« 安倍・検察・財務省癒着の超巨大犯罪握り潰し | トップページ | 正論明示上昌弘氏に対する言論封殺の真実 »

2020年3月19日 (木)

PCR検査徹底妨害加藤厚労相の罷免不可欠

WHOのテドロス事務局長は3月17日の会見で次のように述べた。

「検査、検査、検査」

「あらゆる疑わしい例をすべて検査すべきだ」

「目隠しされたままでは火事と戦えない」

検査の重要性を強調した。

なぜ検査が必要なのか。

理由は二つある。

第一は、軽症、無症状の感染者を明らかにして、感染拡大を阻止すること。

第二は、高齢者、基礎疾患を持つ人の感染を早期に発見し、重篤化を防ぐこと。

検査をしなければ、この二つのことがらは達成されない。

検査を拡大することの弊害として主張されているのは以下の三つ。

第一は、感染者が拡大して病床が塞がり、医療崩壊が生じること。

第二は、検査に際して感染が拡大する恐れがあること。

第三は、検査に誤差があり、感染しているのに陰性と判定される場合などがあること。

望まれる対応は、弊害を除去して検査を拡充することだ。

重要なことが二つある。

第一は、感染者のすべてを入院させる措置を変えること。

第二は、検査に際して感染が生じないような対応策を講じること。

人気ブログランキングへ

この二つはいずれも直ちに実行可能である。

安倍内閣は新型コロナウイルス感染を指定感染症にした。

このために、感染が確認されると有無を言わさず入院隔離措置が執られることになる。

感染者の8割は無症状または軽症である。

この患者を入院させる必要はない。

軽症者、無症状者は自宅での隔離を行えばよいのである。

コロナウイルス感染症を指定感染症にするのに時間はかからなかった。

したがって、区分を変えることに困難は生じない。

第二に、検査に際しての感染予防策については、すでに諸外国が実証済みである。

完全な防護措置を執って検査を行えば検査に際しての感染を防ぐことができる。

加藤勝信厚労相は感染者と非感染者が診療所の待合室で同室になることを避けると主張してきたが、現状で何が生じているのかに目を向けるべきだ。

感染の疑いがある患者が診療所をたらい回しにされている。

そのたびに、待合室で感染者と非感染者が同室になっている可能性が高いのだ。

人気ブログランキングへ

感染を疑う個人がドライブスルー方式の検査所で検査を受ければ、感染者と非感染者が同室になることを避けられる。

各国が採用している方式を採用しない理由がない。

安倍内閣は検査能力を拡充していると主張するが、肝心の検査を拡充しない。

依然として安倍内閣は、日本に11万以上存在する診療機関の0.8%でしかない851の「帰国者・接触者外来」にしか検査実施の権限を付与していない。

検査数は1日平均で1000件でしかない。

日本の感染者数は少なく表示されているが、これは、大多数の感染者が検査を受けられず、感染者数としてカウントされていないからである。

肺炎で死亡した人のなかに多数の感染者が含まれていると考えられる。

ただひたすら、公表される感染者数を少なく見せることだけに力が注がれている。

WHOは感染拡大を阻止するためには徹底した検査が必要だと明言している。

加藤勝信厚労相は自分の利益しか考えない閣僚失格の人物だ。

安倍首相から、発表する感染者数の抑制を求められているのだろう。

歪んだ指示に服従して、国民の利益を完全に無視している。

安倍首相に取り入る心が優先し、検査妨害による確認感染者数抑制に励んでいる。

残念極まりない閣僚である。

こんな人物が厚労相では国民は不幸だ。

安倍首相もまったく同じ。

自分の利益がすべてで、国民を犠牲にするような輩にこの国の運営を任せるわけにはいかない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2580号「2020東京五輪が呪われる理由」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

« 安倍・検察・財務省癒着の超巨大犯罪握り潰し | トップページ | 正論明示上昌弘氏に対する言論封殺の真実 »

新型肺炎感染拡大」カテゴリの記事

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ