« まったく払拭されていない甘利氏自身の違法性 | トップページ | 政治支配下日銀のマイナス金利政策賞味期限 »

2016年1月29日 (金)

甘利に金権腐敗な体質で政局に潮目の変化

甘利明経済相が閣僚を辞任したが、会見は、あたかも悲劇のヒーローを演出するようなものであった。


用意された原稿に、


政治家甘利明の美学


だの


閣僚甘利明の・・


などと表現するのは、悪事が発覚して引責辞任する人物の辞意表明会見にはまったくふさわしくないものだった。


甘利明氏は、口利きを依頼した企業の社長と面会して2度にわたって現金を受領した。


もらった紙袋を秘書に渡したら、中に金の包みが入っていたと説明したが、この説明を立証する証拠は存在しない。


金封を確認して受領した可能性は十分にある。


2013年11月14日に  50万円
2014年 2月 1日に  50万円


の現金を受領したことを認めた。


その際に、秘書に適切に処理するように指示したという。


政治資金収支報告書においては、


自民党神奈川県第13選挙区支部に対して


建設会社から


2014年2月4日に100万円の寄付金


があったとの記載があるとのことだが、これが、11月14日の50万円と2月1日の50万円であるとは言えない。


別の100万円の寄附が2月4日にあって、これを収支報告書に記載した可能性を否定できない。

人気ブログランキングへ

会見で甘利氏は、自分自身には違法性がないが、秘書の違法性の責任をとって閣僚を辞任し、悲劇のヒーローを演じたように見えるが、現段階で、甘利氏の違法性の疑いはまったく消えていない。


政治にすり寄るヤメ検が、受領した50万円X2の現金について、秘書に適切な指示をしたなら、甘利氏の違法性を問うことはできないとの見解を示しているが、このような御用ヤメ検弁護士のコメントを求めること自体がいかがわしい。


また、URに対する職務権限がないことから、甘利氏のあっせん利得罪の立件も難しいとの見解が示されているが、これも偏向報道そのものである。


かつて、小沢一郎氏は、正当な事由なく、強制捜査を繰り返された。


正当な事由もなく、1年間にわたって家宅捜索などを繰り返されたのである。


テレビは、小沢一郎氏が岩手県の胆沢ダムの工事受注に関して、あっせんの口利きをしたかのようなイメージ映像まで制作して、虚偽情報を垂れ流した。


このとき、小沢一郎議員は胆沢ダム工事に関する職務権限を有していない。


それにもかかわらず、何の証拠も、何の根拠もないのに、あっせん利得罪での立件が可能であるかのようなイメージ報道が繰り返された。


御用ヤメ検弁護士は、あっせん利得罪での立件が十分にあるとのコメントを流布していた。

人気ブログランキングへ

本当に日本が腐り切っていることが明らかになっている。


企業の陳情者が事務所や大臣室を訪問して、手土産代わりに50万円単位のカネを供与して、それを政治家自身が挨拶代わりに受け取って何の疑問をも感じないというのが、いまの安倍政治の現況なのである。


甘利氏は会社社長と会って、秘書から現金提供があったことを知らされ、秘書に適切な処理を指示したと言うが、そうであるなら、なぜ、国会質疑で、現金受領があったのかどうかについて、答弁できなかったのか。


まったく辻褄が合わない。


そして、会社社長が甘利氏を訪問したのは、URとのトラブルがあって、補償交渉を有利に進めるためであった。


そして、現に甘利事務所が動き、巨額の補償金獲得に成功しているのである。


建設会社はその謝礼に甘利事務所を訪問し、巨額の現金供与をしている。


この件に関して、甘利明氏自身がまったく関知していなかったということではない。

人気ブログランキングへ

昨日の会見で、建設会社社長と面談した際に、保有地地下の産業廃棄物についての説明を受けている。


そして、甘利氏自身が秘書に資料を提示することを支持し、この秘書がURと12回も協議を重ねて、建設会社が巨額の補償金を獲得しているのである。


絵に描いたようなあっせん利得の構図が浮かび上がる。


職務権限の有無が問題にされているが、甘利明氏を含む甘利事務所が動き、建設会社が補償金を獲得したことは紛れもない事実であり、事案の細部の検証、捜査が絶対に必要である。


通常であれば、直ちに検察が家宅捜索に入るべきである。


重要な証拠が隠滅される恐れがある。


このような手順も踏まずに、甘利氏辞任を美談に仕立て上げるのは、この国の腐敗を象徴している。


甘利に金権腐敗な体質で、政局の潮目に明白な変化が生まれ始めている。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1353号「職務放棄検察に代わり国会が甘利事件解明すべし」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

安保法制の落とし穴

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社

href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062880598/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4062880598&linkCode=as2&tag=miyokotk2011-22" target="_blank">amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社

« まったく払拭されていない甘利氏自身の違法性 | トップページ | 政治支配下日銀のマイナス金利政策賞味期限 »

2016年参院選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘利に金権腐敗な体質で政局に潮目の変化:

« まったく払拭されていない甘利氏自身の違法性 | トップページ | 政治支配下日銀のマイナス金利政策賞味期限 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ