« 税金私物化するな!勝手に使い道決めるな! | トップページ | 危機認識・検査拡大・経済対策即時実施が不可欠 »

2020年3月31日 (火)

すでに始動している日本のオーバーシュート

3月31日の1日で、新型コロナウイルスへの感染が新たに確認された人が133人であることが報じられた。

そのうち、東京都の感染確認者数は78人になった。

1日に確認された感染者数として、これまでの最高を更新した。

78人のうち、感染経路が判明していない感染者が40人以上となっている。

3月30日の東京都での感染確認者数が13人だったが、これは感染が縮小したことを意味しない。

検査数自体が少なかったのだ。

東洋経済サイトがPCR検査人数を取りまとめて公表している。

厚生労働省の資料「PCR検査実施人数」の数を集計したものである。

脚注に明記されているが、当初はPCR検査人数として疑似症サーベイランス(疑わしい症状がある患者への調査)だけの数字が発表されていたが、3月4日からは濃厚接触者に対する検査も含むため、同サイトでは3月4日以降のデータのみ掲載している。

また、日付は都道府県から厚生労働省への報告ベースとのことだ。

日ごとのPCR検査人数と累計検査人数の二つがグラフ表示されるようになっている。

スクリーンショットで紹介をさせていただく。

033020

033020_20200331210401

検査人数は累計で26607人(3月30日時点)

3月4日からの数値であるから27日間の累計ということになる。

26607を27で除すと985.4になる。

人気ブログランキングへ

1日当たり985人にしか検査をしていないのだ。

表示される検査実施数に日ごとの大きなばらつきがある。

3月20日や3月24日の数値はいずれも3500人を超えている。

他方、ゼロに限りなく近い日も存在する。

検査を実施した日が正確に反映されておらず、複数日の検査がまとめて都道府県から厚労省に報告されたためであると推察される。

重要な数値は1日当たりの平均検査数だ。

安倍首相は2月29日の会見で

「PCR検査については、検査がしたくても保健所で断られ、やってもらえないという御指摘をたくさん頂いております」

「こうした取組を総動員することで、かかりつけ医など、身近にいるお医者さんが必要と考える場合には、すべての患者の皆さんがPCR検査を受けることができる十分な検査能力を確保いたします」

と述べた。

この発言から丸1ヵ月の時間が経過したが、「かかりつけ医の判断でPCR検査を受けることができる」ように、まったくなっていない。

11万以上も存在する日本の医療機関の0.8%にも達しない850の「帰国者・接触者外来」にしか、PCR検査実施の権限が付与されていない。

PCR検査を妨害して感染者数を少なく見せる対応がいまなお維持されている。

人気ブログランキングへ

これを主導しているのは加藤勝信厚労相。

国民の命と健康を守ることに力を注がずに感染者数隠蔽に力を注ぐ加藤厚労相を直ちに罷免するべきだ。

国会では、感染ペースが拡大したら、かかりつけ医の判断でPCR検査を行う体制を各都道府県が構築することを検討するような答弁を示していたが、これすらやっていない。

肺炎で死亡したすべての患者に対してPCR検査が行われているわけではない。

コロナウイルスによる新型肺炎死亡者は公表されている数値よりもはるかに多い可能性がある。

味覚と嗅覚に異常があるだけで、それ以外の症状がない感染者が存在することも判明した。

このような感染者の感染確認のためのPCR検査を実施するだけで、感染者を多数確認することができる。

検査を行わなければ、軽症者、無症状者は自由に行動し、感染拡大の主役になる。

感染拡大を抑止するために、まず実行するべきことは検査拡充である。

当初から、このことを明確に指摘してきた医療ガバナンス研究所理事長の上昌弘氏は国会でも参考人として意見陳述した。

しかし、テレビメディアは上氏をまったく出演させなくなった。

検査を拡大しないから、感染拡大の実態が正確に把握されない。

このことが日本の悲劇を招く可能性が極めて高い。

悲劇の始まりの片鱗を示しているのが、妨害されたPCR検査結果から垣間見える惨状なのだ。

現在の日本は3週間前の英国であるとの正鵠を射た指摘を軽視するべきでない。

https://bit.ly/2QZhXjL

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2590号「法改悪で緊急事態宣言できない本末転倒」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 税金私物化するな!勝手に使い道決めるな! | トップページ | 危機認識・検査拡大・経済対策即時実施が不可欠 »

新型肺炎感染拡大」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ