« 鳩山元首相が示す正しい歴史への向き合い方 | トップページ | 大山鳴動鼠零匹安倍談話と戦争法案の矛盾 »

2015年8月14日 (金)

五輪は競技場・エンブレム・開催の順で白紙撤回か

2013年9月7日。


南アメリカアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれたIOC総会。


安倍晋三氏はこう述べた。


「(福島第1原発の)状況はコントロールされている。


東京にダメージが与えられることは決してない」


「汚染水の影響は、福島第一原発の港湾内の〇・三平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている


さらに完全に問題のないものにするため抜本解決に向けたプログラムを決定し、着手している。」


だが、福島第一原発では毎日汚染水を含む大量の地下水が漏えいしている。


IOC総会の1ヵ月前には福島原発の地上タンクから約三百トンの処理水が漏出。


外洋につながる排水溝に沿って処理水と同じ特徴を示す高濃度の放射性ストロンチウムなどを含む水が確認され、外洋に漏れた極めて高い可能性が明らかになった。


港湾内の水についても、東電は、外洋と完全にブロックされた状態ではなく、水が行き来していると説明している。


東京招致委員会の竹田恒和委員長は、ブエノスアイレスで開かれた記者会見で次のように述べた。


「福島から250km離れているのでみなさんが心配するような危険性は東京には全くない」


「福島から離れていなければ心配しなければならない」ことを示す発言だった。

人気ブログランキングへ

東京オリンピックのペテンはここから始まっている。


ペテンとは錬金術のこと。


オリンピックを誘致して、私腹を肥やすことだけを考える者が群がっている。


シロアリ・ハイエナオリンピックと命名するのが良いだろう。


国立競技場を建設するのに2500億円の巨費を流し込む策謀が張り巡らされた。


問題が発覚していなければ工費は3000億円を超えていただろう。


国民から血税を吸い上げて、利権業者と利権政治屋が私腹を懐にする。


テレビドラマ「水戸黄門」が描く悪代官と利権業者の癒着の構造が浮かび上がる。


政府と財務省は財政危機を叫び、庶民を踏みつぶす消費税大増税を強行している。


年金給付を切り、生活保護を切り、保険料だけを引き上げている。


その一方で、シロアリ利権につながる財政支出はだだ漏れで拡張させているのだ。

人気ブログランキングへ

国立競技場建設計画は主権者の批判によって白紙撤回に追い込まれた。


白紙撤回した以上、責任問題が処理されなければならないが、トカゲのしっぽ切りのように文科省局長が更迭されただけで、何ひとつ責任が明らかにされていない。


巨大な競技場があちこちに建設されているのだから、この際、新国立競技場の建設自体を取り止めにするのが正しい対応である。


ペテンのシロアリ・ハイエナオリンピックの醜聞はこれに留まらない。


大会エンブレムデザインの盗用疑惑が浮上した。


ベルギーのリエージュ劇場のロゴとデザインが酷似していることが指摘された。


色の組合せは、スペイン・バルセロナのデザイン事務所「ヘイ・スタジオ」によるスマートフォンの画面用「壁紙」に酷似していると指摘された。


東京オリンピックのエンブレムを考案したのは佐野研二郎氏。


さらに、佐野研二郎氏は、サントリービールに対して8月13日、自身が手がけた販促用のトートバッグを数点を取り下げるよう依頼した。


サントリービールはこれを受けて、佐野氏がデザインした景品のトートバッグ30点のうち、8点を取り下げた。


ネット上ですでに指摘されてきたように、佐野氏による「デザイン」が、他の作品と酷似していることを背景としたものだ。


完全なる「盗用」と認定される可能性の高いものが含まれている。


Photo

Beach

人気ブログランキングへ

競技場建設計画の白紙撤回に続いて、エンブレムの撤回は不可避の情勢である。


すべての根本に、オリンピック利権に群がるシロアリやハイエナの構図が観察される。


次に問題になるのは、


「フクシマ事故は完全にコントロールされている」


という安倍晋三氏の「虚言」だろう。


世界に与える混乱を最小化するには、できるだけ早期にオリンピック開催を返上することが必要であると思われる。

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1218号「JSCシロアリビル建設白紙撤回が不可欠だ」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:525円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く 金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く

価格:1,785円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

消費税増税 「乱」は終わらない 消費税増税 「乱」は終わらない

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:同時代社
amazonで詳細を確認する

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す!

価格:1,000円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却 日本の再生―機能不全に陥った対米隷属経済からの脱却

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:青志社
amazonで詳細を確認する

日本の独立 日本の独立

価格:1,800円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

売国者たちの末路 売国者たちの末路

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:祥伝社
amazonで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― 知られざる真実―勾留地にて―

価格:1,890円 通常配送無料

出版社:イプシロン出版企画
amazonで詳細を確認する

消費税のカラクリ 消費税のカラクリ

価格:756円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

戦後史の正体 戦後史の正体

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:創元社
amazonで詳細を確認する

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土

価格:798円 通常配送無料

出版社:筑摩書房
amazonで詳細を確認する

日米同盟の正体~迷走する安全保障 日米同盟の正体~迷走する安全保障

価格:798円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

検察崩壊 失われた正義 検察崩壊 失われた正義

価格:1,365円 通常配送無料

出版社:毎日新聞社
amazonで詳細を確認する

検察の罠 検察の罠

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する

「主権者」は誰か――原発事故から考える 「主権者」は誰か――原発事故から考える

価格:525円 通常配送無料

出版社:岩波書店
amazonで詳細を確認する

原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体 原発のカラクリ―原子力で儲けるウラン・マフィアの正体

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:鹿砦社

« 鳩山元首相が示す正しい歴史への向き合い方 | トップページ | 大山鳴動鼠零匹安倍談話と戦争法案の矛盾 »

科学技術・スポーツ利権」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/61169970

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪は競技場・エンブレム・開催の順で白紙撤回か:

« 鳩山元首相が示す正しい歴史への向き合い方 | トップページ | 大山鳴動鼠零匹安倍談話と戦争法案の矛盾 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ