかし、日々発表される新規感染者数が減少しても社会全体が集団免疫を獲得したわけではないから楽観できないのだ。

人と人の接触削減を緩和すると、感染者数が再拡大する可能性が高い。

人気ブログランキングへ

コロナウイルス対策として人と人の接触削減が推進されている。

その結果として経済活動に甚大な影響が発生している。

全国の新幹線乗車率は軒なみ9割減になっている。

ゴールデン・ウィーク中の国内線航空便予約席数は前年比9割減、国際線は95%減になっている。

大都市圏のホテル客室稼働率も20%台に低下している。

人の移動が激減し、集会、パーティー、イベント、興業がほぼ全面的に消滅している。

外食、旅行も激減している。

訪日外国人も前年比90%以上の減少を示している。

人が外出しないことから各種個人消費が急減している。

百貨店売上は激減し、耐久消費財消費も急減している。

企業の設備投資は生産設備を増強するためのものが多く、当然のことながら設備投資も急減している。

建設現場においてもコロナ対策として休業が広範に広がり、住宅投資も急減している。

コロナ対策による経済活動低下はグローバルに広がっており、輸出も急減が続く。

新たな感染確認者数が減少しても、人と人との接触を再拡大させれば感染が再び拡大する。

したがって、人と人との接触削減を直ちに大幅緩和することはできない。

コロナ不況が長期化する前提を踏まえることが必要になる。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2616号「最重要コロナ対策は消費税率ゼロ実現」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 静岡4区衆院補選野党惨敗現実を直視する | トップページ | PCR検査を拡充しない安倍内閣の罪状 »

新型肺炎感染拡大」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ