« 主権者意思と国会議席の「ねじれ」が最大問題 | トップページ | 主権者が選挙で日本の針路を定める2016年 »

2015年12月31日 (木)

この国の針路を誤らないために何が必要か

戦争法が制定された2015年が間もなく幕を閉じようとしています。


1年間、本ブログ、ならびにメルマガをご愛顧賜りまして誠にありがとうございました。


心から感謝申し上げます。


みなさまにとりまして、今年はどのような1年だったでしょうか。


2011年の福島原発事故から4年半の時間が経ちました。


多くの方が甲状腺がんを発症し、いまなお10万人もの方々が避難生活を余儀なく迫れれているなか、福島では法律で許されてこなかった放射線汚染地帯に、子どもたちを含めて居住を強制されています。


原発事故を二度と引き起こしてはならないと同時に、多くの国民、子どもたちの命と健康を守らねばならないと多くの主権者が考えています。


だからこそ、原発の稼働を許さない。


多数の主権者がこの思いを抱いています。


しかし、安倍政権は今年8月に、安全性を確認しないまま、鹿児島にある川内原発を再稼働させました。


福井地方裁判所の樋口英明裁判長は、原発の耐震性能が不十分であることから、関西電力高浜原発の運転停止の仮処分を決定しましたが、安倍政権は司法権力を支配して、高浜原発まで再稼働させようとしています。


9月には日本国憲法に違反する戦争法が強行制定されました。


国会の多数議席さえ占有していれば、何をやっても構わない。


憲法も踏みにじり、正義もかなぐり捨てる、政治暴走の嵐が日本を吹き荒れています。


こうした現状を多くの心ある主権者が憂い、現状を刷新するために立ち上がりつつあります。


残念ながら、2015年に日本政治刷新を実現することはできませんでしたが、希望の火を消すことなく、2016年の躍進につなげてゆかなくてはなりません。

人気ブログランキングへ

ドイツ、反ナチ運動家であった神学者マルティン・ニーメラーは次の言葉を遺している。


ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから


社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから


彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから


そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった


(
ニーメラー財団によって再編成された詩の日本語訳)


安倍政権は、


危険な原発を再稼働し、


憲法を破壊して、米国が創作する戦争に日本が加担するための違憲立法を強行した。


そして、国の主権を損なうTPPへの参加を強行している。


さらに、沖縄県民が総意で拒絶している辺野古米軍基地建設を強行。


大企業には減税に次ぐ減税を実施する一方で、所得のない個人から税金をむしり取る消費税大増税を熱烈推進し、生涯派遣労働の国民を大量発生させる法改定を強行した。

人気ブログランキングへ

それぞれの問題に直接関わらないからといって、他人事で済ましていれば、いずれ災厄が自分自身に降りかかる。


そのときに、声を上げても、自分のために行動してくれる人は誰もいなくなってしまうだろう。


原発、憲法、TPP、基地、格差


の問題は全部つながっている。


原発について、福井地方裁判所の裁判長を務めていた樋口英明氏が、運転停止命令を示したのは、日本が地震大国で、日本中のどこでも、いつでも大地震が発生する可能性があるのに、その地震に耐えられる耐震基準が設定されていないことが最大の理由だった。


2008年6月14日に発生した岩手宮城内陸地震で、4022ガルの地震加速度が観測された。


2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震では、東京電力の柏崎刈羽原子力発電所3号機タービン近くの建屋上部で、東西方向2058ガルの地震動が観測された。


関西電力大飯原発、高浜原発、九州電力川内原発の耐震基準は


550ガル~700ガルであり、


この規制基準に合格した原発を稼働させることは認められないとの考え方が示されたのである。

人気ブログランキングへ

2008年の地震で4000ガルを超える揺れが観測され、2006年の地震でも2000ガルを超える揺れが観測されている。


それなのに、500ガルや700ガルの耐震性能基準を満たした原発を稼働させるのは、狂気の沙汰としか言いようがない。


しかし、この至極当然の、まともな判決、決定を示した裁判官は左遷され、政治権力の言いなりになるヒラメ裁判官が、政府の意向を忖度して、権力隷従の判断を示している。


このまま進めば、いつでも、また、あの福島の悪夢が再現されることになる。


また、日本が意味のない戦争に巻き込まれ、日本の国民が犠牲者にされる。


声を上げるものが誰もいなくなる前に、心ある主権者が手を携えて声を上げてゆかねばならない。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1329号「いま!手を携えて声を上げる!のが何より大事」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

安保法制の落とし穴

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社

href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062880598/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4062880598&linkCode=as2&tag=miyokotk2011-22" target="_blank">amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社

« 主権者意思と国会議席の「ねじれ」が最大問題 | トップページ | 主権者が選挙で日本の針路を定める2016年 »

[オールジャパン:平和と共生]五つ星運動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/63238748

この記事へのトラックバック一覧です: この国の針路を誤らないために何が必要か:

» 個の成熟なき日本が病的な自滅に向かっている [心理カウンセラーの眼!]
権力とは無縁のたたかいをつづけたTに、無名の鬼より哀悼を捧げる [続きを読む]

» 2015年を終わるにあたって [ステイメンの雑記帖(暫定復活版)]
 西暦2015年もあと数刻で終わり、新たなる年である2016年を迎えようとしていますが、皆さんは今年1年いかがでしたが?  個人的には、4月に希望通りの部署に昇任・異動したものの、その新部署の主要メンバーが「心の病」に罹ってしまい、その分の仕事がほぼ丸ごと上乗せされたお陰で仕事納めの日まで23時近くまで残業する羽目になりましたwww  また、春の桜や夏の北海道旅行も天候に...... [続きを読む]

« 主権者意思と国会議席の「ねじれ」が最大問題 | トップページ | 主権者が選挙で日本の針路を定める2016年 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ