« 安倍首相は独でなく日の超緊縮財政を是正すべし | トップページ | 7月10日衆参ダブル選強行に突き進む安倍首相 »

2016年5月 7日 (土)

知られざる原爆投下の真実とオバマ広島訪問

伊勢志摩サミット参加のために来日するオバマ米大統領による広島訪問についての情報が観察されている。


米国はオバマ大統領の広島訪問を検討していることを明らかにしている。


しかし、謝罪はしないとの方針も明示している。


オバマ大統領が広島を訪問することになるとすれば、伊勢志摩サミットを散会した直後の5月27日午後、あるいは5月28日朝になるとの情報もある。


ただし、オバマ大統領が広島を訪問することになるとしても、そのアナウンスは訪問直前になるだろうとの見方も浮上している。


オバマ大統領はワシントンポスト紙への寄稿で


As the only nation ever to use nuclear weapons, the United States has a moral obligation to continue to lead the way in eliminating them.


「唯一の核兵器使用国として、アメリカは、核廃絶への道を先導し続ける道徳上の義務を負う」


と述べている。


オバマ大統領は大統領就任直後の2009年4月5日、チェコの首都プラハでの演説において、


「核兵器を使用したことのある唯一の核保有国として、合衆国には行動する道義的責任がある」


と述べた。


そして、


「故に私は本日、信念を持って表明する。米国は、核兵器のない世界の平和と安全を追求するのだと。


私は、甘い考えを持ってはいない。この目標は、直ちに達成される訳ではない――恐らく、私の生きている間は無理であろう。


この目標を達成するには、根気と忍耐が必要である」


と述べた。


3月のワシントンポストへの寄稿文においてもオバマ大統領は、


「人類は核と共存できない。短期的には核不拡散に注力するしかないが、長期的には核廃絶を目指す」


考えを示した。


オバマ大統領は、この演説でノーベル平和賞を受賞している。


オバマ氏は大統領任期が残り1年を切るなかで、自ら望んで広島を訪問することになるだろう。

人気ブログランキングへ

こうしたタイミングに、日本への原爆投下を改めて見つめ直すための著書が刊行された。


『核の戦後史』(創元社)


http://goo.gl/MiQ6BH


Photo

著者の木村朗氏と高橋博子氏は、ともに実証的な視点から平和学に取り組んでいる研究者である。


本書の前編では木村氏が、原爆開発から投下に至るまでの経緯を詳細な史料、データを基に分かりやすく解説している。


そして、「原爆投下の知られざる真実」を明らかにしている。


後編では高橋氏が、アメリカの機密解除文書の緻密な探索、分析の結果として、アメリカ政府が当初から「放射能の人体への影響はない」との見解を堅持し、それに反する幾多の症例を無視してきた事実を明らかにする。


原爆投下には「人体実験」の側面があり、人体被害は詳細に調査しながら一切の治療を行わず、また原爆による残留放射能を認めなかったことや内部被ばくの存在を認めなかったことなどの衝撃の事実が明らかにされる。


「100ミリシーベルト以下の被ばくは健康に影響がない」


という御用学者の主張は、残留放射能や内部被ばくを無視した原爆調査に起源があり、これがICRPの公式見解となり、現在の福島原発事故における健康被害隠蔽につながっている。


これらの事実が浮き彫りになる。

人気ブログランキングへ

高橋氏は、日本が政府としてアメリカに原爆使用について公式に抗議したのは、1945年8月10日に、スイス政府を通じてアメリカ政府に伝達した抗議文の1回しか存在しない事実を摘示する。


当時の新聞は


「帝国、米に厳重抗議 原子爆弾は毒ガス以上の残虐」


の見出しで、日本政府のこの抗議を報じた。


しかし、日本政府による原爆投下に対する抗議は、あとにもさきにも、この1回を除いて存在しないことを高橋氏は明らかにしている。


高橋氏は2年ほどの毎日、1945年8月6日以降の新聞を丹念に読み返してみたが、原爆関連の記事がまったくと言っていいほど存在しない。


米国政府が原爆に関するすべての情報が流布しないように統制をかけたからである。


終戦期において、日本の降伏は時間の問題であった。


しかし、米国政府は日本を最速で降伏させて戦争を終結させることより、別の目的で行動した。


木村氏の綿密な分析の行間から浮かび上がるのは、この事実である。


ソ連の影響を最小限に抑制する。


しかし、日本が降伏する前に原爆を投下する。


この二つの事項を両立させる方策として、8月6日と8月9日の原爆投下が実行された。


この原爆投下によって無辜の市民が一瞬にして数十万人単位で殺戮され、その後もおびただしい数の放射能被害者を死や苦しみに追い込んだ。


このことに日本政府は抗議せず、米国は謝罪していない。


この現実に手を付けぬまま、オバマ大統領の広島訪問だけが実行されようとしている。


欺瞞に満ち溢れていると言わざるを得ない。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」


http://foomii.com/00050


のご購読もよろしくお願いいたします。


上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。


http://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1429号「米国は日本への原爆2発投下を「目的」に行動した」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

安保法制の落とし穴

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社

href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062880598/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4062880598&linkCode=as2&tag=miyokotk2011-22" target="_blank">amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社

« 安倍首相は独でなく日の超緊縮財政を是正すべし | トップページ | 7月10日衆参ダブル選強行に突き進む安倍首相 »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/65359653

この記事へのトラックバック一覧です: 知られざる原爆投下の真実とオバマ広島訪問:

» 【オバマの広島訪問】日本政府は渾身の力を込めて核の恐ろしさを訴えよ [六日の菖蒲]
政権1期目の2009年4月5日、歴史的なプラハ演説「核なき世界」でノーベル平和賞を受賞したバラク・オバマ米大統領が、残りの任期が半年余りとなる今月27日、ようやく広島を訪問することが正式に発表された。 オバマはこの演説で「核兵器を使ったことのある唯一の核保有国と…... [続きを読む]

« 安倍首相は独でなく日の超緊縮財政を是正すべし | トップページ | 7月10日衆参ダブル選強行に突き進む安倍首相 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ